【鵡川(むかわ)ししゃも祭り】森高千里が登場

f:id:kataseumi:20181103181448j:plain

 

こんにちは、かたせうみです。

11月3日と4日、北海道の鵡川(むかわ)町で「ししゃも祭り」が開催されます。

 

ししゃもは鵡川の名産で、獲れるのは、鵡川と釧路の一部位なんですよ。

 

ししゃもといっても、通常スーパーで売っているノルウェー産の「キャペリン」とは全く違う種類で、とても希少。

味も繊細で、とっても美味なんですよ。

 

本日は、出好きの夫に半ば無理やり連れられて来ています。

どこからか、シークレットゲストとして森高千里が登場するらしいと情報を仕入れて来たようです。

 

・・・、夫は昔、ファンだったからね・・。

 

イベントは、午後1時からですから、さっさと出発しますよ!

 

f:id:kataseumi:20181103174004j:plain

 

むかわ到着!!

 

むかわししゃも祭り駐車場
タンポポ広場が駐車場となっている。

f:id:kataseumi:20181103174006j:plain

 

ギリギリまだバイクツーリングも楽しめる。

晴れてよかったね。

この「タンポポ広場」は、春になると一面タンポポに覆われる広大な広場。

 

なんてことの無い、緑の空き地です。

駐車スペースに困らないのが、地方のいい所ですね。

 

f:id:kataseumi:20181103174003j:plain

仮設住宅や、地震で歪んだ地面。未だ復興中だという事を思い出させます。

 

会場は、近くの「むかわ中央小学校」

 

ししゃも祭り会場の様子
ししゃも祭りの会場です。

たんぽぽ公園から歩いて数分、「ししゃも祭り」の会場に着きました。

 

ししゃも祭りの会場は、むかわ中央小学校のグランドと、かなりローカル。

ローカルながらも、駐車場には旭川ナンバーや釧路ナンバーの車もあり、お昼の時点で、約3000人が来場していた模様。

 

個人的には、緑豊かなたんぽぽ公園が会場の方がいいような気もしますが、トイレの問題等で、こちらが会場となっているんでしょうか?

 

駐車場から会場まで、点々と鵡川高校の球児達がボランティアで案内をしています。

皆、礼儀正しくて爽やかです。

偉いよ!

君達!!!

 

f:id:kataseumi:20181103173958j:plain

f:id:kataseumi:20181103173844j:plain

人気商品は早くも完売・・・。

むかわの地酒写真
地酒とビール(ノンアルだけど・・)

f:id:kataseumi:20181103173843j:plain

 

小さめの規模のお祭りの割に、すごい行列と報道陣。

報道取材は毎年来るけど、今年は「震災復興」という事で、被災5市町が出店を決めた事でも、カメラが多いなという気はします。

 

むかわ町紹介

 

むかわ町は、農業が主体の、のんびりした田舎町。

お米や野菜、ししゃも意外にこれといったアピールポイントは無いけれど、ゆったりした雰囲気が、とても感じのいい町です。

 

また、スピードスケート銀メダリスト、田畑真紀さんの出身地でもあり、ノーベル化学賞を受賞した鈴木章さんの出身地でもあります。

 

忘れてならないのは、今日ボランティアをしていた爽やかな鵡川高校野球部。

鵡川高校野球部は、春の選抜甲子園に、3度の出場経験があります。

  

森高千里登場!

 

f:id:kataseumi:20181103173859j:plain

 

午後1時から芸能事務所「アップフロント」の歌手がイベントを行う告知ですが、森高千里はシークレットゲストです。

でも、地元の人たちはみんな知っていたみたいで、気づけばステージ前は黒山の人だかり。

一眼レフのおじさんもいます。

 

後ろからは、「やっぱりね~!!」という声が聞こえます。

正式な告知は出来ないけど、集客の為口コミで広げてたんでしょうなぁ・・。

でないと、夫の耳にまでは入るまい。

・・・お隣は、お漬物の話をするおばあちゃんたち。

 

そして森高千里は、やっぱり可愛かった・・。

 

f:id:kataseumi:20181103173905j:plain

f:id:kataseumi:20181103173920j:plain

f:id:kataseumi:20181103173937j:plain

f:id:kataseumi:20181103173935j:plain

 

昔と変わらぬ弾む歌声。

もう、昔みたいに奇抜な衣装で踊ったりはしないけど、可愛い感じは変わらない、芸能歴も長いのに素人っぽさを残すちょっと不思議な人。

会場からも、可愛い・・、可愛い・・・♨とため息がもれていました。

 

森高千里の故郷は熊本で、熊本の震災の時も大変だったとMCで語ってました。

 

「私がおばさんになっても」、「渡良瀬橋」、「ララサンシャイン」の持ち歌3曲を軽やかに歌い上げて、涼やかに去っていきました。

 

f:id:kataseumi:20181103173929j:plain

f:id:kataseumi:20181103173904j:plain

 

因幡晃と堀内孝雄も来ていたよ!

