【大学受験】子供の受験に、親はついていくべきか。

10月。

今年もセンター入試の申し込みが始まり、既に締め切りとなっています。

 

地方から首都圏へ、首都圏から地方大学へ・・。

大学受験は移動範囲が広域になる事も少なくありません。

 

そして、宿泊必須の遠征受験、毎年この時期取りざたされる「親は子供の受験についていくべきか。」問題。

過保護と言われようと、自立を妨げると言われようと、私の意見は

 

『悩んでいる位なら、くっついて行きなさい!』

 

です。

 

例えば、仕事の例を当てはめてみる

 

子供の受験に同行となると、過保護だとか、子離れしてないとか、自立を妨げるなんて言われそうですが、それは受験とは全く違う話です。

 

実は私も、とある人に『本当についていく人いるんだ・・。』という反応をされたことがあります。

子供にも『え、ついてくんの?』とは言われました。

 

だけど、受験について行ったくらいで自立できないなんてありえませんし、ついていかない事で、成長させるいい機会だと思うのは、受験の時は危険です。

 

大学受験は一大事。

子供の手を放すとき、それって今じゃないですよ。

 

自立の機会なんて、受験の前にも受験の後にも、いくらでもあります。

 

1人で会場にも行けないなんてと言う人もいるかもしれませんが、そういう問題ではありません。

それに、何かあってもその人助けてなんてくれませんから。

 

例えば仕事なら

①「成長させるため一人でやらせる仕事」

②「チーム全体でサポートする仕事」

とありますよね。

大学受験は間違いなく後者です。

 

親がついて行って何のサポートができるんだと思うかもしれませんが、単純に「人手」の問題です。

 

心のケアではなく、不測の事態での人手や金銭面での受験サポート

 

大学受験、大雪でも降ったりしなければ、大体何事もなく終了し、何事もなく子供は帰路につきます。

本当に大体・・、何事もありません。

 

でも、極まれに何かがあるんです。

その時にサポートできる人手は、あった方がいいでしょう。

メンタル面でも、1人でも頼れる人がいた方がいいに決まってます。

 

電車が止まった、電車が遅れた。

急な熱が出た、腹痛を起こした。

漫画じゃないけど、道で出会った困っている人を助けたいetc.

 

少しくらい遅刻しても試験を受けることはできますが、遅刻なんてしたくない。

 

こんな事が起こったら、人手が必要になりますよね。

 

f:id:kataseumi:20191015215743j:plain

 

熱が出た場合、歯を食いしばって受験するのは本人ですが、少しでも楽になるように薬を買いに行くのなら、体調の悪い本人よりも、元気な人が行く方がいいに決まっています。

 

食事や飲み物だって、試験を受けない保護者が準備すれば、時間を有効に使えます。

 

もしも行く途中で困っている人を見つけたら、同行者がヘルプしてあげれば、本人は先を急ぐことができます。

 

何かがあったとき、手配したり調べたりするのなら、人手があった方が早く解決できる確率が上がります。

 

そして、予定外の出費があった場合、その場で解決できるお金を持ち合わせているのも、親ですね。

 

大体何もないけれど、何かあったときに、同行者がいるといないのとでは結果が違います。

私は、こういう理由で、「悩んでいるなくらいなら、子供の受験には付き添った方が良い。」と思っています。

 

脅かすようなことを書きましたが、実際はうちでも何も起きませんでした。

 

ただ、受験前後にインフルエンザになったお子さんは、知り合いにいます。 

 

大体何も起こらないので、受験に同行する事が過保護だと言われます。

でも、何かがあった時、失敗したら受験は1年棒に振ります。

 

もう1人いれば回避できたり解決出来たかもしれない事で、我が子は後悔しないのか、いや、自分は後悔しないのか?

私はそこを考えます。

 

長期滞在なら、近くに図書館などがある場所がおススメ 

 

さて、受験の同行で、一番心配なのは親子喧嘩ですよね?? 

