【ノンフィクション】カニの胆石日記 手術編⑤胆のう摘出術後

こんにちは、かたせうみです。

カニさんの胆石日記、手術編⑤まできました。

カニさん・・・、ずいぶん大作を書いたもんだ。

という事で続きをどうぞ。

 

手術当日の夜は、辛かった

 

手術当日の患者という事で、看護師は定期的に様子を見に来てくれたが、その時にこんな話があった。

 

「心電図」「尿管カテーテル」は、明日の朝頃には外し、すぐに歩行を開始するとの事。

点滴はあさってまでだが、ご飯は明日の昼から配膳されるとの事であった。

 

夕方になる頃には身体も通常の状態になっていた。

ただ、上向きでずっと寝ていることにより、徐々に腰が痛くなってきた。

また、麻酔が完全にきれたのか、ヘソ術部の痛みを感じるようになってきた。

術部が痛いというより、腹部腹筋が痛いという感じ。

 

腰を伸ばし少し横向きになりたいが、身体を少しでもよじる動きをしようものなら、強烈な腹筋痛が走る。

腹筋を使う動作を少しでもしようものなら、激痛が走るのだ。

人間の動作というのは、たいてい腹筋を使うものなのだという事を、今、初めて知った。

 

腰が痛い・・・!

 

ずっと上向きで寝ていることが、こんなに辛いなんて・・。

 

なんて日だ!!

 

寝すぎると腰が痛いことがあるが、そんな我慢できる状態ではない。

腰が痛い、たまらず体をよじる、身体をよじる動作で腹筋が痛いという、まさに地獄。

 

夜9時の消灯時間となったが、腰が痛くて眠れるものではない。

モゾモゾと体をよじれば強烈な腹筋痛が・・!!

 

装着している心電図は心数値が異常と判断されるとナースステーション内に通知される。

これが、結構感度がいいようで、身体をよじる→強烈な腹筋痛→心電図反応→ナースステーションでピーピーいう。

との繰り返しで、そのたび看護師が様子を見に来る。

 

私が頻繁にピーピーさせるものだから、しまいには看護師は、ピーピーいっても様子を見に来なくなった・・・。

看護師さん、ごめんね・・。

 

心電図がなって、様子を見に来る看護師さん

看護師さんは、こんな事しません・・。

 

更につらい深夜突入・・早く朝になれ!

 

腰が痛い・・早く朝になって、尿管カテーテルも外してくれ・・・、と寝るも、30~1時間ごとに目が覚める。

夜がこんなに長く感じたことはない。

夜中に看護師が点滴確認に来た時に、起きていた私は小声で腰が痛くて眠れない事を訴えた。

 

すると、看護師は丸めたタオルを持ってきてくれて、腰の下に入れてくれた。

 

少し楽になった・・。

 

体勢上、他の術部も少し痛くなったが、この時は腰痛解消のために術部の痛みは我慢した。

 

胆のう摘出、術後翌日朝

 

熟睡はできないまでも、やっと手術の翌朝を迎えた。

早くベッドから出たい・・、早く立ち上がりたい・・、早く尿管カテーテルを外してくれ!!

 

と願っていると、まず午前7時30分、心電図を外してくれた。

その後採血。

でも、尿管カテーテルは外してくれなかった。

 

そして8時30分過ぎに担当看護師がやってきた。

 

 

尿管はずしま~す。失礼して下着おろしますね。

 

 

 

といってパンツを下ろしたので、私は丸出し状態となった。

私は患者なので、そんなに恥ずかしくはない(カニ、精一杯のつよがり。)。

 

いざ、尿カテを外そうと担当看護師が処置をしようとした直前に、違う看護師がやってきて、担当看護師に「回診の後にカテーテルを外すことになっている。」と話している。

 

ベッドカーテン内には、看護師2人と、ふるちんの私(しかも上向きでババーン。)がいる・・。

この時ばかりは、さすがに恥ずかしく、

 

(いま外さないなら、早くパンツを上げてくれー!!)

 

 

 

と、思った。

 

f:id:kataseumi:20180717194749p:plain

 

そしていよいよ回診が・・ 

 

9時に医師の回診となり、担当医Sに病衣をめくられ、術部確認をされた。

医師より、尿管カテーテルを外しても可との指示があったらしく、また担当看護師がやってきて、パンツを下げられた。

 

今度こそ外してくれるらしい・・・、なにやら準備している。

 

 

尿管を抜くとき、痛いですか??

