うみブログ

旅行記が主と言いながらも、社会や教育の記事もある雑記ブログ

薬味も沢山!夏にぴったりなタコのさっぱり丼

こんにちは、かたせうみです。

今日は、貰ってきたタコの足のお話です。

タコのさっぱり丼は、薬味たっぷり、タウリンたっぷりで夏に超お勧めの美味しいどんぶりです!

 

タコの足をいただきました。

 

夫よりメールが来ました。

「立派なタコの足を貰った、持って帰る。」

だそうです。

 

 

今日は暑かったから、タコのさっぱり丼にしよう!

 

夫、何やら漬物用四斗袋を下げて帰ってきました。

大タコがあがったらしいです。

 

f:id:kataseumi:20170716015703j:plain

えっ、立派なタコって、凄くない?ボールに入れるとこんな。

f:id:kataseumi:20170716015702j:plain

ぐ、グロい。

思わず頭に【閲覧注意】の文字が浮かび上がります。

f:id:kataseumi:20170716015704j:plain

これが足一本なわけです。

という事は、これがあと7本ついて、更に上に頭がついてるタコが海にいたんですね、

こわ~。

 

巻きつかれたら、ひとたまりもなさそうです。

 

生のタコ足は、塩でぬめりを取ります。

 

処理をしていない生のタコ。

とりあえず塩でもんでぬめりを取ります。

タコ漁をしている所では、洗濯機で洗っていると聞きますが、何だか納得。

 

塩でもんでいると、予想通りいました、虫(寄生虫)です

 

皮と身の間に米粒のようなものがあり、そこに虫がいます。

アニサキスではありません、ニベニリアといいます。

 

イカについていた場合、皮をはいだ後、手で取っていきます。

今日は茹でるので、とりあえず少しとってからスル―します。

 

気持ちいい物ではありませんが、もし食べちゃったとしても、害はないそうです。

 

アニサキスがいる所は、肉が白く濁るので分かります。

虫がいると言う事は、新鮮である事の証でもあります。

多くの寄生虫は、宿主が死ぬと生きていけないからですね。

 

デリケートな方にはショックでしょうが、多くの魚介類には昔から寄生虫がいます。

最近メディアでいろいろ話題になり、魚の売り上げが落ちているとの事、残念です。

然るべく処置をすれば、安心、安全ですのであまり気持ち悪がらないで欲しいなと思います。

 

でも、なかなか感受性が高い方は、このタコの処理、厳しいかも~と思いながらぎゅうぎゅう揉んでいます。

 

塩でもんだらタコの足を切って、塩ゆでします

 

タコの足は、塩でもんだら、洗ってから塩ゆでします。

 

我が家の一番大きな鍋は、5リットルのなべです、大丈夫かな~・・。

 

とりあえず、タコの足を4つくらいに切り、沸騰した塩水にぶちこみます。

塩の量は適当です。

大さじ二杯くらい入れたかな。

 

漁師さんからは、「茹で時間は8分は必要だよ~。」と聞いてきたらしいので、タイマーセット。

 

茹でるので、寄生虫もこの時点で死滅しますから安心してください。

 

f:id:kataseumi:20170716015706j:plain

 

たこ足が茹で上がり、氷水で締めている所。

真っ赤にゆで上がり、とても美味しそう。

茹で汁を捨てる時、磯の香りが漂います(*^_^*)

 

ちょっとしょっぱかったので、少し塩抜きも兼ねます。

 

タコのさっぱり丼レシピ

 

それでは、夕飯の支度です。

 

タコのさっぱり丼材料(4人前)

 

✭ 刺身用ゆでだこ   

 適量

✭ みょうが

 適量(今回は1パック3本入り×1)

✭ しそ         

 一束

✭ きゅうり   

 一本

✭ おくら 

 1パック

✭ のり 

 適量

✭ わさび  

 お好みで

 

 

 

作り方

  1. たこを薄めのぶつ切りにします。
  2. みょうがは薄切り、しそ、きゅうりは千切りにします。
  3. おくらは茹でて、輪切りにします。
  4. ボールに海苔以外の材料を全て入れてよく混ぜます。
  5. ご飯にかけて、海苔をトッピング。
  6. お好みで、醤油、ワサビをかけてどうぞ。

 

f:id:kataseumi:20170716015709j:plain

f:id:kataseumi:20170716015708j:plain

ご飯は、酢飯でも白米でもどちらでもいけます。

香味野菜でさっぱりと、タコのうまみを感じつつ召し上がれ。

残りのたこは、冷凍保存しました!

寄生虫の話、ちょっと気持ち悪かった方、ごめんなさい。

私も実は、結婚したばかりの頃、イカをさばいていて、びっくりしてそのまま捨てちゃったことがあります。

今はこんなになりました。

読んで下さった方、有難うございました。

ではまた。