うみブログ

旅行記が主と言いながらも、社会や教育の記事もある雑記ブログ

なんて素敵な休日

風呂はいい。

 

広ければなおさらいい。

 

健康ランドだったら最高だ。

 

私がもし、平日に休みがとれたなら、朝から健康ランドへ向かうだろう。

 

広くて明るい浴室で、ガラス越しに眩い光を浴びながら、ゆったりと四肢を広げ、小原庄助さんの気持ちになるのだ。

 

庄助さんとういうのは身上を潰した人だけど、朝寝・朝酒・朝湯を楽しんで身上を潰したのなら、それはまた本望というものだろう。

 

 

平日の健康ランドは、最高に空いている。

 

大きな浴槽は、私一人のもの。

そう、私は今日は、王様なのだ。

大きなジャグジーも、いい香りの薬湯も、ミストサウナの塩さえも、すべて私の手の中だ。

 

 

泡風呂に飽きれば、次はサウナへ行こう。

 

サウナ室の小窓から、内部の様子を伺って、先客に軽く会釈なんぞをしつつ、無我の境地に浸るのだ。

 

何故か毎回顔を合わせるおばちゃんもいる。

 

しかし、『彼女は一体なぜいつもここにいて、どれくらいの頻度でここにいるのか。』

 

などと疑問を感じてはいけない。

 

彼女には、彼女の時間があるのだ。

 

無我の世界を味わったなら、水風呂へ向かう。

水風呂は、一瞬にして、意識をこの世に引き戻してくれる。

 

サウナと水風呂の往復は、心と体を軽くしてくれる。

なんて尊いバーニャ体験・・。

サウナだけは、この世から消えて欲しくない・・・。

 

サウナを満喫し、露天風呂に浸かり、すっかり癒されたころに、昼はやってくる。

 

今日は懐石セットか・・・。

ちょっと贅沢だろうか・・。

いや、何も悩む必要はない、私は今日は、王様なのだから。

 

 

大きくとられた窓ガラスから見下ろす、外の世界。

こんな時でも、人はそれぞれの時間軸を過ごしているのだ・・・。

 

 

食事が終わり、寛いだころ、微睡の女神が誘ってくる。

 

こんな時は岩盤浴だ。

 

重くなった体を石の上に横たえ、とろとろと浅い眠りにつく。

眠りから醒めた所で、仕上げはまた、露天風呂だ。

 

そして身体がすっかり軽くなれば、まだ陽の明るいうちに、帰路につくのだ。

 

なんて素敵な健康ランド。

嗚呼・・、なんて素敵な私のホリディ。

 

f:id:kataseumi:20201111230525j:plain

 

・・・、スーパー銭湯は(・∀・)イイネ!!

 

みんなも疲れたら健康ランドやスーパー銭湯でリラックスしよう。

平日の健康ランドはソーシャルディスタンスもなにもあったもんじゃありません。

 

逆の意味でね!!

 

私の半径3メートル以内にはひとっこひとりなし。

 

健康ランドやお風呂の効能については、こちらもどうぞ。

www.kataseumi.com

 

www.kataseumi.com

 

それではまた。

お風呂に入って、文字通り水に流そうぜぇ~。