うみブログ

旅行記が主と言いながらも、社会や教育の記事もある雑記ブログ

集中できないのは環境のせいかもと思い、ゲーミングチェアを購入するに至った件

こんにちは、かたせうみです。

私のブログ、とあるタイミングから更新が滞りがちになっています。

 

といっても、ちょっと他にもブログを書いているので順番みたいなものなのですが、PCに向かっても書けない日が続いています・・・。

 

これきっと、ネタ切れだけなんじゃなくって、作業環境なんですよきっと・・。

(仮説)

 

私は今、こたつというかちゃぶ台でブログを書いている

 

最近、PCに向かっても、つい横になったりして文章が書けなかったり、集中できずにちょっと書くと立ち上がったりしてしまう・・。

 

2年前は毎日更新していたし、集中していた・・。

ん~・・、何故かしら??

 

はっ!!!!

これきっと、作業環境のせいですよきっと!!

 

私は今、リビングのこたつ(夏は布団なし。ちゃぶ台みたいになってる)で作業しています。

 

こたつでPC作業をしている写真

こんな感じね

 

空いている部屋にはデスクもあるんですが、そこに籠るのもよくない気がするし、第一、部屋をいくつも使うと電気代がかさみます。

なので、基本作業はリビングでやっております。

 

2年前は、リビングのダイニングテーブルにデスクトップPCを置き、そこで作業していました。

(食事はこたつ)

 

作業机でPCをしている写真

これはイメージです。

 

ところがある日、家族が減ったタイミングでダイニングテーブルを開放し、PCをこたつに移動。

娘と二人だったんでね、食事はダイニングテーブルの方が都合がよかったんですよ。

 

するとどうでしょう・・・??

全く作業がはかどらない!

はかどる日もあるけれど、少数・・。

 

こたつって言うか、床に座椅子とかクッションだとすごく疲れるし、姿勢を維持するのが大変。

足は痛くなるし、正座はしないから姿勢も悪くなるしで、いいことなし・・。

 

それなのに、疲れればすぐに横になれる環境・・。

 

こたつで横になっている写真

ま、こうなるよね・・。

 

うん、わかってた・・。

 

昔の日本人てすごいよね、この環境で勉強とかしてたんだもんね・・。

 

という事で、ゲーミングチェアを購入

 

私が使用しているPCは、今はノート。

なので、辛い時や日中はテーブルに移動しているのですが、やっぱり疲れにくく、作業がはかどる気がする・・。

 

という事で、もっと作業が楽になる「ゲーミングチェア」をこの度購入いたしました。

 

ゲーミングチェアとは、読んで字の如く、ゲーム用の椅子の事です。

 

1日何時間もゲームをするプロゲーマーやeスポーツ、オンラインゲームプレイ用に作られた、何時間座っていても疲れにくく、そのまま椅子を倒して休憩や仮眠が出来たり、コントローラーを持つ手がつかれないように肘掛けが動いたり、ドリンクホルダーがついていたり、スピーカーが内蔵されていたりするやつです。

 

 

※ 「ゲーミングPC」というのもあります。

ゲーム用パソコンで、爆速のゲーム速度やチャット等に対応するため、すんごい処理が早い。そして高い(通常の作業もできる☞欲しい)。

遅いと負けちゃうもんね・・。

 

 

なんか、人間のあくなき欲求というか、すき間産業というか、ニッチな世界なんですが、この椅子が本当に人間をダメにする位の快適さ。

マジで、この椅子とゲーム周辺が宇宙という世界にふさわしい。

ていうか、ここで暮らせるレベルの快適さ????

 

ゲーミングチェア写真

これちょっと派手なやつだけど、こんなの。

 

ゲーマーが好きそうな派手なデザインですが、首をしっかり支え、疲れにくい設計とクッションなため、コロナ禍以降、在宅ワークの皆さんにも売れているようです。

 

チャラチャラしたデザインとネーミングのせいで、保護者ウケは悪そうですが、多分勉強するのにも適していると思いますよ。

先日近くの家電量販店に行ったら展示品があって、座ってみたら大層心地よかったです。

 

で、私はこれを一脚、ダイニング用に購入したのでした。

 

インテリアとか統一性とかガン無視!!

だって楽な方がいいじゃん!

 

ゲーミングチェアもピンキリ・・・。どれにする?

 

という事で購入したゲーミングチェアですが、価格やメーカーも様々で迷います。

家電量販店で試したのは確か、1万円台の後半だったと思うけど、結構良かった・・。

 

ゲーミングチェアの価格は1万円台から20万オーバーまで様々。

オットマン付きとか無しとか色々ありましたが、結局私が購入したのはこれ。

 

 

ゲーミングチェアの有名メーカー「AKレーシング」でニトロシリーズのオレンジ。

中国製なのが気になりますが、メジャーなゲーミングチェアのメーカーは、中国が多いらしいので、そういうもんかなと・・。

 

デザインが気に入ったというのはありますが、アマゾンや楽天などの評価も悪くなかったので決めました。

 

安いやつは賛否両論というか、充分です的なレビューもあれば、すぐ壊れたとか、名ばかりゲーミングチェアーとかの評価もあり、とりあえずそこそこの金額で、レーシングカーのシートも作ってる有名メーカーという事でここに決めました。

 

ニトロシリーズは、このメーカーのスタンダードモデルなので、グレードは下です。

この上に、PRO-XだのPREMIUMだののグレードが並びます。

 

ビックカメラのオンラインサイトでは「取り寄せ」となっていましたが、注文したらすぐに入荷して、一週間後には納品予定となりました。

 

その他、購入候補となったゲーミングチェアーはこちら 

 

