Web販促EXPO【夏】へ行ってきました。①

こんにちは、かたせうみです。

 

今や、マーケティングの分析やコンサルもAIが行うというのは既知の事柄ですが、一体何があるのか??

AI不毛地帯ともいわれる(?)教育現場ですらも、新たな試みによって改革がなされようとしています。

 

というのは、ちと大げさな言い方ですが、本日は東京ビッグサイトで行われた「Web販促EXPO【夏】」に行ってきましたので、せっかくだから、ざざざ~っと会場の様子などをレポートしたいと思います。

 

今回は、販促や広告、営業支援等のブースの紹介で、②では、教育関連のブースを紹介したいと思います。

 

Web販促EXPO会場ビッグサイト到着!

 

f:id:kataseumi:20190622115946j:plain

 

東京ビッグサイト到着しました。

 

コミケぶり~・・。

今日もまずまずの人出ですが、コミケの時はとんでもない事になってるからな~・・。

それに比べれば、とっても空いているという感じです。

 

こっちは、コミケの時の写真⤵

f:id:kataseumi:20181229191032j:plain

参考:コミケ時の人出

 

入ったら、受付を済ませましょう。

 

f:id:kataseumi:20190622120003j:plain

 

今日の展示は、企業のマーケティング担当者や、Web広告の導入などを考えている企業向けの展示会です。

一応私もアシスタントで参加しており、受付では、名刺の提出や登録が必要になります。

 

じゃちょっと行ってみますか・・。

 

Web販促EXPO内部の様子

 

会場は混雑しているものの、そんなに人とぶつかり合う事もなく割と見やすいです。

沢山の会社さんが出展していますが、広告やSEOコンサル、アプリ開発など大まかなジャンルに分かれていて、興味があれば、その場で商談に入れます。

 

とはいうものの、今日は展示を見て、後日商談という形が多く、会場では料金形態などの情報を得て引き上げる人が多そうです。

 

f:id:kataseumi:20190622120110j:plain

f:id:kataseumi:20190622120021j:plain

 

入り口付近には、派手で大きな会社が多い。

 

f:id:kataseumi:20190622120037j:plain
f:id:kataseumi:20190622120053j:plain

 

 

日本マーケティングリサーチ機構。

市場調査や実績調査の会社さん。

ナンバー1のブランドロゴにより、他社と差別化して、自社製品をブランディングしましょうとの事。

 

で、この会社さんは、リサーチなどにより、ナンバー1を証明してくれるそうな。

 

ナンバーワンが証明できれば、このブランドロゴを検索画面等にも貼れるわけです。

多分ね。

滞在2分だったので、いただいたチラシより抜粋。

 

ん~、じゃあ、かたせうみのブログは『ぼんやり主婦ブログナンバーワン』とか・・、いいですね。

 

f:id:kataseumi:20190622120144j:plain

 

さっきはSAのネクスコ中日本が出展していたけど、こっちは道の駅ですね。

フリーペーパーの会社さんです。

 

入り口付近は、広告やプロモーションの出展が多いですね。

色々な所で見かける、親近感のわく出展者です。

ベルメゾンなども出展していましたが、今回の仕事とは全く関係ないので見ることはできませんでした・・。

(すごく興味あったのに・・)

 

出展者が星の数ほどあるので、事前に会場地図等で確認してから回った方がよさそうです。

 

Web関連と言えば、このあたり?

 

f:id:kataseumi:20190622121144j:plain

 

でた、AIツール・・。

 

f:id:kataseumi:20190622121109j:plain

 

この辺りは、SEOや分析、リスティングやコンサルを始めとした会社が出展しているブースなんですが、キャッチには必ずと言っていいほど「AI」の文字が・・。

 

f:id:kataseumi:20190622120650j:plain

 

金額は聞いていませんが、企業向けなのですごく高いんじゃないかと・・・。

しかし、「ボンクラ3人雇うくらいなら、AI買った方が利益が高い。」というのは、同行者の意見・・・。

 

f:id:kataseumi:20190622120601j:plain
f:id:kataseumi:20190622120616j:plain
興味深い・・

 

