うみブログ

旅行記が主と言いながらも、社会や教育の記事もある雑記ブログ

【パウンド型で焼く台湾カステラ】紅茶風味を作ってみました!

f:id:kataseumi:20200523165601j:plain

 

こんにちは、かたせうみです。

今日は、話題の「台湾カステラ」を作ってみたのでレポートです!

アールグレイの紅茶があったので、紅茶風味にしてみました。

 

外出自粛のさなか、ホットケーキミックスからお好み焼きの粉までもが商品棚から消えていますが、今回はパウンド型1個分で、使用する小麦粉はわずか40g

 

一般家庭なら、これ位の量ならあるのではないでしょうか??

 

あと、必要なのは砂糖と卵と油と牛乳。

甘さ控えめでフワフワの台湾カステラは、焼き立てが勝負。

 

四角くて大きくて、ふんわり茶色のフォルムは魅力的ですが、スクエア型を持ってないので、パウンド型で焼いてみました。

早速作ってみましょう。

 

あ、あと、『台湾カステラがしぼんじゃう~!!』という方は、検証した記事がありますので、よかったら読んでみて下さいね。

 

 

 

台湾カステラのポイント

 

ここで、初めて作る方に注意点を2つ。

 

シフォンケーキなどを作った事がある方は、飛ばしていただいて大丈夫です。

 

point

 

★ 大きなボウルが2つ必要です。

卵白と卵黄を分けて調理していくので、ボウルは少なくとも2つ必要になります。

プラス、卵黄を溶いたりするのに小さいものが1個あると便利です。

 

★ ボウルの大きさが違う場合は、卵黄側に大きな方を使います。

卵白はメレンゲにするので量が増えますが、この卵白は、後半卵黄側ボウルに混ぜ込んでいきます。

なので、大きなボウルは卵黄側に使ってください。

(ある程度混ざったら、メレンゲ側に混ぜる方法もあります)

 

 

台湾カステラ紅茶風味の材料

 

台湾カステラ材料

台湾カステラ材料

 

 

台湾カステラ材料(21㎝×8㎝×6cmパウンド型1個分)

 

★ サラダ油等の香りの少ない油

 大さじ2

 

★ 卵

3個

 

★ 薄力粉または中力粉(中力粉がおススメ)

40g

 

★ 牛乳

大さじ2

 

★ 砂糖

大さじ3

 

★ 紅茶(好みのもの)

1から2パック

 

 

油は、香りの少ないものなら何でもいいみたいですが、多くのレシピサイトでは、「太白ごま油」が推奨されています。 

うちは今回グレープシードオイルを使用しています(余ってた。ごま油は香りが強いものしかなかった。)

 

それでは事項、下準備から作り方です。

 

台湾カステラを作っていく!

 

f:id:kataseumi:20200509213722j:plain

 

まずは、スムーズな作業のために下準備を済ませます。

 

下準備はこちら!

① パウンド型にクッキングペーパーを敷きます。

② 砂糖や粉類は全て計量しておきます。

③ 小麦粉はふるっておきます。

④ 牛乳で紅茶を煮だしておきます。

⑤ 油を湯煎しておきます。

⑥ 卵を卵白と卵黄で分けておきます。

 

 

f:id:kataseumi:20200509214020j:plain

 

薄力粉を使うなら、これがおススメ。

今は品切れかもしれないけれど、サラサラで、ふるわなくても案外うまくいく、手抜き可能な優秀品。

 

ただし、カステラを膨らませるメレンゲを支えるのは、小麦粉のグルテンです。

検証記事にも書きましたが、少しでも潰れにくい台湾カステラを作るのなら、使用するのは中力粉の方が適していると思います。

薄力粉の場合は、ふわふわと儚い仕上がりになり感動ものですが、潰れやすいかも・・。

 

味に関しては、どちらでも美味しくできます。

 

 


紅茶風味にするので、牛乳で茶葉を煮だしておきます。

台湾カステラで使用する牛乳の量は、大さじ2(30CC)です。

30CCを鍋にかけるのは厳しいので、牛乳を少し多めにして茶葉を煮だし、後で大さじ2杯分を計量します。

 

今回ケチって1パックですが、余裕があるなら2パック使用がおススメです。

 

f:id:kataseumi:20200513214526j:plain

 