 

 

潤滑ゼリーを使うので、そんなに痛くはないと思いますけれど、痛かったらごめんなさい・・。

 

 

 

看護師は申し訳なさそうにしている。

 

可愛い看護師にこんな顔させる私は、なんてことを聞いてしまったんだ!!

 

と、ふるちんの状態で私は猛省した。 

 

さて、看護師が陰茎を抑え、「それでは外しますね!」といい、尿カテを抜いた。

 

「おおっ!」

 

と、違和感はあったけれども、そんなに痛くはなく一瞬の出来事であった。

外した後、看護師から

 

 

おしっこする時に多少違和感・痛みがありますが、じきに無くなりますので。

 

 

 

と、話があった。めでたし(?)。

 

術後すぐに歩けと言われる。 

 

これで、左手の点滴以外自由となった。

看護師から、すぐに歩行訓練を行うとの事で、まずは、血栓防止ストッキングを脱がされた。

そして、靴を履いてトイレまで往復してみましょうという事になったが、ヘソ術部が痛くて体を起こすことが出来ない。ひぃ~。

 

なので、横になった状態でベッド端までもぞもぞと移動し、転げ落ちる感じで足からベッドを出た。

やっとのことで靴を履き、何とか立ち上がったが、腹筋が痛くて前かがみ気味になってしまう。

しかし、看護師同行のもとでトイレまでの往復30メートルくらいを 、前かがみ気味であったが、わりとあっさり歩くことが出来た。

 

看護師も大丈夫と判断したらしく、「出来るだけ動いてくださいね。」とニコッとした。

 

ベッドに戻り、腹部に負担がかからない体勢を模索した結果、ベッド頭側の壁にもたれ、腰に枕を挟むように上半身を起こしている状態が楽だった。

 横になると寝転んでしまう、寝転んでしまうと、起きる時が辛いので、上半身起こしがいい。

病室には、上半身起こしがよく似合う・・・。

 

尿カテが外れてからの尿意

 

上半身起こしのまま、スマホ等を見ているうちにおしっこがしたくなったので、 ベッドから何とか脱出しトイレへ向かった。

手術翌日という事もあって、全ての動作がスローモーになってしまう。

痛いんだもん。

 

だが、立っている状態が一番楽だという事を、この時知る。

 

さて、おしっこをと、放尿態勢に入ったが、尿意はあるもののなかなか出てこない。

やっとおしっこが出てきたと思ったら、尿道がピリピリと痛い。

看護師が言っていた通りだった・・( ;∀;)

 

突然の膨満感

 

トイレの後病室には戻らず、談話ルームでTVなどを見ていたが、何となく胃腹部が張っている。

膨満感とでもいうのだろうか??

 

午前11時30分頃、ベッドに戻ると看護師が様子を見に来たので「お腹が張って苦しい。」と訴えたところ、「お腹の音を聞きますので上向きに寝て下さい。」と言う。

 

 

お腹の音は正常で、ちゃんと動いているようですね。腹腔鏡手術の場合、おなかにガスをいれながら手術をするので、そのガスがしばらく留まることで、おなかが張る感じがあります。

多分そのせいでしょう。1~2日で自然と抜けますので・・。あ、あと、出来るだけ動いてください。

 

 

 

と、また「動いてください」と言われた。

 

要は、動くことでガスが抜け、屁やウンコも出るらしい。

 

そして、12時には昼食が配膳された。

お腹の膨満感からか、あまり食が進まない。

配膳されたご飯はお粥だったが半分以上は残してしまった。

この膨満感はしばらく続くこととなった。

 

⑥へ続く。 

 

ご挨拶

 

本日も当ブログにいらしていただき、誠にありがとうございます。

 

この物語は、職場の隣人「嘉仁(カニ)」のノンフィクション作品です。

『人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ』は、かたせうみが管理していますが、『カニの胆石日記』につきましては、「カニ」が執筆して、かたせうみが加筆修正しております。

 

これまでの話もご覧いただける場合は、カテゴリー『胆石日記』、または、グローバルメニュー、リンク『胆石日記』をご利用ください。 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

胆石日記①はこちら

【ノンフィクション】カニの胆石日記① - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記② - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記③ - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記④ - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記⑤ - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記⑥ - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記⑦ 大腸内視鏡検査 - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

手術編はこちら

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記 手術編① - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記 手術編② - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記 手術編③胆のう手術前日 - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記 手術編④胆のう摘出手術当日 - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記 手術編⑤胆のう摘出術後 - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記 手術編⑥胆のう摘出手術後の様子等 - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

【ノンフィクション】カニの胆石日記⑦ 手術編 最終回 - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