おとも deマイルで、大阪・京都①

こんにちは、かたせうみです。

GW初日から、2泊3日で大阪・京都へ行ってきましたので、レポートします。

 

地味にちまちまマイルをためて、「おともdeマイル」を利用しました。

本日は、「おともdeマイル」の説明と、旅立ちから関空到着までの記事です。

よろしくお付き合いください。

 

ゆるい陸マイラーの記録はこちらでどうぞ

自称陸マイラーの地味な活動① - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

 

 

f:id:kataseumi:20180430200503j:plain

 

今回のプランは以下の通りです。

 

1日目

 

北海道新千歳空港から関西国際空港へ。

ホテル(リーガロイヤル)にチェックインし、道頓堀でたこ焼きとお好み焼きを食し大阪を満喫。

 

2日目

 

早朝から京都へ移動し、伏見稲荷と清水寺を散策。

祇園へ移動し、有名店「都路里」で抹茶パフェをいただく。

 

3日目

 

ホテルでゆったり過ごし、夕方の便で帰宅。

 

おともdeマイルで京都へ行こう!

 

 

娘、GWはどこ行く?。また台湾とか、タイとか・・??(経済的な理由でハワイとかヨーロッパは選択肢として出てこない。)

 

 

もう海外は行きたくない・・・・。

 

 
 

ええっ!!?なぜ。

 

 

こわいし・・。京都とか行ってみたい。抹茶スイーツ食べに・・。

 

 

・・・(# ゚Д゚) このっ、ヘタレめっ!!!

 

 

 

という事で、GWは京都に決定。

古都に興味でもなく、抹茶スイーツが目的。

いいよ、私は大阪のタコ焼きとお好み焼きを楽しみに・・・。

 

私が京都へ行くのは修学旅行ぶり。

大阪は6年ぶりです。(ユニバーサルと天保山へ行った。)

今こそマイルを使うとき。

いつ使うの?今でしょ!!

たくさん貯まってないけど。

 

おともdeマイルとは!? 

 

てなわけで、おともdeマイルの説明です。

マイル貯めてる方はご存知かと思いますが、「おともdeマイル」は、JALのマイルプランです。

 

本人は通常のマイルより少ないマイルで航空券が取れて、 同行者は格安の航空運賃で飛行機に乗る事ができます。

 

北海道ー大阪往復を例にとると、通常15000マイルで往復するところ、10000マイルで航空券が取れます。

同行者は、時期や便によって金額は様々ですが、格安で航空券を購入することが出来ます。

 

今回は、GWの札幌-大阪。

娘に払った金額は26000円です。

連休中の先得料金が32000円位ですから、かなりお安い気持ちです。

 

また、航空券のマイル利用は、本人、本人の配偶者、及び2親等以内の家族、義兄弟の配偶者までしか利用できませんが、「おともdeマイル」の場合、4人以内のグループなら友人や知人でも使うことが出来ます。

(有料ですが。)

 

スポンサーリンク

 

 

そんなこんなで、1日目出発 

 

そんな事で、旅行予定の2か月前にマイル予約。

比較的早朝にアクセスしたのに、あさイチの伊丹空港はすでに売り切れ。

仕方がないので、11時発の関西国際空港便で一路大阪へ・・。 

 

関西空港、街まで遠いんだよね~・・・・。

 

関空到着!ひ・・・、広いわ!

 

飛行機は満席の割にトラブルもなく定時出発。

つつがなく関西空港に到着し、手荷物受け取り。出口を出ると・・・。

 

おおっ!さすが国際空港!!

広い!

 

伊丹空港しか知らなかった私はちょっと衝撃。

そして、到着口を出ると、すぐにヱビスバー!! 

 

f:id:kataseumi:20180510014824j:plain

 

ずらっと並ぶビアサーバー

素敵すぎる・・・・。

 

f:id:kataseumi:20180430191009j:plain

 

関空は遠いから速攻で移動する予定でしたが、急遽予定変更。

とりあえず、ビール飲まないとダメでしょ!!

