【ノンフィクション】カニの胆石日記①

5月初旬のプロローグ

 

五月初旬の金曜日、夕食を終えてゆっくりテレビでも見ていた夜10時。

何となくみぞおちに違和感があったが、だんだんと痛みに変わってきたような・・。

我慢できなくもないので、『寝ればよくなるかな・・疲れてるのかな?僕ちゃん。』と思い、布団に横になったのは夜12時。

 

しかし、横になったはいいが更に痛くなり、どんな体勢だろうと痛くなってきた。

しまいには変な汗が出てくる始末。

たまらず私は布団を出てリビングへ避難した。

 

いや、場所変わっても同じだって・・・。

 

胃上部をさすりながらリビングへ出ると、夜鷹の嫁はまだ起きていて、「どうしたの?」と聞いてくる。

「なんか、胃が痛くて眠れない。」

と答える私。

すると、嫁は「じゃあ、少し起きてれば?」と言った。

その時夜中の2時過ぎ。

深夜テレビでも見ていれば、じきに痛みは治まるかと思っていたが、嫌な汗が止まる様子もなく、もうじっとしていられない・・・。

 

胃痛初日の3時過ぎ

 

凄く辛いのに、夜中の3時過ぎには「もう寝るから!」と、嫁は自分の寝室へ退場してしまった。

私は相変わらず痛さに耐えていたが、ぼっちリビングはさみしいので自分の寝室へ行き、不安を抱えながらも布団にもぐりこんだ。

 

『この痛みは一体何なんだ!!』

『いつ収まるんだ!!』

『なんで嫁は先に寝るんだ!』

 

と、ちょっと泣いちゃったが、自問と幾度かの寝返りをくりかえしているうちに、いつの間にかまどろみがあり寝たようだった。

 

翌朝8時

 

翌朝8時ころに目覚め 、胃の様子をうかがったが、多少の違和感はあるものの痛みはなくなっていた。

『やっぱり、単なる胃の痛みだったんだ!!』

と、自分を納得させ、軽く朝食を食べた後、寝不足を取り戻すべく、私はまた布団にもぐったのだった・・・。

 

そして、しばらくは胃が不調だったことを忘れていたのだが・・・・・。

 

ご挨拶。

 

こんにちは、かたせうみです。

突如始まった『カニの胆石日記』。皆さま、いかがおすごしでしょうか。

 

私の映画ネタに、たまに登場する職場の人「カニ(嘉仁)さん」。

最近はこちらの記事で登場しています。

『僕のワンダフルライフ』を見てもいないのに泣いちゃった話。~最近、すぐ泣いちゃうんですけど・・・。~ - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

そんなカニさん、嘉仁ですが、もう面倒なのでカニで統一します。

・・、じゃなくて、実は昨年胆石で2回ほど入院してました。

 

で、胆石の他「病気をすると手記を書きたくなる症候群 」に罹患し、一気書きした大作を私に見せてくれました。

 

 

かたせ位しか読んでくれそうな人がいないからさ~。

 

 

 

とか言ってましたが・・。

f:id:kataseumi:20180520001302j:plain

最終的に許可は貰いました。

 

という事で、記事にすることにしました。

自分の記事じゃないのが悔やまれますが、この歳まで大病もなく、あれだけお酒飲んでも、中性脂肪もγ-GDPも、糖も正常値なので仕方がありません。

 

そんなわけで、これから暫く不定期で胆石日記を書いていきますので、よろしくお願いいたします。

 

というか、胆石メインで、不定期で自分の記事が入ります。

よろしくどうぞ~。

 

5月26日の金曜日 

 

しばらく胃の痛みの事は忘れていたが、5月最後の金曜日、 夕食後に突然また胃痛に襲われた。

その痛みは、前回の不調と全く同じ症状だった。

痛みに耐え続け、結局寝たのは朝の5時過ぎ。

神様、私は何かしましたか???