カステラに味をつけるなら、こんなものを入れてもいいですね。

紅茶も、アールグレイのポーションなど使うと楽です。

出来れば無糖を使いたいところですが、加糖でも使用する事ができます。

 

仕上がりが少し甘くなりますが、このレシピはかなり甘さ控えめなので、あまり気になりません。

 

f:id:kataseumi:20200509213854j:plain

 

卵白は、メレンゲを作る段階になるまで冷やしておきます。

我が家は冷凍庫へ。

少しシャリシャリな位が、上手くメレンゲになります。

 

油を湯煎している写真

 

油を湯煎します。

80度まで湯せんするので、ステンレスのボウルは熱くなります、注意。

 

※ 油の温度が低すぎても高すぎてもダメです。80度~90度を死守してください。

 

1、 湯せんした油に、小麦粉を入れ混ぜたあと、牛乳を加える

 

f:id:kataseumi:20200509213741j:plain

 

湯せんして熱くなった油に小麦粉を入れて、泡だて器で混ぜます。

 

f:id:kataseumi:20200509213830j:plain

 

え・・、なんか、ポロポロになったけど大丈夫??

 

シフォンケーキだと、小麦粉は最後に入れて「サックリと」混ぜ合わせるのに、大丈夫なんだろうかこれ・・・。

 

→ 大丈夫だった・・。

 

f:id:kataseumi:20200515191316j:plain

 

油をきっちり計量し、温度もちゃんと管理した場合、ポロポロにならず、上のような写真の状態で小麦粉と油が混ざります。

 

ポロポロになっても大丈夫ですが、なるべくキッチリ温度を測り、小麦粉は2回くらいに分けて入れてみて下さい。

  

point

小麦粉のグルテンは、焼いた時に膨らむ卵の気泡を支える働きがあります。

練り過ぎはよくないけれど、しっかり混ぜる事も必要です。

薄力粉よりグルテン量の多い中力粉を使うと、焼き縮みが少し緩和されるようです。

 

 

油と馴染ませて、小麦粉の粉っぽさが無くなったら、温かい牛乳を少しづつ加えながら混ぜていきます。

 

f:id:kataseumi:20200509213842j:plain
f:id:kataseumi:20200509213959j:plain
少しづつ・・

 

一度に加えると失敗するので、少しづつ牛乳を加えて下さい。

なんか、ホワイトソース作ってるみたいですね・・・。

 

結構グルテンが出て粘ってるけど、だいじょうぶかな・・・、不安だ・・・。

 

→ 大丈夫だった・・。(サックリ信者)

 

2、 卵黄を数回に分けて混ぜる 

 

f:id:kataseumi:20200509214026j:plain

 

牛乳を混ぜた小麦粉に、溶いた卵黄を少しづつ入れて混ぜ合わせます。

 

f:id:kataseumi:20200509213805j:plain

 

つい、シフォンケーキの癖で、卵黄を大きなボウルへ入れたけれど、卵黄は小さなボウルで十分だった・・・。

 

ガラスのボウルは重いんだよ・・。

 

f:id:kataseumi:20200509214038j:plain
f:id:kataseumi:20200509214044j:plain



卵黄がなじんでくると、この様になります。

何となくそれっぽくなってきて一安心の写真。

 

このあたりか、牛乳を加えるあたりで、オーブンの予熱を始めます。

オーブンの火力や癖にもよりますが、温度は150度~160度です。

 

3、 メレンゲを作り、卵黄側の生地と合わせていく

 

f:id:kataseumi:20200509213728j:plain

 

ここが、天下分け目のメレンゲです。

レシピサイトによっては、「ちょっとゆるめ」だとか、「しっかり」とか、「ツノがお辞儀をする位」等色々書かれていますが、私はしっかり泡立てます。

 

f:id:kataseumi:20200509213912j:plain

 

冷凍庫から出した卵白を、少し泡立てたら、半量の砂糖を加えます。

 

上の写真はまだ早いです。

全体的に白っぽくなって、泡がたってから砂糖を加えます。

 

その後、更に泡立てて、砂糖の粒などが見えなくなったら、残りの砂糖を加えて、ツノが立つまでしっかりと泡立てて下さい。

 

f:id:kataseumi:20200509214111j:plain

 

