伊那市からKENWOODのドラレコ到着!主婦が実際に取り付けしてみたよ。

KENWOODドライブレコーダー「DRV-340」写真

KENWOODドライブレコーダー「DRV-340」


 

こんにちは、かたせうみです。

2019年最後のふるさと納税でお願いした、KENWOODのドライブレコーダー「DRV-340」が到着したので、レビューと共に、取り付けてみます。

 

このドラレコは、シガーソケットから電源を取る簡単なタイプ。

シガーソケットから電源を取らない場合は、別売りのケーブルが必要になります。

取り付け方も複雑になるので、そっちは割愛。

 

シガーソケットから電源をとりたくない方は、別売りのケーブル(CA-DR150)を購入し、説明書を見ながら自分で取り付けるか、ディーラーや整備工場、整備士がいるガソリンスタンドなどに依頼をしましょう。

 

DRV-340は、リアカメラはついていないけれど、自宅~職場、自宅~お買い物くらいしか使用しない私の車には十分な性能です。

 

 

長野県伊那市のふるさと納税は、「ふるなび」で行う事ができます。

 

【AH-28】ドライブレコーダーDRV-340 | 長野県伊那市 | ふるさと納税サイト「ふるなび」

家電やPCなどが豊富なサイトです。

 

 

KENWOODドライブレコーダー「DRV-340」の紹介

 

f:id:kataseumi:20191208132744j:plain

 

という事で、1週間位で返礼品が到着しました。

 

フルハイビジョンHDR搭載で逆光などにも強く、鮮明な画像・GPS搭載・駐車場監視モードあり、エンジンをかけると常時録画が始まります。

 

f:id:kataseumi:20191208132722j:plain

 

シガーソケット用プラグ。

結構大きいな・・・。

 

f:id:kataseumi:20191208132825j:plain

 

カメラ本体の大きさはこれ位。

 

f:id:kataseumi:20191208132810j:plain

 

保護シールをはがすと、モニターがあります。

 

f:id:kataseumi:20191208132535j:plain

 

これは、カメラ部分の正面写真。

付属のケーブルを繋いでみます。

 

f:id:kataseumi:20191208132647j:plain

 

f:id:kataseumi:20191208132600j:plain

 

これで、ケーブルの反対側をシガーソケットに差し込めば充電が始まり、3分後から使用可能になります。

 

f:id:kataseumi:20191208132620j:plain

 

ケーブルの長さは、充分あります。

 

f:id:kataseumi:20191208132651j:plain

 

カメラの横には、電源とメニューボタン。

 

f:id:kataseumi:20191208132549j:plain

 

カメラはフロントガラスに貼るタイプです。

ルームミラー内蔵タイプや、ルームミラーに設置するタイプ等ありますが「ふるなび」で現在扱っているのは、ほとんど窓ガラスに貼るタイプのようでした。

 

駐車場監視モードは最大25分。24時間監視の場合は、別売りのケーブルを

 

「DRV-340」は、駐車場監視モードがついていますが、録画できるのは最大25分間です。

 

 

本機にはバッテリーが内蔵されているので、駐車場などに車を停めて本機の電源がオフになってから最大約25分間、衝撃や動体を監視します。

 

衝撃や動体を検知すると検知後約10秒間録画保存します。

 

別売りのドライブレコーダー用車載電源ケーブルCA-DR150を使用すれば最大24時間の衝撃およびレンズ範囲内の動体の監視が可能になります

 

 

f:id:kataseumi:20191208191018p:plain

 

DRV-340|ドライブレコーダー|カー用品|商品情報|ケンウッドより

 

 

駐車場監視モードが最大25分という事は、短いお買い物くらいの時間しか録画できないという事ですが、私が使っている車なら充分かなと思います。

 

心配なのは自宅の駐車場ですが、それ以外だったら、今の時代駐車場自体に監視カメラがたくさんあります。

当て逃げなどの時は、警察に捜査をお願いすると、結構な確率であてた車を特定できるそうですから、まぁ良いかという感じ。

 

