うみブログ

旅行記が主と言いながらも、社会や教育の記事もある雑記ブログ

雇用調整助成金の要件大幅緩和で、北海道が大変なことに・・。

こんにちは、かたせうみです。

前回「雇用調整助成金の要件が緩和されている」という内容を記事にしました。

安倍さんの記者会見で、この言葉を初めて聞いた方も多いと思います。

 

「業績が悪化した時に、リストラではなく、従業員を一時休業という形にして雇用を繋いでください。」という内容の助成金です。

 

助成金の詳しくはこちら⤵

www.kataseumi.com

 

記事にしたそばから更に要件が緩和されたので、使命感により再度記事にすることにしました。

 

政府はもうひとつ、「小学校等(放課後クラブや幼稚園等含む)の休校などによる欠勤を、本来の有給休暇とは別に、有給として休ませることへの助成金」の創設も発表していますが、現時点での詳細は未定。

 

 

上限額は同じ8,330円ですが、対象の労働者に小学生以下のお子さんがいる場合は、新しく創設される助成金を使って有給取得させた方が、多分会社側の負担は少なくて済むと思います。

現時点で発表されている助成率が、10/10(満額・上限あり)なので。

 

今日の記事の内容は、この助成金とは別の内容となりますので、ご注意ください。

 

北海道は、もう、何でも適用されるらしい

 

f:id:kataseumi:20200304190710j:plain

 

2月14日。

雇用調整助成金は、それまでの要件を緩和して、計画届の事後提出を認め、支給対象事業主の要件を、売り上げの10パーセントを中国関連がしめる事業主とし、生産指標の比較対象を、直近3カ月と前年同期3カ月から、直近1カ月に短縮しました。

 

中国人の流入減少により、売り上げに影響のある観光業やホテル業等を想定とした緩和策です。

 

ところが、北海道の緊急事態宣言を受けて、2月28日に、対象とする事業主が「コロナウィルスの影響を受ける事業主」と、更に拡大されました。

 

そして、3月4日・・・。

 

もう、北海道にある事業所なら、どこでもOK!

 

みたいな感じに・・・。 

 

しかも、生産指標の要件も緩和っていうか、撤廃。

 

 

簡単に言うと、実際の売り上げが上がっていてたとしても、急に休みになっちゃったなら、助成金を出すよという仕様になっています。

ついでに、助成率もアップ。

 

こんなの、北海道だけだよ!!

大丈夫??

大丈夫なの??

北海道経済!

 

f:id:kataseumi:20200305201241p:plain

もう、意味もなくこんな絵

 

 

「雇用調整助成金」とは・・。

 

本来は、景気の変動により、直近三カ月の生産量や売り上げの月平均値が、前年同期に比べて10パーセント以上減少していなければいけないし、雇用率も減少していないと利用できない助成金です。

 

 

対象にできる労働者も、正規非正規問わず(雇用保険がかかってる人じゃなくてもよさそう)。

働き始めて間もない人でも大丈夫・・。

 

→ 雇用保険がかかっていない人に対する休業手当については、「緊急特定地域特別雇用安定助成金」という、別建ての助成金が創設されています

 

 

 

本来は、休業する会社で6カ月以上被保険者として働いていないと、休業の助成金の対象者には出来ないのです。

 

 

雇用調整助成金は、元々製造業や大企業用に作られている 

 

「雇用調整助成金」は、元々、大企業の休業や、製造業の工場が止まる時のことを想定して作られています。

 

なので、サービス業では使いづらい仕様なのです。

 

だけど、この度の緊急事態宣言で、かなりの拡充案が発表されています。

 

北海道に会社があれば生産量も売り上げも関係ないとか、えらい事です。

 

今回のコロナショックで一番あおりを受けているのは、飲食関連やホテル、観光関連であり、製造業や建設業、流通業などへの影響は少ないと思っていました。

 

でも、「風が吹けば桶屋が儲かる」という諺があるように、じわりじわりと各方面に影響が出始めているのではないでしょうか・・??

 

私は今回の休校や非常事態の政策に反対ではありませんが、ボディブローのように効いてくる不景気の波がちょっと恐ろしいです。

 

私のポートフォリオはガタガタだよっ( ;∀;)!

 

雇用調整助成金が緩和されたとはいえ、従業員の休業には手当を払わなければならず、助成金で補填されるのはその一部です。

休業が長引けば、企業の体力はガリガリと削られていきます。

 

春になればウィルスの活動も落ち着くだろうと思ってましたが、お花見も自粛要請となっています。

ディズニーランドもUSJも、博物館も美術館も休業となると、その影響は甚大です。

 

コロナの終息宣言が出れば、我慢をしていた人々の消費意欲に火がついて、コロナバブルも起きそうですが、今はそんな事言ってる場合じゃなくなっちゃいました。

 

頑張れ北海道!

早く新型コロナの終息を祈るばかりです。

 

今日の記事を読んで、従業員の休業を考えている方や、「雇用調整助成金」、そんなのあるの?

という方は、以下にある厚生労働省のリンクをご覧ください。

 

 

 それではまた。