 

今日のイベント、司会は田中義剛、他にもゲストは因幡晃、杉田二郎、堀内孝雄と、渋いながらも豪華メンバー。

やっぱり復興のために来てくれたのかな?

 

むかわ町のイベントとは思えない豪華さです。

 

因幡晃も3曲披露。

喋りがすごく面白くて、年季を感じさせます。

 

f:id:kataseumi:20181103173940j:plain

 

昼間からエロいセクシーボイスの因幡晃、失礼な言い方だけど、すごいうまかった・・・。

これがプロですね、すごかったなぁ・・。

ファンになりそう

  

この方は、YAMAHAのポプコン出身なんですが、どうしても中島みゆきに勝てなかったという、面白い話も聞けました。

 

田中義剛と堀内孝雄

 

さて、大変な行列で、あまり何も食べられないので、会場を後にします。

夫は森高千里が見られれば満足だもんね。

お腹もすいたので、ししゃもが食べられる場所へ行きますか・・。

 

ししゃもで有名な大野商店も激混み!

  

お祭り会場で食べられなかったから、大野商店でししゃも寿司でも食べて帰ろうという事になり、車を移動させます。

 

鵡川には、ししゃもを加工する会社が2社ほどあります。

どちらも有名ですが、「カネダイ大野商店」では、店内で焼きししゃもやししゃも寿しが食べられることで有名です。

 

カネダイ大野商店写真

f:id:kataseumi:20181103174017j:plain

 

が、甘く見ていた、この時期の大野商店を!

 

f:id:kataseumi:20181103174009j:plain

 

凄い行列です。

ししゃもを買う列と、店内で食べる列。

 

平日は結構閑散としている所なのに( ゚д゚)

 

鵡川ししゃもは、今や冷凍で通年で出回っていますが、やっぱり旬は秋。

味が違います。

並んでみたものの、様子を見に行くと、ししゃも寿し」ないじゃん!!

 

 

売り切れか、仕方ないから次のお店へ・・・。

 

ぽぽんた市場

 

f:id:kataseumi:20181103174022j:plain

 

ぽぽんた市場は、大野商店のほど近く。

道の駅のようでもありますが、ちょっと違う。

 

むかわ産の野菜や、丸中舛岡水産のししゃもが購入出来たり、地元で獲れた魚料理が食べられる食堂がある所。

 

今日は天気もよく、ししゃもの外売りもしています。

 

f:id:kataseumi:20181103174019j:plain

丸中舛岡水産のししゃも
丸中舛岡水産のししゃも

これが、鵡川のししゃもだよ!

 

もう夕方だけど、ご飯です。 

 

時刻はもう夕方近く。

特に観光地でもない、鵡川のぽぽんた市場の食堂は狭い。

 

そして今日は並んでいる・・。

でも仕方ないから並ぶことにします。

 

f:id:kataseumi:20181103174024j:plain

ししゃものお刺身もあります。

f:id:kataseumi:20181103174025j:plain

 

お刺身定食600円て、安くない?!

いくら丼は700円て・・・嘘でしょ?

お隣の子が頼んでいたけど、立派ないくら丼でしたよ。

 

お食事到着

 

ししゃものお刺身の写真

ししゃものお刺身

これが、ししゃものお刺身です。

 

白身だけど脂がのってて、つるんとした口当たりで、身は柔らか。

臭い所が全くなく、くせがなくて美味しいんですよ~。

ししゃもは小さいから、お刺身にするのは大変そうですね。

 

f:id:kataseumi:20181103173722j:plain

 

夫のししゃもセット。

お刺身と、フライと、焼きししゃもです。

 


 こちらは、お刺身定食。ししゃものフライもついています。

 

お刺身は、「マツカワカレイ」と「平目」、「フクラギ」。

ほうれん草の胡麻和えが嬉しいですね。

 

サイズはコンパクトだけど、ちょうどいい量で美味しかったです。

これで600円て、学食より安いよ(゚д゚)!

 

ということで、本日の記事はおしまいです。

読んでいただいて、ありがとうございました。

 

f:id:kataseumi:20181103201059j:plain