【博多あまび】博多の新名物、あまおうイチゴのわらび餅を食レポします!

f:id:kataseumi:20190729031207j:plain

 

こんにちは、かたせうみです。

 

訳あって、九州の福岡に来ています。

九州のお土産と言えば「博多とおりもん」の一人勝ちの様ですが、最近は、福岡名産のおっきなイチゴ「あまおう」を使用したチョコやクッキーなどのスイーツも沢山売りに出されています。

 

今日は、福岡空港で買ってきた、「あまおう」をたっぷり使ったわらび餅「博多あまび」を食レポします!

・・・、高かった・・・。

 

博多あまび?どこで売ってる? 

 

「博多あまび」は、株式会社エモテントが展開する事業の一つ、「伊都キング」といういちごの加工販売所が売り出している、いちごのわらび餅です。 

 

福岡空港の店舗のほかに、福岡阪急・三越などにも店舗を持ち、本店は糸島市のようです。

 

「あまおう」というイチゴは、甘くて大きくて高級なイチゴで最近人気急上昇ですが、この品種は福岡県で育成・登録されました。

登録品種名も「福岡S6号」といいます。

「あまおう」は、登録商標なんですね。

 

春になると有名スイーツ店では、一斉にあまおうのタルトやパフェなどが売り出される事は皆さんよくご存じだと思いますが、このあまおう人気により、博多土産にもあまおうを使用したものが目立つようになりました。

 

イチゴのパッケージや色は、どこをどうしても可愛いので、ショップではかなり目を引く存在になりつつあります。

 

そういうわけで、福岡空港で「博多あまび」を購入 

 

f:id:kataseumi:20190729012545j:plain

f:id:kataseumi:20190729012740j:plain

 

福岡空港2階、ANA側のお土産コーナーに、伊都キングのショップがあります。

 

「あまびもち」の他には、あまおうのどら焼きなんかも売っていました。

 

「あまびもち」は、切れているタイプのもの(1620円・税込み・2~3人前)と、切れてないタイプのもの(1296円・税込み・1人前)があります。

いずれも、5月末頃~11月下旬の期間限定商品となるので、見かけたら購入してみましょう!

 

f:id:kataseumi:20190729012909j:plain

 

博多あまび、日持ちは2日!

 

f:id:kataseumi:20190729011819j:plain

 

シックな和風の包みは高級そうで、ちょっとしたお土産やお遣い物などに喜ばれそうですが、あまびもちの日持ちはとても短いので注意が必要です。

 

お店で買った時は、「翌日までが賞味期限です。」と言われました。

 

なので、これを味わえるのは買った当日か、翌日のみとなりますね。

 

儚いなぁ・・・。

 

博多あまび材料やカロリーなど

 

博多あまび写真

 

切れているタイプを買いました。

きな粉と練乳がついています。

 

イチゴなので、黒蜜じゃなくて練乳でいただくそうだ。

 

f:id:kataseumi:20190729012744j:plain

 

美味しい食べ方は・・、と。

 

 

① まずは何もつけずに。

② 次は練乳をつけて。

③ 最後にきな粉をつけてお召し上がりください。

 

 

って書いてあります。

 

f:id:kataseumi:20190729012842j:plain

 

原材料とカロリー。

 

一番始めにあまおういちごが来ていますから、材料の中で一番多く使用されているのはイチゴですね。

わらび粉は高価なので、通常でん粉と混ぜるか、100%でん粉のものが流通しています。

 

でも、この商品は100%わらび粉のようですね、高いわけだ。

 

気になるカロリーは100グラム178㎉。

ひと箱250gらしいので、3で割って、一人前は80g位ですね。

という事は、一人前143㎉くらいという事で・・。

 

食レポが楽しみですね~!

 

博多あまび実食

 

f:id:kataseumi:20190729012653j:plain

 

ささっ、日本茶も淹れたし、博多あまおうのわらび餅「博多あまび」をいただいてみましょう。

写真はきな粉も練乳もかかってますが、まずはそのままでいただきましたよ。

 

f:id:kataseumi:20190729012623j:plain

 

f:id:kataseumi:20190729013150j:plain

 

外側はコーンスターチで白くなっていますが、切ってみると、見事に濃いピンク色。

世の女の子たちが好きそうな色です。

でも、着色料は使用していません、いちごの色です。

 

一切れ口に運ぶと、控えめな甘さにほのかな酸味。

わらび粉の僅かな苦みが口の中に広がります。

 

イチゴのジュレとか生ジャムを食べている感じです。

 

f:id:kataseumi:20190729012549j:plain

 

練乳をかけると、また甘くって美味しいです。

不思議ときな粉もバッチリ合います。

 

う~ん、なんていうか、なんだこれ??

思い出みたいな味??

 

洋菓子やチョコレートみたいに、一口食べてズキューンとくる分かりやすい美味しさではないんですよね。

甘味もかなり控えめなので、ちょっと大人向けというか、「甘いのが正義」という人には分かりずらい美味しさかも・・。

 

すごく上品な甘さなので、いくらでも食べられちゃいそうです。

現に娘と夫とぺろりと食べてしまいました。

 

・・・、とても、美味しかったです。

 

日本茶もいいけど、これは紅茶の方が合いそうな味です。

うまうまでした。

 

博多あまびまとめ

 

あまおうを使用した「博多あまび」は、上品な甘さでとても美味しかったです。

ピンク色で見た目も美しいし、和菓子って、こういう一口で形容し難い美味しさのものだよねという事を、思い出させる一品でした。

 

イチゴの甘味や酸味もしっかり感じることが出来て、ちょっと洋風な部分もあり、子供の味覚を鍛えるのにも良さそうです。

 

使用している粉も、わらび粉のみのようですから、分かる人には高いものだと分かる品物です。

その日のうちに持っていくなら、義理の関係の人や、目上の人のお土産にも良さそうですね。

 

私も、もう一度食べたい~!!

 

「博多あまび」は、5月末位から11月下旬までの期間限定品です。

わらび餅が嫌いじゃなければもれなく美味しいと思いますので、九州に行くことがあったら、ぜひ買ってみてください。

 

それではまた。

読んでいただき、ありがとうございました。