 

1泊位ならいいけれど、数日滞在するならば、ピリピリとしたわが子と狭いホテルの部屋‥、想像しただけで「ゾォ~・・・」っとします。

 

うちは実家が東京方面だったので、受験期間は実家へお世話になりました。

そして、日中は食事以外子供と顔を合わせないようにしました。

ウザがるしね。

 

ホテルの狭い空間なら、なるべく一緒にいる時間が少ない方がいいでしょう。

そうなると、日中は親が出ていくか・・。

別に親が遊びに行ってもいいのですが、ホテルの机や部屋って、勉強するのにあまり向いていないです。

 

ここは、ホテルを取る前に、近くに何があるのか調べておきましょう。

図書館や自習スペースがある所ならベターですね。

というか、図書館が近くにあるような場所にホテルを取るのがおススメです。

 

f:id:kataseumi:20191015215817j:plain

 

受験する大学の近くというのは必須条件ですが、何校か受験する場合、そういう事も考えておくといいですよ。

 

カフェで勉強・・は、私はおススメしません。

 

うるさいし、カフェに迷惑だから。

 

先日永田町に宿泊した際に、『受験にぴったりだな』と思って書いた記事があるので、早稲田やMarchなどが志望校に入っている人は、この記事を参考にしてみてください。

 

www.kataseumi.com

 

www.kataseumi.com

 

永田町には、国会図書館があります。

「全国町村会館」は、国会図書館とは目と鼻の先にあります。

永田町には、意外とリーズナブルな宿が結構あるんですよ。

 

下のリンクは、全国町村会館と並ぶリーズナブルな永田町の宿ルポール麹町です。

 

 

港区の麻布には、夜9時まで利用できる「都立中央図書館」があります。

その他にも自習できる図書館やスペースは結構あるので、受験校が決まったら調べてみましょう。

 

地方から東京や大阪等の大学を希望する場合、日帰りや1泊では済まない場合も・・

 

大学受験、1校だけ遠征する人、地元の大学しか受験しない人さまざまだと思いますが、我が家の子供はとにかく東京の大学に行きたかったので、受験校はすべて東京の大学でした。

 

しかも、私大文系・・。

 

国公立の日程は少しズレますが、主要大学の受験となると、2月の1週目後半くらいから3週目の間位に受験日程が詰まります。

 

受験する数や範囲、距離にもよりますが、うちは北海道からの受験だったため、受験期間は東京へ長期滞在しました。

 

東京受験目指す子は他にもたくさんいましたが、聞いてみたら、ホテルや親戚宅を頼り、受験期間中は行き来をせずに、やっぱり長期で滞在していました。

 

今や少子化で、大きな大学は地方で受験させてくれるところもあるけれど、まだまだ大学まで赴いて受験するというのが一般的です。

 

結局私はびっしりついていき、受験の日は一応大学までは一緒に行きました。

 

保護者の控室を設けている大学も今は多いですよ。

私は利用しなかったけど、結構地方から来ている保護者は利用していたみたいです。

 

受験期間の滞在となると2泊3泊は当たり前です。

うちは10日間びっしり。

親戚宅や公共の宿、実家があれば尚更いいですが、受験という環境を考えれば、泊まる場所は肝心です。

 

時期になると、各旅行会社では『受験生応援プラン』などの売り出しも始まります。

受験間近になると泊まる場所を確保するのも難しくなります。

 

戦場に到着できなければ、戦に参加することも不可能。

 

受験する大学から宿泊地を絞ることもできますし、連泊になると料金が安くなったりもしますので、早めにチェックしておきたいですね。

 

 今日の記事は、悩んでいる位なら外野の声は無視して受験に同行した方がいい。という内容でお送りしました。

 

各家庭の考え方や教育方針もあるので、『うちは一人で行かせる。』という考えあっての一人旅なら全然いいと思います。

お仕事や家庭の事情で同行できない場合もあるでしょう。

 

納得の上同行しないのなら、私がこんな記事でどうこう言う必要はなく、心配もほとんどありません。

それに、そういう方はこの記事に辿り着く検索はしないでしょう。

 

でも、『他の人達はどうしているんだろう・・?』と検索したなら、一緒に行った方がいいと、私は思いますよ。

 

それではまた。

読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク