【プリーツ?立体??初心者向けなのはどっち??】家庭科赤点ギリギリの私が、手作りマスクを作った感想

f:id:kataseumi:20200413180757j:plain

 

こんにちは、かたせうみです。

学生時代、被服縫製の成績がすっごく悪かったのに、頑張って手縫いでマスクを作っている第2回。

 

今日は、実際に作った感想などです。

これから作ろうと思っているけど自信のない方、立体マスクとプリーツマスク、普通の四角と悩んでいる方は、参考にしてみて下さいね。

 

前回記事は、こちらです。

www.kataseumi.com

 

 

立体マスクとプリーツマスク、どちらが楽に作れるか??

 

f:id:kataseumi:20200413180853j:plain
f:id:kataseumi:20200413180750j:plain
どちらも同じ生地で作ってます。

立体マスクにプリーツマスク。

立体マスクの事は、「ベトナムマスク」なんて呼ぶこともあるそうですね。

 

マスクも色々あるけれど、初めて作るのならどれが簡単にできるでしょう??

一番簡単なのは、アベノマスクみたいな四角いもの。

 

今回私は、プリーツマスクと立体マスクを作りましたが、結論から言うと『プリーツマスクは意外と簡単に作れた』という感じです。

 

立体マスクは一見難しそうですが、型紙さえあれば手順も楽だし、縫う場所もプリーツマスクよりは少ないので、見た目よりは遥かに楽に作れます。

 

対してプリーツマスクは如何にも難しそうですが、実は型紙も要らないし、まっすぐ縫うだけなので、手の込んだことをしなければ、初心者さんでも結構いけます。

 

ただ、プリーツにタックをつけたりステッチしたり、レースをあしらったりバイアステープをつけたりと、完成度やデザイン度を上げていくと、当たり前の事ですが、どんどん難しくなります。

 

意匠を凝らさず上の写真位のものであれば、家庭科2でもつくれます。

 

プリーツマスクは、プリーツ部分の折り込みにアイロンが必要だったり、折込のサイズを計ったりと、お裁縫が苦手なら難しそうですが、適当な感じに折り込んでアイロンで押さえてしまえば、わざわざサイズを計らなくても上手にプリーツをつける事ができます。

 

それから、元は四角い布なので、少し曲がったりしていても修正がききやすいです。

 

立体マスクの思わぬ落とし穴

 

一方、立体マスクは布が重なる部分も少なく、型紙を用意して切って縫うだけなので簡単です。

しかし、出来上がりは全体的に曲線が多く、四角いマスクよりも顔にフィットするので、サイズ選びが重要となります。

 

前回型紙通りに作ったのに、夫の顔のサイズでは、立体マスクは入りませんでした。

 

また、顔の正面で切り替えが入るため、布を切る時や縫う時に手を抜くと左右対称にならず、着用している時も違和感があったりします。

 

それと、大きな柄の時は気をつけないと、左右で大きくデザインがずれてしまう事もあり、見た目に問題が出てきてしまったりします。

 

手順を見ていると、立体マスクの方が全然簡単そうなのに、残念ながらごまかしがきき辛いのは立体マスクの方です。

 

簡単プリーツマスクは、やっぱりプリーツが広がりやすい・・

 

f:id:kataseumi:20200413180836j:plain

 

思ったより簡単にできて、エレガントな感じのするプリーツマスク。

 

一番大変だったのは、ゴムを通す部分を縫う時ですね。

織り込んだ部分ごとまっすぐ縫うのですが、布が幾重にも重なっているので、手縫いだと針を刺していくのが難儀でした。

 

ユビガイタイ・・・。

 

特に計ってもいないけれど、いい感じにプリーツをつける事ができましたが、やっぱりプリーツ部分をある程度固定できるように、タックをつけるとか、プリーツの部分にステッチを入れて行くとかしないと、着用中に布が伸びて、何となくシルエットがだらしなくなってしまいます。

 

f:id:kataseumi:20200413180809j:plain

 

着用中に、「びろーん」となってしまうのを防ぐためには、プリーツの山折り部分にしっかりステッチを入れるか、プリーツの両端から各4cmくらいづつ、タックを入れた方がよさそうです。

 

最後に、作ったマスクと買った記事の自慢をする!

 

さて、私でも作れたマスクの記事ですが、1枚作ると調子に乗って、どんどん作りたくなってしまいます。

 

手芸店では、今や手作りマスクのコーナーに人だかりができていますが、どんな模様の布を買えばいいのか悩んでいる人も多いと思います。

 

もう、好みなんですが、結構派手な布でもマスクは意外としっくりきます。

 

今日は最後に、買った布の紹介などをして、終わりにしたいと思います。

見て見て!

 

f:id:kataseumi:20200413181059j:plain

 

黒マスク。

 

仕事にはさすがに着けていけないが、評判の悪い黒マスクでも、柄が入ると意外とお洒落でシックな感じにキマります。

 

先日、黒地に赤い花柄の手作りマスクをつけた女性を見かけました。

マスクをしていると口元が見えないので、赤い花がルージュのようで引き立っていました。

 

いいなと思って探したけれど、今日行ったお店では、そういう感じのハギレがなかったので、ちょっとだけバブル臭のするこの布を購入。

 

f:id:kataseumi:20200413180853j:plain

 

立体マスクでもプリーツでも万能のインディゴブルー。

生地が分厚そうに見えますが、布地自体はとても薄いものを使っています。

 

この色はよっぽどのことが無い限り、職場でも大丈夫だと思います。

柄合わせも要らないし、すごいおススメ。

 

f:id:kataseumi:20200415194740j:plain

 

ガーゼどころかサラシも売ってないから、薄手のクリーム色の生地を購入。

仕事用。

面白みはないけれど、数枚はこれで作らないとな・・。

 

立体マスクにして、あごの部分に小さい刺繍やアップリケをつけて楽しんだりも、白地なら許容範囲でしょう。

また、同色のバイアステープで縁取れば、適当マスクも清潔感溢れる高級マスクに昇格します。

 

f:id:kataseumi:20200415194733j:plain

 

サーモンピンクのリバティ柄。

プリーツマスク用。

こういうのが、意外と違和感なくお洒落にフィットして、顔を明るく見せてくれます。色も優し気なので、相手に優しい印象を与える事も可能。

(印象操作)

 

個人の好みだけど。

 

f:id:kataseumi:20200415194728j:plain

 

ちょ~かわいい、レトロ猫柄!!

立体マスク用。

完全に個人の趣味!

 

仕事には着けていけないけれど、絶対可愛い猫柄。

私には完成図が見える!

 

f:id:kataseumi:20200415210924j:plain

 

マスクコーナーで、生成りの生地と抱き合わせで売っていたグリーンのギンガムチェック。

この手の柄は、手作りマスクしている人の最初の1枚として結構おススメされているよね。

 

男女問わず活躍しそうです。

 

奥のタータンチェックは、娘の希望。

 

ところで、今、ネット販売でもハギレのセットが買えるって知っていましたか?

 

普段お裁縫なんてしないので、ネットを見てびっくりしました。

 

中には、高級西陣織や友禅染の布もあり、とっても素敵でした。

シルクだから、お肌にもいいよねきっと。

 

特に、白無垢で使いそうな真っ白な地に、金糸や銀糸で鶴の刺繍がしてあるものを見た時には、思わずポチりそうになってしまいました。

 

 

でも、さすがに高いし、息もできなさそうなので諦めましたが、誰かこれでマスクを作ってみて下さい! 

 強そうな「鳥獣戯画」や「白虎」なんかもありましたよ。

 

マスク作成の様子はこちらの記事をどうぞ。

家庭科2でも大丈夫!マスクは作れるし、手縫いでもいける。 - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

それではまた!