別売りの電源ケーブルを使用すれば、最大24時間の監視が可能ですが、バッテリーの消耗が早いという口コミを見かけました。

駐車場監視を24時間にしたい時は、専用のバッテリーなどを用意した方がよさそうです。

 

ドライブレコーダー設置。カメラはフロントガラス上部20%の位置へ 

 

それじゃ、ちょっとカメラを取り付けてみます。

 

まずは、カメラの位置を決めるのに、電源を入れてみます。

 

シガーソケットにプラグを差し込んでみるよ。

 

私はここからUSB電源とかも取らないし、タバコも吸わないから、どこにあるのか分からなかったよ・・。

 

f:id:kataseumi:20191208132900j:plain

 

プラグを差してエンジンをかければ、自動で充電されてモニターが映ります。

配線自体は、これで終了です。

いや、ここから配線を隠すんだけどさ。

 

f:id:kataseumi:20191208132554j:plain

 

お手頃価格な割に、画面はなかなかクリアーかな??

 

f:id:kataseumi:20191208132615j:plain

 

衝撃を感じると、イベント記録として、自動的に録画が始まります。

 

f:id:kataseumi:20191208132845j:plain

 

一応、ルームミラーの裏側あたりに位置を決める。

 

ドライブレコーダー貼り付け位置の説明写真

フロントガラス上部からフロントガラス20%の範囲内、または運転者の前方を妨げない(ルームミラーで隠れる位置)位置に取り付けてください。

DRV-340|ドライブレコーダー|カー用品|商品情報|ケンウッド

 


 

f:id:kataseumi:20191208132717j:plain

 

横にあるボタンを押すと、メニュー画面になります。

タッチパネルではありません。

メニューを選ぶには、横にあるボタンを押して動かします。

 

チェックマークの位置にあるボタンは、決定ボタンです。

 

駐車モードは、初めに設定しちゃえば、エンジンを切った時から勝手に監視モードに入ります。

 

ドラレコの配線を簡単に隠していく。 

 

とりあえず、何となく設置できたので、ここから配線を隠していきます。

特に隠さなくてもいいなら、配線クリップなどを使って止めて行っちゃってもいいでしょう。

 

 

いや・・、でもちょっとは隠したいよねぇ・・。 

 

という事で、配線を隠していきましょう! 

 

f:id:kataseumi:20191208132544j:plain

 

すいません、全く関係ない背景にピントが合ってるんですが、ドライブレコーダーの配線を隠していきます。

 

まずは、天井です。

カバーの部分に指をかけると、すき間があるのが分かります。

ここに簡単に配線を隠すことができます。

 

f:id:kataseumi:20191208132854j:plain

 

カバー部分にぐいぐい線を押し込めばいいのですが、すき間に指がかけられなかったり、やり辛いときは、薄いスプーンのようなものを間に入れるとすき間を作りやすいです。

 

マイナスドライバーなどは、コードやカバーを傷つける可能性があるので、避けた方がいいでしょう。

 

ちなみに、私が使ったのはこれです。

 

f:id:kataseumi:20191208132753j:plain

 

カニ食べるやつ。

配線を直接これで押し込むと、やっぱり傷ついちゃうので、あくまでもすき間をあける補助的役割として使用してください。

 

f:id:kataseumi:20191208132815j:plain

 

フロントガラスに沿って、配線を隠すことができました。

ここから、本当はピラーカバー(横にある、車の柱。カバーは簡単に外れます。)を外して、ピラーの中に配線を通すのですが、もう面倒だから、その場しのぎで違うやり方します。

 

f:id:kataseumi:20191208132727j:plain

 

ピラーカバーを外さなくても、この線に沿って、まだコードを押し込めて隠すことができます。

ホントは、カバー外したい・・。

 

f:id:kataseumi:20191208132643j:plain

 

あんまりよくないかもしれないけれど、パッキンと言うか、モールと言うか、ゴムの部分をめくると、配線1本くらいなら簡単に入れることができるスペースがあります。

 

f:id:kataseumi:20191208132638j:plain

 

