【検証】ブラウンマルチクイックハンドブレンダーはオススメ!「大根おろしもできるの?」

こんにちは、かたせうみです。

前回鮭のテリーヌを作ったんですが、ミキサーのパワーが弱くて、鮭をすり身にしている途中で止まってしまいました。

 

それで、どうしても欲しくなって「フードプロセッサー」を買う事にしました。

 この回で、ミキサーを買いました

www.kataseumi.com

 

まずは、購入1年後の感想からご覧ください。

 

買った時だけ活躍して、あとは使わなくなるんじゃないかとか、片付け面倒そうという心配があるかと思いますが、以下は、私の1年後の感想です。

 

購入1年後の感想!

 

 1年経った今でも、しまい込まず、料理に活躍しています。

 

 野菜がすぐに細かくなるので、カレー等の時短も可能ですし、野菜が柔らかくなったところでブレンダーをいれれば、なめらかで、野菜が全て溶けた状態のカレーを作ることが出来ます。

 

 冬場は色々なスープを作るのに活躍しました(#^^#)

 

 夏は凍らせたフルーツと牛乳で、スムージーを作ったりもしています。

 

 フードプロセッサーの方ですが、時間のかかる玉ねぎのみじん切りもすごく楽になりました。

 

 気になるお手入れは、とても楽ちんですよ。

 

単純なつくりなので、隙間に野菜くずがたまったり、すみずみまで洗えないというような心配は無用です。

 

 

という所で、購入時のレビューや写真をご覧ください。

 

いつものビックカメラへ!

 

フードプロセッサーといっても、3000円台から数万円するものまで様々。

家電コーナーに置いてあるのは、大きく分けて2タイプ。

従来の置き型か、ハンドブレンダ―。

ブレンダ―単品も含め、多種多様で沢山ディスプレイされています。

 

結局私は売り場に2時間立ち尽くし、説明書やデモDVDをくまなく読み、候補をいくつか絞りました。

 

こんな時に限って、店員さん声掛けてこないんだもんなぁ。

 

 購入したのはこれ、ブラウンの「マルチクイックハンドブレンダ―」!

 

今回購入したのはこれ!

『ブラウンマルチクイックハンドブレンダー』!

フードプロセッサの、従来の据え置きタイプと悩んだんですが、最終的にこの商品の購入に至りました。

 

f:id:kataseumi:20171030234416j:plain
f:id:kataseumi:20171030234415j:plain
MQ775

ハンドブレンダ―に、ブレンド用カップ、フードプロセッサーがついている、去年までの最上位機種です。

 

税込約16000円。

 

現在の最上位機種は、「MQ9035X」と言う機種になります。

平成29年に発売したばかり。何とアボカドの種も粉砕できたり、コーヒーミルの役割もするんですよ~。

でもでも、値段が高くて買えませんでした。

 

f:id:kataseumi:20171108005832p:plain

だって、27000円位した・・・。

 

現在は値下げ?!

 

→ 2018年になり、18000円位に値下げされています!

  チョッパーが一回り小さいものなら、13000円台になっています。

 

ブラウン ハンドブレンダー  マルチクイック9 MQ9075X

 

ハンドブレンダ―説明

 

「ハンドブレンダ―」とは、太めのスティックの様な形状で、手元でジュースやスムージーを作ったり、鍋に直接入れて、食材を細かく滑らかにしたり、ジャガイモやカボチャを潰したりするのに使います。

 

f:id:kataseumi:20171104182902j:plain
f:id:kataseumi:20171104182904j:plain
大葉入り大根おろしもらっくらく

 

鍋に直接入れれば、裏ごす手間無くポタージュが完成・・。

 

家電コーナーへ行けば、ピンからキリまでよりどりみどり。

 

ブレンダ―だけなら2000円台で売っているけど、これだけ買えばいいのかな?何か、裏がありそうな・・。

 

実は、よく知らなかったんですが、ブレンダー1本で、そのまま肉もミンチにできると思っていた・・・・・。

 

大間違いでした!

 

ブレンダーのポイント!

 

ブレンダ―は、あくまで手元で楽々スムージーを作ったり、鍋の食材を滑らかにするための物です。

ですから、肉をミンチにしたり、魚をすり身にしたりはできません。

 

すり身やミンチを作りたいのなら、専用のフードプロセッサーがついている物を購入しなければなりません。

 

逆に言えば、フードプロセッサーがあるなら、カボチャペーストとかスムージーを作る程度なら、ブレンダ―のみの購入で事足りるわけです。

 

という事で、マルチクイックフードプロセッサー付を購入

 

最後まで置き型のフードプロセッサーと迷っていた。

決め手は・・・やっぱりデザインです。

フードプロセッサーに比べると、かなり垢ぬけて見えますね。

 

それでは(やっと)お披露目と、使用感のレポートです。

 

f:id:kataseumi:20171030234417j:plain

 

箱の中身。

立派です・・・・。『買っちゃた♡』感あります。

 

f:id:kataseumi:20171030234421j:plain
f:id:kataseumi:20171030234420j:plain
f:id:kataseumi:20171030234419j:plain
ミンチ用の刃と、こねべら、一番右はスライサー用の刃

f:id:kataseumi:20171030234418j:plain

手元のスイッチを押すとブレンダ―が作動。押し加減により、早さが変わる。
f:id:kataseumi:20171030234423j:plain
f:id:kataseumi:20171030234422j:plain
ブレンダ―は、モーター部分とブレンダ―と分かれるようになっている。ブレンダ―の先を裏返すと刃がついている。

f:id:kataseumi:20171030234425j:plain

大きなフードプロセッサーがついている。これに、ブレンダ―のモータをドッキングさせて動かす。白いのは、スライサー用の台。使わなければ外す。

他に、泡だて器がついてるんだけど、華奢な作りなので、多分使わない。

自宅のハンドミキサー、1980円だったけど、10年以上使ってる・・・・。

これは当りだった。

 

鮭をミンチして、テリーヌ再挑戦!

