【クリスマスにピッタリ】カルディの「レモングラスバタフライピー」でティーカクテル

 f:id:kataseumi:20181124172023j:plain

  

こんにちは、かたせうみです。

 

今日は近所のカルディで「レモングラスバタフライピー」というお茶を買ったので、色々やってみたいと思います。

 

バタフライピーとは?

 

 

「バタフライピー」とは、東南アジアに生息するマメ科の植物で、和名は「蝶豆」といいます

 

バタフライそのままですね。

 

鮮やかな青い花をつけ、その花は染料やお茶にして利用されています。

花の形は日本の「つゆ草」を大きくした感じです。

 

バタフライピーティーは、鮮やかな青色のお茶で、レモンを加えるとピンク色に変わ るという事で、今年の夏に結構話題になっていました。

青色はアントシアニンで、バタフライピーには豊富に含まれているとか・・。

 

ローソンの「宇宙ゼリー」の原料にもなっていたし、名探偵コナンのトリックにも使われていたらしい。

 

コナン見ないのでよく知りませんが・・。

 

最近は、夜でも飲めるカフェインレスのお茶に凝っている私です。

 

カルディで売っていたので、「バタフライピーティー」を買ってみた。 

 

f:id:kataseumi:20181124173702j:plain

 

という事で、興味はあったけど、わざわざ探すほどでもないかなという元来の面倒くさがりですが、近所に売っていたので買ってみました。

 

確か、夏に食べたローソンのゼリーはなかなか美味しかったので、このお茶も美味しいだろうと予想。

 

f:id:kataseumi:20181124173632j:plain

 

お茶のメインはレモングラスみたいですね、これならもしバタフライピーに癖があっても大丈夫そう。

ティーバッグの写真もありますが、特にバタフライピーが目立つほどではありません。

 

通販で見かけるものは、かなり青い花が目立っています。

だから、これにはそこまでは入っていないのかな?

 

バタフライピーティーにお湯を入れると一瞬で真っ青に!

 

封を開けると、すごく香ります。

これは、甘ずっぱいレモングラスの香りと、花の香り?

香料は入っていないからリーフのみの香りですね、すごくいい香りです。

 

しかし、娘は「芳香剤っぽい」と言っている・・。

 

バタフライピーティーの写真

 

早速お茶をいれてみました。

ティーバックでは全く青い部分が見えなかったんですが、お湯が真っ青に変わりました。

 

ちょっとしか入ってないのに、この青色が出るのはすごい。

 

f:id:kataseumi:20181124173651j:plain

 

レモンを絞ると、キュートなピンク色に早変わり。

 

せっかくだから、レモンを入れてピンクになる所を見てみましょう。 

 

バタフライピーティーにレモンを入れるところ
バタフライピーティーの色が変わる写真
レモンを絞ってみます。

レモンを絞ると、ぽたりと落ちた部分から色が変わっていきます。

 

f:id:kataseumi:20181124173611j:plain

 

お~・・。

かわいらしいピンク色になりました。

 

因みに味はというと、色が変わるまでレモンを絞ると、もうレモンの味しかしなくなります。

 

レモンを絞らなくても、レモングラスがブレンドされているので爽やかな味わいです。

そして、レモンの中に、ほんのりと違う味わいがします。

甘くないお菓子みたいな・・・?

 

くせのある味ではないけれど、初めての味だなぁ・・。

香りも色も美しいし、目にもいいらしいので、今は主に職場で飲んでいます。

 

 

こんなに青いと、インスタ映えさせたくなる!

 

ホットでも美味しい「バタフライピーティー」ですが、アイスにしても美味しいです。

そして、ここまで青いと色々やってみたくなりますよね~・・、クリスマス前だし。

 

炭酸で割ってみる。

 

f:id:kataseumi:20181124173655j:plain

 

こちらは、炭酸で割ってみました。

 

爽やかで、夏向けな感じですね。

お茶の方も炭酸の方もお砂糖が入っていないので、どうやっても混ざってしまいます。

本当は2層にしたかったのに・・。

 

もし2層にしたい場合は、お茶の方にお砂糖を入れて、比重を重くするといいと思います。

 

甘い炭酸も使ってみたけど、炭酸は軽いのでうまく2層にはできませんでした。

 

では、2層にする場合のおススメを以下で紹介します。

 

バタフライピーティー×レモンジュース

 

f:id:kataseumi:20181124153451j:plain

f:id:kataseumi:20181124171218j:plain

 

レモンジュースは爽やかで、色々なものとカクテルするのにぴったりです。

 

お砂糖が入って比重が重いので、うまく2層にする事ができます。

先にジュースと氷を入れてから、氷の上に静かにバタフライピーティーを注ぐようにすると、うまく2層にできます。

 

レモンを入れると、レモンの周りだけちょっとピンク色になりとてもきれいですね。

 

オレンジジュース×バタフライピーティ

 

f:id:kataseumi:20181124171029j:plain

 

不透明なオレンジにグラデーションがかかって、まるで宵の口の空みたいです。

 

オレンジジュースのクエン酸で、お茶とジュースの境目がかすかに紫色になっているのが分かりますか? 

オレンジジュースは、100パーセントを使用しています。

 

写真がうまくなくて申し訳ありませんが、実際はもっととっても綺麗です。

レモンジュースよりも、こちらの方がお子さんには好まれそうですね。

 

2層になっているものは、飲んでみてもどれもほとんどがジュースの味しかしないので、バタフライピーティーを飲んだことがない人でも味の面は大丈夫だと思います。

 

f:id:kataseumi:20181124171242j:plain

 

パーティーにぴったりのおもてなし感がありますね。

 

見栄えをよくするためには、やっぱりグラスは細長いフルートタイプがおススメですね~。

ワイングラスしかなかったからこの写真だけどさ。

 

バタフライピーティーカクテル注意点

 

最後に、ノンアルコールカクテルにバタフライピーティーを使う場合の注意点です。

 

「バタフライピー」 は、東南アジア原産のハーブの一種です。

カフェインは入っていませんが、子宮の収縮作用があるので、妊婦さんの使用は禁忌となっているそうですので、妊婦さんは飲まない方がいいですね。

 

また、2層でとても美しいカクテルですが、まぜるときったない色になってしまうので、注意してください。

 

今日使用したバタフライピーティーは、レモングラスにブレンドされたもので、カルディで350円位でした。

 

バタフライのみのお茶は、アマゾンほかのネットショップ等で購入することが可能です。

 

 

今日は、青いお茶「バタフライピーティー」の話題でした。

読んでいいただき、ありがとうございました。