あれとかそれとかこれとか・・・・。

 

結局、朝の8時に目覚めたときは胃の痛みは治まっていたが、2回もこんな痛みに襲われるなんて、よっぽどのことに違いないと、近所の胃腸科の扉をたたいた。

 

病院到着。胃腸科の専門医です。

 

病院に到着する頃には、あれだけ痛かった胃の痛みは全くなくなっていた。

血圧や検温も異常はなかった。

そして、そのうち看護師がやってきて「どうされましたか?」と問診が始まった。

私はこれまでの症状を事細かに説明したが、「胃カメラしますか??」の問いに、もうその時はケロっと痛みも治まっていた事と、近日中に人間ドックがあることを告げた。

すると、看護師からは「少し様子を見ましょうか?」との提案があった。

 

その後、医師の診察となったが、私が椅子に座ると同時に「胃薬出しますので、また調子悪かったら飲んでください。今日はこれで様子を見ましょう。」

と、私の顔も見ずに対応し、自分が診察室にいたのはわずか30秒だった。

 

この時に血液検査でもあれば後々大変なことにならなかったのに・・・。

ヤブ医者め!! 

 

でもこの時はちょっとだけ安心して帰宅。

そして、寝不足を取り戻すべく私は寝た。

 

1週間後の6月2日 

 

前回の検診から1週間後の金曜日、昼過ぎから何となく胃の不快を感じつつも、夕食は嫁と約束していた焼き肉を食べに行った。

 

「肉を食えば、万事解決」の法則である。

 

しかし、帰宅すると胃部の不調は治まらず。

これは・・前の症状より辛いぞ。

そう感じながらも、病院からもらった薬は飲まず、夜通し胃痛と戦ったが、朝方になっても全く回復しないので、朝6時、私はついに薬に手を出した。

 

その瞬間である・・。

 

急な吐き気をもよおし、トイレに駆け込むも、トイレまで間に合わない(;゚Д゚)

とうとう私は寝室にあったゴミ箱に吐いてしまった。

 

・・・・、かなりな量の吐しゃ物だった。

でも、吐いたことにより体はスッキリ爽快。

なんだ、食べすぎ??ビビらせないでぇ~??

と、再度布団にもぐりこんだ。

 

f:id:kataseumi:20180520010549j:plain

 

昼2時  ついにあの症状が・・・

 

あれから、なんとなく目が覚めたのが昼の2時。

空腹もあったが、何だか体がかゆい・・・。

無意識にボリボリとおなかをかいてしまう・・。

時計を見ると昼の2時、リビングへ行くも嫁の姿がない。

 

「え~、おいおい、まだねてんのぉ~??」

と思いつつ、食べられるものを探しおなかを満たす。

 

体がかゆいうえ、倦怠感があるので、私はまたまた布団に横になった。

 

夜7時

 

いったん布団に横になり、再び目覚めたのが夜7時。

リビングに行くとさすがに嫁は起きていた。

朝に吐いたことを話していると、途中で嫁が「あんた、顔が黄色いよ。」という。

 

言われるままに洗面所に行き顔を見ると、確かに黄色い・・。

それも、見たことのない顔の色だ。

身体全体の皮膚も黄色い。

 

身体はかゆい、皮膚は黄色い・・・。

これは、あれで言う所の「かゆ・・・、うま・・・。」状態か?(〇イオ・ハザード)

怖い・・・・。

怖いが、下瞼を指で下げ、白目を見ると、腐った卵の白身のような色だった。

 

「やべ~!!これ、黄疸だよ!!」

 

といったが、いまいち嫁にはピンと来ていない様子。

ちっ。

さらに、おしっこの色が赤茶色で、これまた見たことない色だった。

症状をネットで調べた所、まさに黄疸。「即病院へ!!」だった。

 

でも、今は顔が黄色い以外は胃痛もないし、身体はだるいけど、救急車を呼ぶほどでもないかな?

もう夜だしとね。と、素人丸出しの自己診断で、夜11時ころには就寝した。

・・・・・続く。

 

ご挨拶 2

 

この物語は、職場の隣人「嘉仁(カニ)」のノンフィクション作品です。

『人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ』は、かたせうみが管理していますが、『カニの胆石日記』につきましては、「カニ」が執筆して、かたせうみが加筆修正しております。

 

まとめて読んでみたい方は、カテゴリー「胆石日記」または、下記のリンクをご利用ください。

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記① - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記② - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記③ - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記④ - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記⑤ - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記⑥ - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