メレンゲがしっかり泡立ったら、そこからひとすくいを卵黄側に入れて、泡だて器で混ぜます。

 

ボウルがステンレスからガラスになっていますが、別の日に撮影したものですので気にしないでね。

 

f:id:kataseumi:20200513214539j:plain

 

最初のひと掬いは、気泡がつぶれるとか気にしないで、しっかり混ぜちゃってください。

『ふくらまなくなるかも・・』等、不安に思う必要はありません♪

 

生地がなじんで、マーブル状の模様にならなくなったら残りのメレンゲを入れて、しっかり馴染ませます。

 

この時、泡だて器から、ヘラに持ち替えて下さい。

 

f:id:kataseumi:20200513214707j:plain

 

混ざった生地を、メレンゲ側に全部加えて混ぜる方法でもいいです。

 

f:id:kataseumi:20200513214722j:plain

 

泡だて器からヘラに持ち替えた後も、始めは切るように、後半は、下の方から返すようにしっかりと混ぜます。

 

「気泡を潰さないように」という事も大事なのですが、混ぜムラがあると均等に膨らまず、失敗する事があります。

 

また、カステラの場合、ふくらみすぎは、上部が割れたり沈み込みが起きたりして美しく焼けない原因にもなります。

生地は、マーブル模様が出なくなるまでしっかりと混ぜましょう。

 

しっかり混ざった生地は、ツヤが出てきます。

 

4、 型に流して150度~160度のオーブンで焼く

 

f:id:kataseumi:20200509213921j:plain

 

用意しておいたパウンド型に、生地を流しこみます。

 

最期の方の生地を真ん中に流すと、膨らまず沈み込むことがあるので、ボウルに残った最後の生地は、脇の方へ入れます。

 

f:id:kataseumi:20200509214007j:plain

 

生地を入れたら、数回上から落として大きな気泡を抜きます。

 

f:id:kataseumi:20200509213818j:plain

 

天板にお湯を張って、オーブンで蒸し焼きにします。

 

この時のお湯は、ぬるくてはダメだし、熱すぎてもダメ。

ぬるいとちゃんと焼けないし、熱いと膨らみ過ぎて上が割れたり、オーブンから出した時に沈んだりする原因になります。

 

だけど、数回私が試した結果としては、熱めのお湯の方が上手くいく事が多かったです。

 

オーブンの温度や時間は、火力や性能で調節

 

f:id:kataseumi:20200513214608j:plain

 

150度のオーブンで30分程焼きます。(基本の焼き時間)

 

 

焼き色がきれいになるように、15分経過したあたりで、カステラ上部にアルミホイルをかぶせて下さい。

 

また、庫内の温度が上昇しすぎないように、15分経過後、5分おきにオーブンのふたを2秒くらい開けます。

 

焼きあがったら、焼き縮みを防ぐため、一度高い所から落とします。

 

f:id:kataseumi:20200509214032j:plain

初めて作った方。アルミホイルをかぶせないとこんな風に焦げます。

上の写真は初めて作ったものです。

アルミホイルをかぶせなかったため焦げたし、フタも開けなかったからちょっと割れた・・。

基本の焼き時間の場合、本当に柔らかくてフワフワなカステラができます。

ただ、スフレのように潰れていきます。

 

f:id:kataseumi:20200509213716j:plain

150度30分。すごいフワフワで口の中でとけるような、空気みたいな食感。

f:id:kataseumi:20200515191248j:plain

160度40分。焼き縮みも少なく、わりとよくできた。



潰れにくくするためには、しっかりと焼きを入れる事が重要です。

オーブンの性能や火力にもよるので、150度30分~50分、または160度40分位を目安に、調整してみて下さい。

 

できあがり

 

f:id:kataseumi:20200515191307j:plain

 

この写真は、プレーンのもの。

卵の色がきれいにでています。

 

f:id:kataseumi:20200523165549j:plain

 

これは、ミルクティー味。

他に、キャラメルマキアートやチャイ、ほうじ茶味等を試してみましたが、どれも美味しかったです。

 

カステラらしい黄色を楽しむならプレーンですね。

 

台湾カステラは、本当にフワフワ柔らかくって、焼きたてが感動的なので、是非作ってみて下さい。

潰さないようにするには、「よく切れる包丁」も大事ですよ。

それではまた。

 

正方形カステラを作るならこちらの型です。