キーワードマップ・・。

これは、ブログとも関係するので、個人的にすごく興味がありますね。

こんなの使われたら、個人のブログは歯が立たないじゃんね・・。

 

f:id:kataseumi:20190622120546j:plain

 

キーワードを入れると、それに関連したSNSなどでのつぶやきが収集できるツールなどもあるらしいですね・・。

 

f:id:kataseumi:20190622120723j:plain

 

giftee。

デジタルギフトの会社さん。

ツイッターとかで、フォロー&リツイートでギフトが当たるあれです。

 

来店した顧客にその場でデジタルギフトをプレゼントすることも可能。

この辺は、知名度も高いし、もう生活の中に入り込んでる感じですね。

 

f:id:kataseumi:20190622120254j:plain

 

ああっ、いつもフリー画像でお世話になっています・・。

今回の仕事とは関係なく素通り・・。

 

f:id:kataseumi:20190622120224j:plain
f:id:kataseumi:20190622120239j:plain
動画ビジネス

f:id:kataseumi:20190622120337j:plain

 

Liny。

ライン公式アカウントの拡張ツールです。

 

f:id:kataseumi:20190622120410j:plain
f:id:kataseumi:20190622120353j:plain
ライン公式アカウントをビジネス利用に・・

 

ピンポイントでの販促や情報配信が可能になるそうだ。

ラインで簡単なアンケートを実施すれば、興味のある範囲や地域を特定できるので、よりコンバーション率の高い案件を配信する事が可能。

来店ポイントなどの販促ツールも、全てラインで完結と・・。

 

f:id:kataseumi:20190622120444j:plain

 

写真を撮っていたら、わざわざ顔を出してくれた、ノリのいいスマホアプリ開発の会社さんです。

 

f:id:kataseumi:20190622120459j:plain
f:id:kataseumi:20190622120428j:plain

 

営業支援ツールなど

 

f:id:kataseumi:20190622120753j:plain

 

このあたりから、営業支援ツールの出展者さんが続きます。

 

f:id:kataseumi:20190622120738j:plain

 

f:id:kataseumi:20190622120917j:plain

f:id:kataseumi:20190622120950j:plain
f:id:kataseumi:20190622120934j:plain
ちょっと人気のあったSPEEDAのブース

f:id:kataseumi:20190622121005j:plain

 

チャットボットのチャットプラス株式会社。

これ、あれだね、困ったときにチャットで相談するやつ~。

 

色々な使い方があるようですが、一般的になじみ深いのが、よくあるお問い合わせに答えてくれるあれですね。

 

営業時間外の問い合わせにもチャットボットが対応してくれるので、人件費の削減や、機会損失を抑える役目も果たしてくれるとの事。

 

煩わしく煩雑になりがちな部分をAIに任せて、空いた時間を人対人の部分に使うという・・。

 

f:id:kataseumi:20190622120901j:plain

 

おっと、入札情報速報サービス・・。

 

入札=談合というイメージですが、今はかなり厳しくて、建設会社さん等も悪戦苦闘しているようです。

昔は暗号が流れたなんて話も聞きますが、今は違うらしい。

 

入札もオンライン化が進み、今はほとんどPCから。

建設関連の友人に聞いたら、入札時はマウス持つ手が震えるそうだ。

 

f:id:kataseumi:20190622120845j:plain

 

詳しくは聞いていませんが、案件情報が見つかるということは、地元以外での入札も取れる可能性があるという事ですよね・・・。

 

f:id:kataseumi:20190622121305j:plain

 

最近CMでもやっている、AIによる法人向けクラウド名刺管理ツール。

 

一枚の名刺から、その人の情報やスケジュール、繋がり等、何から何まで管理できるうえ、名刺をスキャンしておけば、オンラインの経済誌などから人事異動のニュースも入るらしい・・。

AIと人力で、名刺を高精度にデータ化し新たなビジネスチャンスが生まれるかもしれないとの事。

 

管理するのが名刺という事で、ジャパーニーズビジネス感がありますね。

 

こういうの、ホステスさんとかが使ったらよさそうだけど、キャバ嬢やホステスさん用の管理ツールは、専用のものがあるらしいよ。

 

次回に続く。

 

 

次回は「教育現場もAIで変わる?Web販促EXPO【夏】へ行ってきました。②」です。