ゲーミングチェアーは、実際にお店に行って試すのが一番いいと思われますので、購入を検討している方は、機会があったら家電量販店やPCショップ等に行って試してみるといいと思います。

最近は家具屋さんにも展示されていますが、展示数は限られています。

 

なので、今日はPCを舐めるようにして選んだ中で、最終選考に残っていたものの一部を紹介したいと思います。

実際に使用していないので、評価はあくまでもイメージやレビュー、会社HP等から得た情報ですが、参考になれば幸いです。

 

 

「ゼストランサー」 

 これ、価格帯で最後まで悩んでいたやつ。

17,980円というお求めやすい価格の上、オットマン付き。

 

この価格帯でオットマンがついているものは結構あるんですが、「ゼストランサー」は、セガの公式大会で採用されたという実績もあり。

超惹かれたのですが、一部壊れやすいというレビューが多かったのと、安っぽいので期待しないようにみたいな事が書かれていたので、諦めました。

 

壊れやすいのは困ります。

こんな大きなもの捨てづらいし・・。

 

高い価格帯のものでも「すぐ壊れた」というレビューは見かけますが、これまでの経験上、安さに惹かれて購入したものはすぐに壊れ、結局高いものを買い直したり、後悔する度合いが高かったので、ちょっと慎重になってます。

 

余談ですが、逆に高いものを買って一番後悔したのは、ドラム型の洗濯機です・・。

普通の縦型でよかった・・・。

 

 

クーガーの「ARMOR ONE」 

クーガーという名前もいいし、ロゴやマークもかっこいいし、デザインや色も完璧。

で、AKレーシングと張り合っていた。

 

クーガーはドイツのメーカーで、ゲームのデバイスなんかを開発しているらしいのですが、サイズ感が大きく、深く腰掛けると足がつかない可能性もあり、日本人向けに作られたAKレーシングの方を優先しました。

 

ゲーミングチェアって、そもそも男性向けにできているから、ドイツで男性向けとなると、女性にはきついかもしんない・・。

 

でも、あのクーガー(大型の猫)のマークカッコいいよね。

最近は、若い男性を好む40代以降の女性の事をクーガーと言ったりするし、まさに私にぴったり。

(買わなかったけど・・)

 

 

 「バウヒュッテ」

メーカー名のみですがこれはまぁ、何となく名前で・・。

メジャーらしいですよ、奥様。

 

日本人向けに作られたシートは、小柄な人でもぴったりらしい。

 

どれもそうだけど、いいレビューと悪いレビューがあるので、当たり外れがあるんだろうけど、結局デザインでAKレーシングが優位に立った。

 

オンラインゲームとかしないから、そもそもそんなに高いやつじゃなくてもいいのかも・・、と、今書いていて思った・・。 

 

おまけ的高級ゲーミングチェア、おススメはこれ!

超カッコいい♡

マーベルモデル!!

 

 

ワンピースとか、エヴァンゲリオンモデルとかもあります。 

 

高い価格帯のものは、なぜかオットマンがついていない 

 

最近のゲーミングチェアは、快適さを求め、オットマン付きのものも多いのですが、比較的有名なメーカーのものは、なぜかオットマンがついていません。

 

別売り・・。

 

作業中はやっぱり足を上げられたり載せられたり、シートを横にした時に足も水平にしたいとかあるんですが、何故オットマンが内蔵されていないのだろうか??

 

高級感を出すためでしょうか??

いや、内臓すると壊れやすいのかもしれない。

 

因みに、AKレーシングの別売りオットマンなんて、16000円以上するんですよ。

 

内臓オットマンに比べて、それ単体でスツールとして利用できるという利点もあるので、お値段としては妥当かもしれませんが、オットマン欲しいなぁ・・。

 

というあなたには、3000円台のオットマンをおススメします。

 

 

 スツールとしても使えるし、もちろんオットマンとしても。

内蔵型と違って高さ調節できるし場所も移動できるし優秀。

私はこれをオットマンとして使用しようかと思ってます。

もしくは、足を置くだけなら段ボールとかでもいいやとも思ってます。

 

あくまでも想像なんですけど、オットマン付きのチェアって、オットマンの部分が華奢なんじゃないかと思うのです。

取り出すひと手間もあるし、内蔵型オットマンの写真を見る限り、ここが一番痛みそう・・・。

 

という事もあって、お高いメーカーはオットマンを内蔵しないんじゃないかと・・。

 

ま、それはそれとして、来週にはゲーミングチェアが到着します。

 

実際に購入したことの証明としてもレビューしますので、気になっている方はお楽しみに!

なお、ゲーミングチェアの効能で、作業がはかどるかは・・、謎。

 

私は椅子が断然楽なんですが、座椅子派の方には「ゲーミング座椅子」というのもあります。

 

奇抜なデザインでリビングにはそぐわないけど、ちょっといい座椅子を買うなら、ゲーミング座椅子の方が使い勝手も耐久性もいいと思いますよ。

胡坐をかく方なら、特におススメ。

これは、実際に今1万オーバーの座椅子を使用している私の感想。

 

普通の座椅子って、すぐにヘタレて骨組みが当たって痛くなっちゃうから。

それではまた。

 

 

ゲーミングチェア(ヤマダ電機の通販サイトで取扱品を見てみる)

ビックカメラでゲーミングチェアを見てみる(ビックカメラで見てみる)

 

 

ヨギボーは良さそうだけど、高いし、ビーズの耐久性どうなんでしょう?? 

 某〇トリのビーズクッションはあっという間にビーズはつぶれました。(補充用のビーズは満足するほど入れるとかなりコストがかかる)