【ノンフィクション】カニの胆石日記 手術編②

f:id:kataseumi:20180707232007p:plain

 

病院から、入院日程の連絡がきたので、職場に再度入院することを報告し、予定通り翌週木曜日の6月22日の指定時間に病院へ行った。

 

入院セットに抜かりはない。

前回の入院時に残ったTVカードも忘れない。

そういえば、前回の入院ではTVカードを4枚、計4000円、1200分ぶんも買ってしまっていた。

超の付くほどのテレビっ子は、入院中もテレビ三昧なのだ。

 

朝9時30分、外来外科到着

 

指定された外科外来に到着すると、平日の朝9時30分だというのに、待合はガランとしている。

2人ほど待合にいるが、両人とも大きなバッグを持っており、私と同じく本日入院だという事をうかがわせる。

 

しばらくすると診察室に呼ばれたが、先週対応してくれた外科部長のM医師とは違う先生だった。

 

医師より「担当のSです、明日の手術も私が対応します。」との紹介があった。

 

やっぱり、消化器内科の医師よりもとっつきにくい感じがする。

でも、そんなに悪い感じもしない(どっちなんだ、カニさん!)

 

 

術式の詳細は、この後10時30分頃入院病棟で説明しますので、入院手続きをとってください。

おっと、入院手続きの前に引き続き麻酔科の説明を受けてって下さい。

 

 

 

と話があった。

 

外科待合で待っていると、すぐに隣の麻酔科から診察室へ呼ばれた。

麻酔科の医師は、30前後と若い。

 

 

胆のう手術は全身麻酔です。

手術室には自力で入室してもらい、手術台で点滴から麻酔を投入します。

あと、麻酔後は人工呼吸器装着の為口から挿管します。

場合によっては、口内に傷が出来たり歯がかけたりすることがあるので、ご了承ください。

 

 

 

と、全身麻酔にかかる承諾書の説明を受けた。

 

 

何か質問は??

 

 

麻酔はいつ切れるのですか???

 

 

基本、手術後、手術室で覚醒させます。覚醒の確認が取れたら、その後病室へ移動します。手術室で意識が戻り、ぼんやりした中で病室移動となりますね。

 

 

 

とのことだった。

 

病棟へ移動 

 

麻酔科の説明も終わり、外科看護師の案内で病棟へ移動した。

入院病棟は、前回入院した病棟の反対側だった。

 

今回は、ナースステーションの真向かいの病室で、4人部屋、かつ廊下側のベッドだった。

窓側のベッドが空いているのにもかかわらず、廊下側なんてちょっと残念。

 

後から知った事だが、手術予定の患者は廊下側にベッドを入れるとの事だった。

 

術後、ストレッチャーの搬入や、看護師が様子を見に来る時のために、ベッドを廊下側にし、効率化を図るためであった。

 

うたぐってごめんなさい・・・。

私は、退院してから、心の中で謝った。

 

さて、今回の同室の人たちはというと・・

 

★ 80歳はゆうに超えている、寝たきり老人のA

 

★ 私のベッドの向かいには、これまた80代前半 くらいであろう、ちょっと元気な老人B。

 

という組み合わせだ。

 

だがしかし、この老人Bが、この後色々な面で私を悩ますことになるという事は、今はまだ知らない事であった。

 

でもでも?ここで一ついいことが・・・?

 

入院手続きで対応してくれた看護師さんは若く、ちっちゃくてかわいい感じだった。

その看護師さんは今回の入院中、私の担当だというのだ。

まじか、ラッキー♡

 

前回の入院時は個人の担当はなかったが、手術の時には一人ひとりに担当がつくのだろうか・・?

 

f:id:kataseumi:20180708015905p:plain

 

 

午前10時過ぎ、手術の説明

 

さて、入院手続きも終わり、病室でくつろいでいる午前10時30分過ぎ、外科医Sが登場し、談話スペース横の小さな部屋に嫁共々案内された。

術式説明を行うとの事だった。

 

S医師が胆のう周辺の臓器をさらさらっと描き、胆のうを肝臓からつながる部分から分断切除し、分断した管を、胆のうから十二指腸につながる管(いわゆる胆管)に接続することを説明してくれた。

 

f:id:kataseumi:20180707201334p:plain

 

今まで肝臓で生成された胆汁は、胆のう経由で胆管へ運ばれていたが、胆のう切除により直接胆管へ流れるということになる。

術式は、腸腹部切開はせず「腹腔鏡手術」によるもので、腹部から4本の内視鏡器具を挿入して行うとの事。

また、一番太い器具はヘソの穴の奥を小さく十字に切開し挿入するが、術後はヘソ穴が大きくなる可能性があるとの説明があった。

 

私のへそはそもそも腹に埋もれているので、ヘソが大きくなったり、多少の傷跡が残っても、誰も分からないだろうと思った。

 

他の3本の器具は右腹部みぞおちあたりや胃部のあたり3か所から数ミリ切開し挿入するとの図解説明があり、手術時間は90分程度との事だった。

 

胆のう切除腹腔鏡手術図

こんな感じの手術らしい・・・



医療法人晋真会 ベリタス病院 外科 HPより引用

 

術後、経過が良ければ4~5日で退院とのお話し。

ただし、胆のうが他の臓器と強く癒着していた場合は、内視鏡器具では切除できないので、その場合は腹部切開術に切り替えるとの説明もあり、その承諾書も書かされた。

 

切開術だと入院期間が延びるとの事。

 

『ん?入院期間が延びるのは困る!!保険請求の面で大変困る!!』

 

 この期に及んで、保険請求が心をかすめる。

 

6月中に退院しなければ、医療費が!!

高額医療費が対象外に!!

 

あと、医師により、切除した胆のうを病理検査に回した際、悪性の癌が見つかる場合も稀にあるとの事、その場合は、転移などの検査を行わなければならない事等の説明も受けた。

 

・・・いやいや・・、胆のうがんは勘弁してほしい・・・・・。

と、心の中でつぶやいた。

 

明日8時30分には手術室に入ってもらいますS医師は説明を締めくくった。

 

私と嫁からの質問は特になく、医師にすべてを委ねるだけだった・・・。

 

③へ続く。

 

ご挨拶 

 

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 

 

この物語は、職場の隣人「嘉仁(カニ)」のノンフィクション作品です。

『人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ』は、かたせうみが管理していますが、『カニの胆石日記』につきましては、「カニ」が執筆して、かたせうみが加筆修正しております。

 

これまでの話もご覧いただける場合は、カテゴリー『胆石日記』、または、グローバルメニュー、リンク『胆石日記』をご利用ください。 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

胆石日記①はこちら

【ノンフィクション】カニの胆石日記① - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

  

スポンサーリンク