【さとふる100億キャンペーン】来年の住民税に間に合わせるなら【ふるさと納税】は12月31日までに決済を!

注意: 2018年のさとふる100億キャンペーンは既に終了しています。

 

ふるさと納税についての他の記事は、こちらからどうぞ。

 

www.kataseumi.com

 

100億円還元キャンペーン | ふるさと納税サイト「さとふる」

 

こんにちは、かたせうみです。

 

つい最近、「paypay」が100億あげちゃうキャンペーンで盛り上がってましたが、あっという間に終了しましたね・・。

paypayに続けとばかりに、年末にかけて色々な所でキャンペーンが始まっています。

 

これまでいくつかふるさと納税の記事を書いてきたので、今日は「さとふる」の100億円キャンペーンを紹介します。

 

ふるさと納税の仕組みは、こちらの記事をご覧ください。

www.kataseumi.com 

www.kataseumi.com

  

 さとふる100億円還元キャンペーン概要

 

 「さとふる」は、HPによると、認知度・利用意向ナンバーワンのふるさと納税サイトだそうです。

私も登録していますよ。

 

今回の「さとふる」のキャンペーン内容は、以下のようになっています。

 

 

キャンペーン期間

 

2018年12月15日(土)~12月31日(月)

 

プレゼント内容

 

キャンペーン期間中の合計寄付金額が5,000円以上で、それぞれの寄付につき寄付金額の3%~最大10%分のAmazonギフト券をプレゼント

 

キャンペーン対象

 

本キャンペーン期間中にふるさと納税サイト「さとふる」の会員(キャンペーン期間中に会員登録していただいた方を含みます)で、「さとふる」にログインの上寄付した合計金額が5,000円以上の方。

 

さとふるでは、2018年11月14日(水)以降、キャンペーンコードを入力して寄付することを条件としてAmazonギフト券を総付け(※)でプレゼントするキャンペーンを行っております。景品表示法の定めにより、これらのキャンペーンの対象者の方は本キャンペーンの対象となりません。

 

(※総付け:抽選を条件とせずもれなく景品を提供することを指します)

 

 

まずは、会員登録をして、ログインしてから寄付をしないと無効みたいですね。

それから、災害支援金の申し込み、かつ返礼品を希望しない場合は該当しないとの事。

 

気になるAmazonギフト券の配信は、2019年3月頃に配信となります。

ちょっと先か・・。

でも、3月・4月は色々と要り用なので、その頃にちょっとしたギフト券があると嬉しいですね。

 

注意事項等

 

注意事項はHPに記載してありますが、さとふるでは11月からこの様なキャンペーンをしていて、11月に対象となった方は、今回は対象とならない旨も記載されています。

100億円還元キャンペーン詳細 「さとふる」

 

ちらりとサイトを見てみましたが、10パーセント還元になるものは結構ありました。

10パーセントでなくても、5000円以上の寄付で3パーセントは還元されるので 、今年最後のふるさと納税は「さとふる」にしようかなと思っています。

 

 

ここ数ヵ月、偽サイトや来年の制度改変等で、別の意味でふるさと納税は世間を騒がせていますが、来年の住民税に反映させるためには、年内に寄付と決済を済ませる必要があります。

 

クレジットカードなら12月31日まで間に合いますので、週末ゆっくり返礼品を選ぶのもいいですね。

 

就学支援金にもふるさと納税は関係する

 

来年~再来年に 高校進学を控えるお子さんがいるお宅は、就学支援金にふるさと納税はかかわってくる場合があります。

 

就学支援金が外れるぎりぎりラインの御家庭は、ふるさと納税をすると来年の住民税が安くなるので、もしかしたら支援金に該当する事もあるかもしれないのです。

 

残念ながら、ふるさと納税と就学支援金の関係は、数年以内に変わる可能性があります。

でも、とりあえず来年は現行のままと思われますので、まだ寄付をしていない方は、このお得な制度に是非トライしてみて下さい。

 

来年6月に、きっとにんまりできると思いますよ。

 

就学支援金についてはこちらの記事をご覧ください。

www.kataseumi.com

 

なんと確定申告も「さとふるHP」で楽々できるようになるらしい!

 

 

「さとふる」、2019年1月末には、なんとHPで簡単に確定申告ができる、確定申告無料サービスも開始するとの事。

 

5分でできる!カンタン確定申告 | ふるさと納税サイト「さとふる」

 

これはびっくり。

そんな事までできちゃうの?

 

 ふるさと納税には、「ワンストップ特例」という確定申告不要の制度もありますが、寄付した自治体が年間5自治体を超えると使えなかったり、その都度申請書を郵送で送らなければいけなかったりで、これはこれで面倒なんですよね。

 

サービスの開始はもう少し先ですが、とりあえずここは登録しておくといいかもしれません。

 

注意!

 

「さとふる」の確定申告サービスが利用できるのは、以下の方のみです。

 

 給与支払元が1カ所で、年末調整済み、かつ年収2,000万円以下の給与所得者。確定申告の義務がなく、ふるさと納税以外に申告のご予定が無い方。 

 

医療費控除や住宅ローン控除のある方は利用できません。 

 

 

返礼品のレビュー記事も書いています。

読んでみたい方は、カテゴリー「商品検証」か、サイト内検索「ふるさと納税」からどうぞ。

 

読んでいただき、ありがとうございました。