という事で、お昼は空港で食べる事にしました。

フードコートものれん街のようになっていて魅力的です。本屋も広い。

 

まずはヱビスバーで一人乾杯

 

とりあえずビールで一人乾杯。

娘は一人で探検に行った。

 

f:id:kataseumi:20180430193835j:plain

これを頼みました。抹茶のビアカクテル、関西限定だって。

f:id:kataseumi:20180430190817j:plain

 

おおっ!意外なマリアージュ!!

苦いビールと苦い抹茶の絶妙コンビネーション。

ビールの味を邪魔することもなく、全く甘くありません。

抹茶の味は、後から来る感じ。

 

ご馳走様でした。

 

ヱビスバーには、お食事やランチもありますが、大阪に来たなら、タコ焼きですよ!!

 

空港にあるたこ昌

 

f:id:kataseumi:20180430193838j:plain

f:id:kataseumi:20180430193839j:plain

 

「たこ昌」は、道頓堀に本店を置くたこ焼き屋さん。たこ焼き割烹なるお店も展開しています。

 

takomasa.co.jp

 

ねぎたこ720円かぁ~・・・。たこ焼きにしては、お値段高め・・。

空港価格なの??

 

とりあえず、タコ焼きを頼みます。

 

じゃ~ん! 

 

f:id:kataseumi:20180430193836j:plain

f:id:kataseumi:20180430193837j:plain

 

お・・・・、おいしぃ~!!

 

空港のお店だったし、あまり期待はしていませんでした。

が、ふわっとろでアツアツのタコ焼き、さすが大阪、うんまぁ~い♡

大体の食べ物がおいしい北海道でも、お好み焼きとたこ焼きは、美味しいお店に未だかつて出会ったことがありません。
(要するに、あまりおいしくない。粉っぽい物が多い)

 

いつの頃からか、北海道ではお好み焼きのお店には行かなくなりました。

札幌に千房もあるんだけど、ちょっと違うのです。

 

ぼてぢゅうも、東京にもあるけどちょっと違った。

 

やはりお好み焼きとたこ焼きを愛する大阪・・・。

生存競争は厳しいというわけですか・・・。

 

・・・・、『おいしくなければ、生き残れない・・。』(BY仮面ライダー龍騎)

 

関空から大阪へ・・。 

 

たこ焼きも食べ、本屋を散策し、この辺で、大阪へ移動します。

 

f:id:kataseumi:20180430193840j:plain

 

空港から駅までは、この様なコンコースを通ってすぐ。

地下から移動する羽田とは雰囲気が違って、開放的です。

 

f:id:kataseumi:20180430193843j:plain

 

これは、駅から空港へ向かうときの看板。

 

f:id:kataseumi:20180430193841j:plain
f:id:kataseumi:20180430193842j:plain
駅は、広くて明るい。

私は、関空快速とかの電車移動をしたかったのですが、バスにこだわる娘に負けて、この後引き返し、結局リムジンバスで移動することになりました。

 

関空の場合、電車移動もバス移動もあまり時間に差はないみたいでした。

途中下車の予定がないなら、バスの方が楽かもしれませんね。

 

f:id:kataseumi:20180430193846j:plain

 

バス停車場は、階段を下りて一階です。

f:id:kataseumi:20180430193845j:plain
f:id:kataseumi:20180430193844j:plain
行先案内板。

f:id:kataseumi:20180430193848j:plain

 

これに乗ります。

お値段1550円・・・・。高いね。

f:id:kataseumi:20180430193850j:plain
f:id:kataseumi:20180430193851j:plain
車窓からの風景。海も見えます。

 

所要時間1時間10分程度。

バスは、すぐに高速に乗り、渋滞知らずで大阪まで。

大阪駅も、高速降りたらすぐです。びっくり・・・。

JR利用と、時間が大して変わらないなんて驚きです。

 

バスは大阪へ到着。

 

②へ続く。

 

読んでいただき、ありがとうございました。 

スポンサーリンク