活イカ食べに!函館・大沼の旅③ 活イカげっと!!

こんにちは、かたせうみです。

②から引き続き、ホテルへチェックインしての③です。

活イカの写真や記事は、後半となりますので、よろしくお願いします。

 

ホテルへチェックイン後夕食

 

ホテルへチェックイン後、これからひと風呂浴びて、夕食を食べにベイエリアの『函館ビヤホール』へ行く予定です。

 

ホテルのレビューはこちら。

ラビスタ函館ベイへ泊まりました【朝食写真付きレビュー】 - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

ところが、HPを見てみたら「本日は貸し切りの為、一般のお客様はご利用できません」て・・・・

 

えっ?!マジですか?

 

以前泊まったホテルからもお勧めされてたし、メニューも豊富で雰囲気もいいから今回楽しみにしていたのに!!

ひどい~!!

 

 

因みに、今日宿泊している「ラビスタ函館ベイ」の向かいは、レストラン街。

まるかつ水産という回転寿しやジンギスカン、函館ラーメン等などあるのですが、娘の気持ちがもう

 

 

肉とソーセージがないと耐えられない!!

 

 

 

と言っている。

 

仕方ないので、近くにあるもう一つのビアホール『函館ビール』に行きます。

 

下は函館ビヤホールHPのリンクです。

函館ビヤホール * 函館ベイエリア・金森赤レンガ倉庫のビールの美味しいレストラン

 

 

函館ビール到着

 

函館ビールの写真

 

函館ビールは、大きなビアタンクを店内で見ながら食事ができる、クラフトビールのお店。

でも、前に来た時よりメニューが減っているような・・・・。

 

f:id:kataseumi:20180813215157j:plain

 

クラフト飲み比べセット。

ネーミングがいいですね、ビールは安定の美味しさです。

 

店内は明るめ。

夜には2回ほどピアノの生演奏もありますが、どちらかというと、『ビールの美味しいファミリーレストラン』という感じです。

 

2杯目のビアカクテルと、骨付きソーセージ。娘よ、君の願いは叶えたぞ。

食事も済んで、午後8時。

ホテルに帰るのもちょっとね、という事で、カラオケへ。

しかし、ベイエリアの夜は早く、カラオケは近くにはなし。

 

探せばベイエリアにも素敵なバーがあるみたいなんですが、未成年の 娘とでは行けません。

 

ここはやっぱり、五稜郭まで出ないといけませんかね・・・。

因みに、湯の川あたりもパチンコ店や居酒屋以外、夜は遊べませんからご注意。

遊ぶなら、五稜郭です。

 

ということで、市電に乗って五稜郭へ

 

ベイエリアから五稜郭までは、市電に乗って20分程度。

夜の市電は情緒というか、ある種の雰囲気があります。

 

f:id:kataseumi:20180813214330j:plain

 

来た来た・・・この雰囲気、この感じ・・・。

なんか・・・、あれだよね、あれを思い出す・・・。

 

「昔は帰りの列車もあったが、最近は、行ったっきりもどてきやしない。」ていうあれ。

 

そう、これ。

 

f:id:kataseumi:20180829210422j:plain

 

市電に乗って、はるばる五稜郭で各々マニアックな歌を歌い、夜は更けていく。

 

夜の市電は通勤・通学の利用者も多く賑わっていますが、夜10時には終電となりますのでご注意ください。

また、函館市の条例では、18歳未満のカラオケは保護者同伴でも夜10時までとなります。

 

2日目朝、あさイチの食堂へ問い合わせ。 

 

さて、2日目の朝です。

朝食を終えて、とりあえず朝市の食堂へ電話してみます。

 

 

すみません、今日は活イカ入荷していますか?

 

 

はい、ありますよ~!

 

 

 

 よしっ!!!!!

 

昨日の夜遅く、遠く漁港方面にぽつぽつと漁火らしきものが見えたので、私は確信していた。

 

よしっ!

朝市へ行くぞ!!!

 

函館朝市到着 

 

f:id:kataseumi:20180813214356j:plain

f:id:kataseumi:20180813214353j:plain

 

昨日は少し閑散としていた朝市は賑わっている!!

そして、各店内の生簀にはイカが泳いでいる!!

 

1杯1400円は、大体どの店でも同じ(協定か?)。

 

夜のちょっとしたお店が2500円位で出しているから、この値段はまぁまぁお安いという事でしょう。

 

f:id:kataseumi:20180813214355j:plain

f:id:kataseumi:20180813214358j:plain

函館朝市イカ釣りの写真
こちらは、朝市内にあるイカ釣り。

 

 

それでは、活イカを食べるぞ!

 

活イカです。

 

f:id:kataseumi:20180813214920j:plain

 

う・・、美しい~!!

 

活イカなので、足を触れば、まだ動きます。

北海道で言う「真イカ」とは、スルメイカの事。

漁期は6月~12月、それ以外の時期はヤリイカが提供されますが、函館でイカと言ったら、ゴロも大きい真イカです。

 

新鮮なゴロと、コリコリとした食感はシメたばかりでないと楽しめません。

 

正直、自己消化が始まる前で、残念ながら甘味とか旨味はほとんどないんですが、夏のイカは季節感と透明感と食感を楽しむという事で。

 

ゲソ部分は、頼むと再調理してもらえます。

通常、お刺身以外にも「天ぷら」か「バター焼き」で選べるんですが、この店はお刺身オンリー。

で、これ。

 

f:id:kataseumi:20180813220703j:plain

 

なかなかのビジュアルです。

なにも、こんな風にしなくても~・・(´;ω;`)

ゲソは、すごくおいしかったです。

 

f:id:kataseumi:20180813214941j:plain

 

こちらはホヤ刺しと、ノンアルビール。

 

みて下さい、鮮やかなオレンジ色。

 

ホヤは、嫌いな人や食べたことがない人が多いと思うんですが、磯の香りとわずかな甘味、ちょっとのえぐみと苦みがあって、新鮮なものはとても美味しいのです。

 

通常は、三杯酢等でいただく事が多いですが、新鮮なものは、水貝やお刺身で提供されます。

お値段は600円位でしたが、肉厚で新鮮でキレイに処理してあって、とても美味しかったです!!

 

お刺身なので、わさび醤油がついてきますが、私のお勧めは塩です。

 

塩で食べると甘さが引き立って、エグ味も少なくなってとても美味しいんですよ~!

 

イカは安定の味でしたが、ホヤが大当たりで大満足。

 

魚のウンチクをたれたところで、④へ続く。

 

読んでいただき、有難うございました。

 

①はこちらです。

活イカ食べに!函館・大沼の旅① - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

活イカ食べに!函館・大沼の旅②旧函館区公会堂とイギリス領事館から八幡坂へ - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