うみブログ

旅行記が主と言いながらも、社会や教育の記事もある雑記ブログ

ねこぞうさんからマスクが届いたよ!

f:id:kataseumi:20201010132334j:plain

 

今、SNSで大人気!

話題沸騰の「ねこぞうマスク」が到着しました!!

 

えっ、それはなんじゃ??

と思う人。

 

正解!!

 

ねこぞうマスクとは、ねこぞうさんという人に作ってもらった、ただのお洒落マスクでございます。

 

ねこぞうさんは、はてなやSNSで仲良くしてもらっている姐さんだ!

 

ねこぞうさんは、はてなブログで「ねこしごと」という、猫や日常のあれこれなどを、独自の目線でしんねりと描くブログを運営している方です。

 

「しんねりと」って、ネチネチしてるとかそういう意味なんですけど、本人がSNSのプロフィールに書いているので、引用してます。

私の意地悪じゃないんで念のためよろしく。

 

と言っても、最近は手作りマスクの評判がいいようで御多忙らしく、ブログの更新は月一以下になっているようですねぇ・・。

 

と言う訳で、はてなやSNSで仲良くしてもらっているねこぞうさんですが、とても器用で、手芸や絵画の特技がおあり。

よくTwitterなどでマスクの写真をアップしてますが、お願いするとお洒落マスクを作ってくれます。

 

もちろん有料ですが、生地の好みやイメージを聞いてくれるので、完全オーダーメイドの、一点物の素敵マスクが手に入りますよ。

 

『私の夫は顔が大きいので、大きめマスクが欲しい』なんてことも聞いてもらえます。

 

と言うことで早速手作りのねこぞうマスクを紹介。

 

f:id:kataseumi:20201010131120j:plain

 

最近はマスクも元の価格に戻りつつありますが、家族で使い捨てを毎日というと、かなりのランニングコストとなります。

 

洗濯の手間があるとは言え、手作りマスクはあっという間に元が取れます。

それから、『無くなるから買わなきゃ』とか『ああ、もう少ない』という強迫観念から解放されます。

 

そして何よりオシャレ。

 

パーソナルカラーを知っているなら、顔色を良く見せたり美人見えするマスクをチョイスする事も可能。

ベストマッチのマスクで、見映えも3割アップ間違いなし?

 

さて、あなたはイエベ?

それともブルベ?

 

思い切って、ウケ狙いを頼んじゃう?

推しイメージのデザインマスクとかもいいですね。

カスタマイズマスクは、そんな事も望みのままですよ。

 

まぁ、ねこぞうさんがどれくらい聞いてくれるのかにもよりますけどね。

 

これがねこぞうマスクだ!

 

f:id:kataseumi:20201010131058j:plain

 

それでは、ねこぞうマスクの一部を紹介しましょう。

 

上の写真は、紬でお願いした夫のマスク。

渋くてかっこいいです。

夫はかっこよくありません。

 

マスタード色は、リネンです。

 

マスク裏側の写真

こちらは裏側。



これは、マスク裏側の写真。

私もマスクを作りますが、裏側は人様に見せられるようなものではありません・・。

 

ねこぞうマスク紐の写真

 

マスクのひもはゴムではなくて、かぎ針編みの紐。

伸縮性はないけれど、柔らかくて耳が痛くなりにくいです。

 

レッド系のマスクは顔映りもよく、マスクで隠れて残念な、リップの代りも果たしてくれそう。

 

余談ですが、蓮舫議員が着用していた耳で結ぶタイプのマスク、かっこよかったですよね。

 

あ、ねこぞうさんにお願いして作ってもらうか・・。

 

ねこぞうマスク替えゴムの写真

かえのゴムもついてくるよ。

 

 ゴム紐は替えもついてきます。

 

ノーズパットもついてます。

 

ねこぞうマスク職場での評判と、問い合わせ先

 

ねこぞうマスク、早速職場に着けていきましたが、非常に評判が良かったです。

 

数か月で手作りマスクが社会的に定着したお陰で、多少派手なマスクでも許されるようなりました。

と勝手に思ってます。

 

因みに夫の方は、私が作ったものに関しては

 

「そのマスク、手作りですか??」

 

というコメントが多かったようですが、ねこぞうマスクは

 

「いいですね~!!そのマスク!」

 

というコメントが多いようです。

 

この微妙なニュアンス・・傷つくわ。

 

という事で、本日は到着したねこぞうマスクのレビューでしたが、しっかりとした仕立ての良いマスクでございましたよ。

 

ねこぞうマスクのお問い合わせは、ねこぞう (id:munazouchan48)さんのブログから問い合わせをするか、TwitterでのDMとなります。 

 

munazouchan48.hatenablog.com

 

Twitterの場合は、相互フォロワーでないとDMが開放されていないかもしれないので、その場合はブログからお願いします。

て、よく見たらお問い合わせフォームが無いみたいなので、コメントでもして下さい。

 

基本はプリーツマスクとタックタイプのマスクのみの生産となるようです。

 

お値段は手間や生地の種類等で変わると思いますので、ここでは具体的な金額は書けないのですが、気になる方はお問合せしてみて下さいね。

 

 

ご注意:このままねこぞうさんが忙しくなっちゃったら、受注停止になるかもしれません。

なんてったって人力なので。

その場合はご容赦ください。

 

 

ねこぞうマスクが気になる人は、早めにね。

 

本日の記事は、ねこぞうさんの許可をいただいていますが、広告費は頂いてません。

 

・・・、くれっ!!

なんてね。

 

それではまた。