うみブログ

旅行記が主と言いながらも、社会や教育の記事もある雑記ブログ

最近、私のメンタルに影響を出している者の数々

今週のお題「最近見た映画」

 

・・・、最近見た映画といえば、既に立て続けにブログに書いているのですが・・。

 

書き終わった頃にこのお題・・。

 

・・・、どういうつもりなんですか??

いやがらせでしょうか?

 

という事で、最近、思い出しては突然感情が津波のように大ブレし、メンタルに大きな支障をきたしている3作品について簡単にご紹介します。

 

1、『鬼滅の刃無限列車編』

 

『鬼滅の刃無限列車編』感想の漫画

突然思い出すから困ったもんよね。

 

頑張って描いたけど、煉獄さんの髪、こんなにたくさん赤い所は無かったという事が後日判明しました。

 

もう直せないからこれでいいや。

 

最近見た映画その1は、大人気『鬼滅の刃無限列車編』です。

 

2回観に行ったけど、『もういいや』と思うまで通おうと思っています。

入場者特典目当てではありません。

 

あまりの人気に「意地でも見ない」という人もいるみたいですが、そういうのは見た上でアンチを語ると説得力があっていいと思いますよ。

 

映画の紹介はこちらの記事でしています。

www.kataseumi.com

www.kataseumi.com

 

2、『チェンソーマン』第91話 

 

f:id:kataseumi:20201108144230j:plain

 

あ、これはアニメでも映画でもありません。

 

現在(2020年11月)週刊少年ジャンプで連載している漫画です。

 

ダークファンタジーで、話の内容や絵柄から読む人を選びそうですが、面白いです。

 

毎週色々考えているうちに次のジャンプが発売されちゃう感じなんですが、2020年11月2日発売分に掲載された第91話にはやられました。

 

煉獄さんとチェンソーマンについては、娘と共通の話題なので、突然「ああああ!!パワー!!」とか言っても許してもらえます。

こんな事やってる間に、明日もう新しいジャンプの発売日だよ・・。

 

『最近このワードよく聞くけど何なんだ?』という人は、コミックを読もう。

現在9巻が発売されたばかり。

問題の91話は、その次の次あたり。

11巻の収録じゃないかと思います。

 

 

3、TENET(テネット)

 

映画「TENET」を思い出し含み笑いなどしている漫画の絵

ニールを思い出すときは、とても複雑な顔をしていると思われます。



 

3つ目。

『TENET(テネット)』 

 

鬼才クリストファー・ノーランの近未来スパイアクション映画。 

はてなでも特集組んでたよね。

私のブログは載らなかったけど。

 

タイムリープなどするアクション映画で、その原理はちょっと難解。

 

だけどすごく面白い映画です。

 

鬼滅の刃にスクリーンを占拠される前に最後見ておこうと、3回見たけどやっぱりすごく面白いです。

 

特に、主人公の相棒として出てくる「ニール」という人間の役柄がとてもいいんですよ。

 

レビュー記事では「BL」とか書いちゃったけど、色々漁ってみたら同じような感想を抱いた人がたくさんいて安心した。

BLはともかくとして、ニールの役柄がよすぎたというのは、大半の意見を占めているようです。

 

ニールを演じている役者さんは「ロバート・パティンソン」という俳優さんで、ハリーポッターでセドリックを演じていたんですが、ニールで人気が上がった・・、かもしれない。

 

『TENET』のレビュー記事はこちらです。

www.kataseumi.com

 

 ニールを思い出すと、推しが活躍している時の気持ちとニールロスの気持ちが混ざり、とても気持ち悪い顔をしていると思われます。

 

BLの話は、娘には共感してもらえませんでした(自分はBL好きなくせに・・)。

 

という事で、最近見た映画の紹介をしつつ、私のメンタルに支障が出ている話題でした。

それではまた。