 

それでは、このブラウンのブレンダーがどれほどのものか、まずは、前回いまいちだった、鮭のテリーヌを作ることで検証してみます。

 

鮭の切り身をいれて、フードプロセッサーを稼働させます。

 

f:id:kataseumi:20171030234426j:plain
f:id:kataseumi:20171030234427j:plain
鮭と材料を入れて運転開始

今回はちょっと山芋を足してみました。

あっという間に鮭はすりつぶされました。

鰯のつみれだって、小骨も抜かずに楽々処理できました!

(大きな骨は抜いたほうが良い。)

 

ハンバーグも、フードプロセッサーで玉ねぎを刻み、肉や卵を加えれば、最後の成型以外手を汚さずに作る事も可能!!

 

f:id:kataseumi:20171030234428j:plain

 

話は戻り、テリーヌの2層部分を作ります。

今日はブロッコリーにした。

使用中のカップは、附属のカップです。

茹でたブロッコリー、あっという間にペースト状になった!!

出来上がったテリーヌはこちら。

 

f:id:kataseumi:20171108181823j:plain

テリーヌについて詳しくはこちら。

でっかい鮭が来たから、テリーヌを作ってみました。【鮭のテリーヌレシピ】 - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

キメは細かく、ボソボソした感じもありません。

舌触りも滑らかです。

 

f:id:kataseumi:20171104182906j:plain
f:id:kataseumi:20171104182907j:plain
この後牛乳を入れれば、面倒なカボチャのポタージュもあっという間

かぼちゃのポタージュも、この状態からブレンダ―を入れればあっという間!!!

(鍋に、玉ねぎとコンソメ、水を入れて茹でただけ。)

スープめんどくさい・・・という気持ちが無くなります。

 

やっぱり、鍋に直接ブレンダ―を入れられるというのは大きいです。

調子に乗って、次の日はブロッコリーでポタージュを作りました。

 

もう、家族に頼もうものならブーイングの嵐だった、大根おろしだって黙って楽々です。

 

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ775


スマートスピード搭載 新製品 MQ775 - Braun

 

最後に

 

まとめですが、これは、『早く買えば早く買う程』オススメです。

私は今、『ああ、何でもっと早く買わなかったんだろう』と、後悔の念で一杯です。

 

これから離乳食の方は、特にオススメ。

自分の子が小さい時は、まだこんな洒落た物ありませんでした。

すり鉢とか使ってました・・・。

最後にいくつか注意点や、気がついた事があるので書いておきます。

 

1、棚にしまいこむな

 

これは、仕まい込むと出すのも億劫だし、あることすら忘れてしまう品物です。

棚にしまえばそれっきり、食事のレパートリーも増えず、宝の持ち腐れとなる可能性大です。

ブレンダ―本体は、キッチンに出して立てかけておく事をすすめます。

すぐ手に届く所にあるだけで、活用範囲が格段に上がります。

 

2、大根やショウガをするのは少しコツがいる

 

ブレンダー下部に、水平に回る様に刃が仕込んであるので、大根やショウガを擦るのは少しコツが要ります。

 

野菜の向きが、刃と平行にならないようなるべく細かく刻んでカップに入れ、潰す時は、ブレンダ―を回すようにしていくと上手くおろす事が出来ます。

 

正直なところ、大根おろしは手で擦った方が早い気もしますが、結構疲れるんですよね。

家族に頼んだらいい顔しないし・・。

その分を考えると、ブレンダーはストレスが少ない。

 

3、色々やりたくなるので、フードプロセッサー付がオススメ

 

フードプロセッサーや、ブレンダ―をまだ持っていない方は、フードプロセッサー付のものをオススメします。

料理が急に楽になったり、レパートリーが広がるので、色々やってみたくなります。

そして、結局後で足りないものを買い足す羽目になるからです。

 

4、残念ながら、スライサーの性能はよくない。

 

この機種には、千切りや薄切りが出来るスライサーがついているんですが、残念ながら使い勝手はよくありません。

素早くできるんですが、仕上がりが悪いのです。

これって、お国柄なのかな~~・・?

お刺身のつまとか、ドイツには無いもんねぇ・・・。

 

注意点は以上です。

 

下は、迷っていた国産品。

 

タイガーのこの製品の優れている所は、カップとチョッパーがガラス製だと言う所です。

 

すごく悩んだんですが、チョッパーの容量が少なかった事と、プロっぽいデザインが気に入ってブラウンを買いました。

私は、プラスチックがガラスより優れている所って、「軽い」事だけだと思うんですよね~・・。

軽いという事は、作業する時大事だけれど。

 

長くなりましたが、このブログは以上です。

 

置き型フードプロセッサーもじっくり見てきたので、次の記事でレビューします。

 読んで下さった方、ありがとうございました。

 

フードプロセッサーの記事出来ました!

 

www.kataseumi.com

 

家電の記事、ほかにもこんなの書いてます。

 

【検証】ティファールアイロン!「アルティメットスチームパワー」! - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