道央のパワースポット、北海道神宮で御朱印を貰う

f:id:kataseumi:20190506000117j:plain

 

ただいま我が家にブームが来ている御朱印帳。

北海道へ戻って来たので、早速道央のパワースポット「北海道神宮」へ参拝して御朱印を貰おうという算段です。

 

お寺や神社は、ゼロ磁場に建立されたり、清浄な気の場所に建立されたりするので、土地の力がとても強く、パワースポットになっていることが多いのです。

 

また、大きな神社の場合は、仕える人も多く、清潔に保たれているので良い気も留まりやすいのです。

 

と、いう事で、北海道と言えば北海道神宮。

私自身には全く霊力はありませんが、お花見もかねて御朱印をいただきにまいります。

 

北海道神宮は、地下鉄やバス、又は車で

 

f:id:kataseumi:20190506151349p:plain

北海道神宮 | 交通境内案内より引用(詳しいアクセス情報は、こちらをご覧ください。)

 

北海道神宮は、札幌を知らないとちょっと不便なところにありますが、駐車場も完備されているので、車でのアクセスも可能です。

 

さらに、円山公園や円山動物園とも隣接しているので、公園と合わせるととても広く、春には見事な桜も楽しめますので、ピクニックやファミリーにも大変おすすめなスポットなんですよ。

 

参拝した当日も、とてもいい天気で、参拝客も多く、円山公園はお花見の人で賑わっていました。

 

北海道神宮境内写真

f:id:kataseumi:20190506000100j:plain



この日、既に桜は盛りを過ぎていましたが、境内は桜吹雪でとても雅な感じでしたよ。

結婚式も数組あり、綿帽子や角隠しをしたお嫁さん達がご家族と写真撮影をしていたりして、神社は「ハレ」の気で満たされています。

 

あ、そういう力は私にはまったくありませんよ、何度も言うけど・・。

 

そして、お宮参りの赤ちゃんを連れている、幸せそうな3世代もチラホラ・・。

 

 

(わぁ~、赤ちゃん…♡)

 

 

 

と、よそ見しながら歩いていたら、入り口の階段でこけてすりむきました・・・、痛い・・。 

 

恥ずかしさのあまり、痛みにこらえながら何事もなかったかのように立ち上がる私・・。

 

嗚呼、こんな時、三日月宗近(今更はまっている、『刀剣乱舞』のキャラクター)さまなら、助け起こしてくれるのに・・・。 

 

こんな感じで・・。

 

f:id:kataseumi:20190506155711j:plain

『刀剣乱舞』の三日月宗近

※ 画像は、ゲームアプリ「刀剣乱舞」(合同会社DMMGAMES)よりスクリーンショット にセリフをかぶせてます。

 

 

三日月様には、神社がお似合いですね・・。

 

こういう妄想話をすると、娘には「夢女子こわっ!パパに助けてもらえばいいじゃん!!」

と、キモがられますが、夫はこの時駐車場待ちをしていたのでいませんでした。

 

夫に助けてもらっても、背中に花は絶対しょわないと思うけどね・・。

 

北海道神宮境内へ

 

北海道神宮改元記念の写真

お、令和ですね。北海道神宮には、明治天皇も祀られています。

f:id:kataseumi:20190506150131j:plain

 

境内の桜は散り始めていますが、所々満開の桜もあり、カメラを向ける人々が後を絶ちません。

 

f:id:kataseumi:20190506000058j:plain

 

参道は結構長い・・。

さすが、北海道一のお社です。

 

f:id:kataseumi:20190506000101j:plain

f:id:kataseumi:20190506000105j:plain

 

お参りをします

 

いくら御朱印目当てとはいえ、参拝をおろそかにしてはなりません。

 

まずは、手水をして、お参りします。

 

f:id:kataseumi:20190506000107j:plain

f:id:kataseumi:20190506000108j:plain

 

こんな立派なしめ縄があるとは知らなんだ。 

 
 

御朱印やお祓いはこちらです 

 

f:id:kataseumi:20190506000113j:plain

 

御朱印の受付は、祈祷受付までとの事。

 

ここから、少し奥の祈祷受付まで移動します。

 

f:id:kataseumi:20190506000114j:plain

 

雅なあかりが下がっていますね。

 

この辺まで来ると、人が減って厳かな雰囲気が高まります・・。

 

祈祷受付の控室は広い 

 

北海道神宮では、毎日お祓いや婚礼、祈祷などがあるので、控室はとても広いです。

 

御朱印は、専用の受付所があり、御朱印帳と引き換えに番号札を貰って待機します。

 

お仕事している人もたくさんいらっしゃいますね。

今日の御朱印待ちはそれほどでもなく、10名くらいでした。

 

f:id:kataseumi:20190506000116j:plain

 

なかなかシステマチックで、機械的に消化されている感じですが、人気のある所はこの様になっているのでしょう。

 

御朱印を書いてくださる方は数名。

しっかりと書いくださっている様子も見学することができます。

 

御朱印いただきました!

 

御朱印いただきました。

こちらです。

 

f:id:kataseumi:20190506000117j:plain

 

なんと、クリアーなプラしおりつき。

ちょっとびっくりした。

初心者なので、何かもらえるとか思っていなかったです。

 

夫の御朱印と比べてみましょう。

 

北海道神宮の御朱印

 

あ、違う方が書いてますね。

手が違うとすぐわかるけど、どちらも素敵で素晴らしい書ですね~。

 

人目にさらされながら、いくつも達筆で書くとなると、かなりの集中力が必要でしょうね。

ありがたく頂戴します。

 

北海道神宮を後にする 

 

御朱印もいただい事ですし、北海道神宮を後にします。

 

御朱印の記事を書いていると、なんだか言葉遣いが丁寧になってしまいますね。 

 

こちらは、デジカメでも撮れた桜吹雪の写真。チラチラと舞っているのが見えますか?

 

f:id:kataseumi:20190506000120j:plain

 

北海道神宮から駐車場へ向かう道には、「六花亭」があります。

ここでは、北海道神宮限定の焼き立てのお菓子「判官さま」を食べることができます。

 

セルフサービスでお茶もいただけるので、一服していく人が沢山います。

 

また、駐車場近くには、「白鹿食堂」という、お粥とお漬物の食堂もありますよ。

 

hakusika.jimdo.com

 

白鹿食堂では、点心やおそばなども食べられますが、今日は何となくこってりラーメンの気分・・。

 

f:id:kataseumi:20190506150133j:plain

 

と、いう事で、帰りに「純連」のラーメンを食べました。

 

すごい混んでた・・・。

 

「純連」のラーメンは結構しょっぱいです。

チャーハンが涙出るくらい美味しいので、行ったことない人は、絶対チャーハンを食べてみてくださいね。

 

それではまた。

 

読んでいただき、ありがとうございました。