うみブログ

旅行記が主と言いながらも、社会や教育の記事もある雑記ブログ

【ターブル・ドゥ・リバージュ】大沼公園の素敵レストラン

ターブル・ドゥ・リバージュクルーズ船の写真

「ターブル・ドゥ・リバージュ」HPより引用

リバージュ | ターブル・ドゥ・リバージュ*七飯大沼・北海道

 

 

冬はスキー、夏はキャンプやトレッキングなどで人気の大沼公園。

ちょっとしたドライブ先でも人気がありますが、大沼公園駅の周辺には、あまり食事できるところがありません。

 

いえ、あるにはあるんですが、車がないと厳しかったりもします。

 

今日は、大沼公園駅からおよそ800メートル。

大沼周辺の散策ついでに寄れる素敵なレストラン「ターブル・ドゥ・リバージュ」を紹介します。

旅先で素敵なランチをしたい方におススメです。

 

「ターブル・ドゥ・リバージュ」は、大沼国定公園内、湖畔にあります

 

「ターブル・ドゥ・リバージュ」外観の写真

 

「ターブル・ドゥ・リバージュ」は、大沼の湖畔にあります。

 

 

大沼って結構大きいのですが、大沼公園駅から歩いて散策できる範囲は限られます。

 

散策コースはいくつかありますが、どれも意外と風光明媚なコースです。

 

ターブル・ドゥ・リバージュから眺めた橋の写真

こんな感じですね。



「ターブル・ドゥ・リバージュ」は、散策コースの途中にあります。

 

簡潔にいうと、札幌方面から高速で来るなら、大沼公園の駐車場に向かう道路の途中にあるし、普通に大沼の島めぐり(大沼の散策コースをこう言う)をしていれば、必ずぶちあたる、有名な「胡月橋」のたもとにあります。

 

それでは、レストラン到着まで、しばし大沼の風景をご堪能下さい。

 

大沼の蓮の花の写真

時期が合えば、湖面を彩るハスの花を楽しめます。

 

大沼湖畔のボート写真

ボートも楽しめます。

f:id:kataseumi:20200830235357j:plain

大沼にかかる橋の写真

色々な橋があってワクワクしますね。

大沼島めぐりの途中ベンチの写真

島めぐりは結構な森。所々にベンチがありますよ。

f:id:kataseumi:20200830235235j:plain

f:id:kataseumi:20200830235435j:plain

f:id:kataseumi:20200830235439j:plain



ダイナミックな観光地が多い北海道の中で、ここはおよそ北海道らしくない雅な風景が楽しめる場所です。

ターブル・ドゥ・リバージュ到着!店内はこちら

 

f:id:kataseumi:20200830233957j:plain

 

ターブル・ドゥ・リバージュ到着しました。

 

とりあえず大沼の地ビールで乾杯。

あ~、ホテルに車を置いてきてよかった!

 

大沼ビール「ケルシュ」と「アルト」の写真

ケルシュとアルトを注文。個人的な好みとしては、「ピルスナー」が好きなんだけど。

 

地ビールが苦手な人には、サッポロクラッシックがあるので安心してください。

その他、ワインやソフトドリンクも充実。

 

ターブル・ドゥ・リバージュ店内写真


 

店内の写真。

コロナ対策で、通常のレイアウトとは違うようです。 

 

ターブル・ドゥ・リバージュのメニュー写真

メニュー。

 

こちらはメニュー。

 

アラカルトは確か無かったと思います。

他にはデザートあり。

散策に疲れたら、ゆったりお茶するのもいいですね。

 

「ターブル・ドゥ・リバージュ」は冬季も営業していますが、2020年10月現在は、夏季・冬季どちらもディナーはやっていないようですので気を付けて下さい。

 

 

テラス席もありましたが、今日は使われていないようです。

(すごく暑い日だった)

いい雰囲気ですよね。

 

ターブル・ドゥ・リバージュのテラス席の写真

気持ちよさそうなテラス席



ターブル・ドゥ・リバージュの売りは、クルーズ船でのランチ 

 

「ターブル・ドゥ・リバージュ」。

フランス語ですが、ターブルは「テーブル」の事だし、リバージュは「岸辺」という意味です。

 

なので、お店の名前は「湖畔の食卓」って感じですか。

 

「湖畔の食卓」の名の通り、ターブル・ドゥ・リバージュでは、クルーズ船の上でランチやティータイムを楽しむことができます。

 

ターブル・ドゥ・リバージュクルーズ船の料金表写真

料金表はこちら。

 

クルーズ船は、豪華な筏(いかだ)という感じで、アジアンな雰囲気ですね、素敵。

ウッドデッキがそのまま水面を滑るイメージです。

 

f:id:kataseumi:20200830235243j:plain

 

 

 カフェ・クルーズ  1500円。

 デザート・クルーズ 2000円。

 ランチ       2600円。

 

 

いずれも30分のコースです。

 

f:id:kataseumi:20200830235251j:plain

 

ベトナムみたい・・・♡

はぁ~~、早くコロナがいなくなって(もう終息とか書かない。いなくなれ!)ベトナムとか行きたいなぁ・・。

 

基本は予約制ですが、空いていれば当日やその場でもお願いできるみたいでした。

 

レストランなら味は大事!リバージュの食事は美味しかった 

 

ターブル・ドゥ・リバージュランチの写真。

ナポリタンを注文してみました。



本日は、夜にごちそうの予定なので軽めのナポリタンを注文。

 

息子はポークジンジャーを注文してましたが、美味しかったそうです。

 

ワンディッシュのランチは、サラダとピクルスとニョッキ付き。

正直『ナポリタンか・・・。』と思ったけど、意外や意外。

大人の味のナポリタンです。

 

写真だと麺がのびているように見えますが、しっかりコシの残ったアルデンテ。

ナポリタンといえばケチャップ味ですが、ケチャップ味ではなく、ワインとスパイスのきいたデミグラスソースのような深めの味わい。

 

f:id:kataseumi:20200830234927j:plain

 

ピクルスは若干甘めで、食事にアクセントを添えてきます。

 

f:id:kataseumi:20200830234229j:plain

 

そして特筆すべきはこの「ニョッキ」。

 

なんかよく分からないけど、すごく美味しかった。

家で食べるのと全然違う・・・。

 

という事で、大沼公園にある「ターブル・ドゥ・リバージュ」は、落ち着いた雰囲気で食事の出来る素敵なレストランで した。

 

郊外の観光地ではなかなかお洒落なレストランに出会えない北海道ですが、「ターブル・ドゥ・リバージュ」はすごくおススメです。

 

コロナ禍以前は予約必須で大人気だったらしいので、もし訪れる場合は予約しておくといいかもしれませんよ。

 

函館の大沼は、(ちょっと離れてるけど)山川牧場のソフトクリームやサンドイッチは美味しいし、ターブル・ドゥ・リバージュもとてもよかったです。

 

宿泊した鶴雅リゾートエプイもよかったし、大沼の島めぐりも楽しめました。

 

北海道はこれから厳しい冬ですが、春や夏の旅を考えている人は、大沼も選択肢に入れてみてはいかがでしょう??

函館市街からも遠くはありませんよ。

 

スキーをするなら、大沼や七飯のあたりはゲレンデがあります。

 

それではまた。

 

宿泊施設等の関連記事はこちらです。