もう、ここに隠す。

 

f:id:kataseumi:20191208132802j:plain

 

このまま、グローブボックスのあたりまで配線を隠したら、大体終わりです。

 

f:id:kataseumi:20191208132712j:plain

 

こんな感じで配線が終わるので、あとは、グローブボックスの下に線を這わせて、固定していけば終了です。

写真は分かりやすいようにたわんでいますが、ピタッと線を固定させればそれ程見栄えは悪くなりません。

 

線を固定する時は、先ほどチラッと説明した配線クリップなどを使うと、きれいに纏まり、見えなくなります。

 

私はテープタイプのもの。

 

f:id:kataseumi:20191208132757j:plain

 

外側に配線をする時は、ゆるんだりすると危ないので、垂れてこないように数か所をしっかり止めてください。

 

美しさにこだわるなら、グローブボックスを外して、中に線を通す。 

 

ここで、美しさにこだわるなら、グローブボックスを外してみましょう。

 

助手席にある、車検証などを入れておく引き出し。

あれを「グローブボックス」と言います。

 

グローブボックスは簡単に外れます。

外側に配線するのが嫌な人は、グローブボックスを外せは、配線を内側に隠す事ができます。

 

但し、これをやる時は、配線の順番を今回の記事とは逆に進行させていきます。

 

私は天井から先に始めましたが、シガーソケットプラグは大きいので、グローブボックスの細い穴を通すことができません。

 

なので、内側に配線を隠す場合は、まずはプラグをソケットに接続し、最後にケーブルをカメラに接続させるという順番で配線隠しをしていきます。

 

同様に、ピラーケースも割と簡単に外せるので、余裕のある人は「Aピラー外し方」「グローブボックス外し方」等で検索してみてください。

 

ピラーカバーの外し方は、メーカーや車種によって若干違うので、対応のメーカーや車種等で検索してみてください。 

 

配線終了。外注するなら、ディーラーや整備工場などへ 

 

f:id:kataseumi:20191208132707j:plain

 

配線終了。

結構余ったな・・。

 

これはまとめて、結束バンドなどでコンパクト化して終了です。

グローブボックスの内側に配線するなら、長い部分はボックスの裏側に隠すことができますよ。

 

私は内装などにもあまりこだわらないので、ここにまとまったコードがあっても割と平気かな・・?

この車、シガーソケット自体がすごく下にあって目立たないので、ちょうどいいです。

 

KENWOODドライブレコーダー、このタイプなら、取り付けを外注しても、5,000円位だと思います。

 

美しさなどにこだわる方は、整備工場やスタンド、ディーラーにお願いするのも一つの手ですね。

 

いくつかのお店に聞いてみた所、ディーラーは結構嫌がる所が多い感じです。

 

取り付け後、ドラレコが壊れたりした時の責任の転嫁を避けたい意向のようです。

ドラレコが壊れたら持ち主の責任だと思うのですが、中にはクレーマーがいるのでね。

一部のクレーマーのせいで、良識ある人が迷惑こうむるのは困りますね・・。

 

整備士さんがいるガソリンスタンドは、かなり安くやってくれるようでした。

 

オートバックスなどには聞いていないですが、「タイヤ館」については、持ち込み取り付けはOKしてくれました。

 

今回のレコーダーは簡単なタイプですが、カーナビと接続するタイプなどは、ナビを外さなければならないので、そういう時はプロにお願いするのがいいと思いますよ。

 

ドラレコの持ち込み取り付けについての可否は、電話で問い合わせれば、すぐに教えてもらえます。

 

夫の車はロングドライブ用だから、外注かな~・・?

それではまた。

 

今日の記事で使ったドラレコはこちら。

大体1万ちょっと位みたいです。

 

 

ふるさと納税で見るなら、こちらです。 

ふるさと納税サイト【ふるなび】お得な返礼品がすぐ見つかる!

 

それではまた。 

読んでいただき、ありがとうございました。