うみブログ

旅行記が主と言いながらも、社会や教育の記事もある雑記ブログ

大滝ナイヤガラの滝を行く【何もないのがいい】

こんにちは、かたせうみです。

 

北海道の大滝区。

三階滝の「甘露の法水」へ行く途中、ちょっと道を入った所に「大滝ナイヤガラの滝」という看板がありました。

 

数年前には無かったけどな?

 

甘露の水を汲んだ後、ちょっと立ち寄ってみる事にしました。

どんな感じかな~??

 

 

地図はこんな感じで、何の目印もありませんが、引いて見て頂ければ、どの辺か見当がつくと思います。

国道453号線から入る場所には看板も出ています。

 

この辺りは「北湯沢」といって、広い浴室や露天風呂を併設した温泉ホテルや旅館がいくつかあり、ほとんどの施設で日帰り入浴ができます。

ドライブにつかれた体を癒すのもいいかもしれませんね。

 

見かけのわりに立派な浴場がある「ホロホロ山荘」は日帰りおススメ!(あ、宿泊も悪くないですよ)

 

ここは、道央・道南の民なら知らない人はいないですね。 

 

大滝ナイヤガラの滝到着

 

f:id:kataseumi:20200621214733j:plain

 

「大滝ナイヤガラの滝」駐車場に到着しました。

誰もいません・・。

 

お店の類もなし。

周囲にも何もなし、静か・・・。

 

時間も昼下がりだし紅葉の時期でもないので、こんなもんか・・。

この辺、ちょっとマイナーだからね。

 

大滝ナイアガラの滝入り口看板の写真


おっと、滝まで何と800メートル・・。

800メートルと言ったら、あれですよ・・、800メートル・・。

 

大滝ナイアガラの滝入り口にある、「利用者記入ボックス」の写真

 


何のためにあるのかちょっと謎な「利用者記入ボックス」。

 

・・、もしかして、これを書かなきゃいけない位道は険しいとか??

熊に出会う確率が高いとか???

 

何かあった時の為のものなのだろうか?

ほら、登山する時色々書くじゃない・・、登山届とか、計画書とか・・。

まさかそんな危険な所なんでしょうか?

 

大滝ナイアガラの滝入り口の写真



ナイヤガラの滝は、この奥です。

 

そんじゃ、行ってみましょう~~!

 

 

大滝ナイヤガラの滝は、全長6キロのノルディックコース

 

f:id:kataseumi:20200621214500j:plain

 

大滝ナイアガラの滝、入り口を進むと、ウッドチップが敷き詰められた歩きやすい道。

というか、かなり整備されてますね。

 

鳥の声や虫の声に導かれ、しばしの森林浴を堪能。

 

f:id:kataseumi:20200621214506j:plain

 

珍しい木には、所々名前がついています。

 

f:id:kataseumi:20200621214536j:plain
f:id:kataseumi:20200621214454j:plain

 

気持ちのいい自然の中に、超人工物を発見。

この道、いつ整備したんだろうね。

 

f:id:kataseumi:20200621214447j:plain

 

木漏れ日が気持ちいいですね。

やっぱり「陽に当たる」とか、「緑の中にいる」という事は大事。

大事だけど、結構歩くね。

 

大滝ナイアガラの滝途中にある、小川の写真

 

途中には、小川もいくつかあります。

この川はさび色ですね、この辺りは温泉地なので、鉄分が含まれているのかもしれません。

 

大滝ナイアガラの滝ノルディックコースのコース写真

 

途中にこんな看板発見!

「大滝ノルディックウォーキング」だって。

 

帰ってきて調べたら、ここは周囲6キロにわたり周遊散策路になっていて、夏はウォーキング、冬は歩くスキーが楽しめるそうだ。

 

あ、だから入り口に利用者記入ボックスがあったんだね。

 

800メートル歩いて、「大滝ナイアガラの滝」に到着しました

 

てくてく歩いて800メートル。

特に起伏に富んでいることもなく、平坦で歩きやすい道です。

歩いていると、一発で分かる景勝地。
 

大滝ナイアガラの滝「マイナスイオンシャワーポイント」の写真

マイナスイオンシャワーポイントとな??

大滝ナイアガラの滝写真

 

「大滝ナイヤガラの滝」です。

 

ナイヤガラと名がついていますが、スケールはそんなでもないだろぅ!!

と思いましたが、森の中を歩いてきてここまで来ると、視界が開けて落差のある川。

面積は意外と広く、これはこれで風情があります。

 

それでは、滝の様子をご覧ください。

 

耳をすませば、せせらぎと、水の落ちる音が聞こえてくるかも・・。

 

f:id:kataseumi:20200621214624j:plain

f:id:kataseumi:20200621214559j:plain

f:id:kataseumi:20200621213913j:plain

大滝ナイアガラの滝青い水の写真

この水きれいでしょ??

f:id:kataseumi:20200621214707j:plain

 

水がきれいなので、川底のくぼみも見えます。

 

絶好のビューポイントに、すっごくいいカメラを持った御仁一人。

滝を一生懸命撮影してますね~。

 

 

今日は水量がすくないね~。

 

 

えっっ、そうなんですか??

 

 

うん、水量が多いときはね、岩肌が見えなくて、このあたり全部水で覆われるんだよ。

 

 

 

 そうなんだ・・。

 

f:id:kataseumi:20200621214614j:plain

 

滝の落差はそれほどではないけれど、確かに岩の面積が広いから、水量が多いときは迫力があるかもしれない。

 

 

私も春に初めて来たんだけどね、よかったよ~。この辺は紅葉したらすごくいいよ。秋にまた来なよ。

 

 

 

 って、教えてくれた。

 

そうかぁ~、確かにいいかも!!

 

北海道の秋は早く、あっという間に終わる。

三階滝の紅葉も有名で、シーズンになれば、たくさんの滝見の観光客でにぎわうだろう。

そうだ、また秋にも来てみよう!

そして、温泉に入って帰るんだ♪

 

f:id:kataseumi:20200621214723j:plain

 

大滝ナイアガラの滝。

この先もノルディックコースだから道は続きますが、今日は帰ります。

 

駐車場へ向かう途中、茂みの奥に小川を発見。

漫画『ゴールデンカムイ』のひとコマで、杉元とアシリパさん達が出てきそうだなと妄想しながらシャッターを切った1枚。

 

う~ん、この辺りは札幌も遠くないから、野田先生もロケハンに来たかもね。

 

と言う訳で、40リットルの甘露の水を抱えて本日終了。

 

「甘露法水」については、こちらの記事をご覧ください。

両方読めば、あなたも大滝滝マスターだ!

www.kataseumi.com

それではまた。