うみブログ

旅行記が主と言いながらも、社会や教育の記事もある雑記ブログ

【FF7】飛空艇を手に入れる時はいつでも感動する

今週のお題「ゲーム」

 

今週のお題はゲームですか・・・。

なんか、2年前にも今週のお題でゲームの思い出として、ゲーム会社にいたころの事を書きましたが・・。

そして、3回くらい前にも、今週のお題でゲームの話を書いたような・・・。

 

まぁいいや。

 

 

FFⅦを引っ張り出してプレイした記事の続き

 

2018年、昔のゲームを持ち出してプレイした記録をブログに書いてみた『FFⅦ』。

(ハードも壊れちゃって無いのに、処分しなかったゲームソフトのひとつ)

 

2020年4月にリメイクされて、現在多くの方がプレイしているようです。

 今日はなんと、お蔵入りになっていたFFの記事ネタがまだ少しあったので、1年半ぶりに続きをちょっと書こうかなと思います。

 

最近は、ゲームと言えば『刀剣乱舞』をやっている位なのですが、やっぱり作り込んであるゲームは面白いよね~。

 

FFⅦネタの記事はこちらです⤵。

 

最近リメイクされたお陰で(?)読みに来てくれる人が多いです。

ありがたや。

 

www.kataseumi.com

 

www.kataseumi.com

 

 

 海チョコボが産まれない!

 

取り敢えず、引っ張り出してきた『FFⅦ』 。

前回の記事では、もう、「いつ終わってもおかしくない」と書いているのですが、結局、終わってません・・。

 

何故終わっていないのかというと、「海チョコボ」が産まれないんですよ!!!

 

f:id:kataseumi:20200418215140j:plain

※ 『ファイナルファンタジー7』/スクェア・エニックスより

 

海チョコボは、『FFⅦ』の最終兵器。

コンプリートクリアするのに絶対必要なんです!!

でも、先を急ぎ過ぎた私は、タイミングが悪く、順番に育成する事ができなかったんですね。

 

無闇にブリーディングしても絶対産まれないし、飼えるチョコボの数には限りがある。

オスとメスのバランスも重要だし、川チョコボと山チョコボの順番も大事だし、すっごいチョコボも見つけなきゃいけないし、すっごいチョコボ同士でもダメなんですよ。

 

順を追って産ませていけばいいのですが、ブリーディングには時間もかかるんです・・。

 

やっと目的の性別のチョコボが産まれて、あとはブリーディングだという所で、ある程度時間を経過させないと、卵を産ませることはできないんです。

 

で、こんな時は、ミニイベントなどをクリアーしていけばいいのですが、もう大体終わっちゃってるから、そんなのないんですよ。

 

海底にも行ったし、ルクレツィアの祠も行ったし(ルクレツィアいなくなっちゃったじゃん!)、リミット技も手に入れちゃったし、セフィロスの手前まで行っちゃったし、もうやることないじゃんよ!!

 

と言う訳で、そこで止まって2年経過してます。

 

別に、海チョコボが産まれなくてもクリアーできるんですが、あの召喚獣を手に入れない事にはFFⅦは終われないのじゃ!!

 

FFⅦディスク入れ替えの写真

ディスクの入れ替え、懐かしいでしょ??

※ 『ファイナルファンタジー7』/スクェア・エニックスより

 

所で、飛空艇を手に入れる所は感動する

 

所で、ファイナルファンタジーと言えば、「飛空艇」ですよね。

 

最近は、車で移動してたり、宇宙に行ったり初めから飛空艇に乗っているシリーズもあった気がするけど(12とかそうじゃなかったっけ?)、FFはやっぱり飛空艇ですよ。

 

飛空艇が手に入って、今まで気になっていた所や、地図に載っていない所を探索するの、すごくワクワクしたなぁ~。

 

特に、『FFⅦ』で初めて飛空艇を手に入れる時、この時の演出が最高なんですよ。

あのク〇ポリゴンで、よくぞここまでの演出!

狭いテレビ画面が一気に広い世界へと脳内変換される衝撃、リメイク版ではどうなっているんでしょうね?

気になります。

 

それでは、飛空艇を手に入れる直前の写真を見てみましょう!

 

f:id:kataseumi:20200418215146j:plain

※ 『ファイナルファンタジー7』/スクェア・エニックスより

 

はい、ここ。

確か、ここは「神羅ジュノン支社」で、一回ティファが捕まっちゃいます。

で逃げると。

 

後ろに赤いドレスの女性が見えますね。

神羅の幹部、「スカーレット」です。

 

ティファは、スカーレットに見つかって、漫画のような殴り合いをするのですが、このあと「飛べ!」という声と共に、下から飛空艇「ハイウインド」が上昇してきます。

 

ここ!!

ここ!私が『FFⅦ』で一番感動するシーンです!

 

この時の場面状況としては、クラウドがいなくなっちゃって不安な所なんですが、それを吹き飛ばすようなスカッと爽快なワンシーン!!

 

あの♪ド~レミシ~ラ~♪ドレミソファドレド♪(ここ大事)の、飛空艇の音楽に乗って、一気に閉塞感が取っ払われます。

 

ファイナルファンタジーで飛空艇を手に入れる時は、いつも感動する。 

 

『FFⅦ』は、全体的に暗い舞台設定で、いつの間にか神羅の人達もいなくなっちゃうけれど、何故20年経った今頃またリメイクされるのか 、分かるような気がします。

 

私もゲームと言えば、刀剣乱舞やパズルゲームをちょっとやるだけになっちゃったけれど、久しぶりに引っ張り出して、Wiiやプレステのゲームをすると、その情報量や作り込みに驚くばかりです。

 

スマホのゲームはスマホのゲームで別の需要があるし別物でもあるんだけど、私にとってゲームって、やっぱりハードあってのものなんですよね~。

 

美麗グラフィックもいいけれど、ポリゴンも味があるから、中古屋で探してみて

 

セフィロスと戦う前のシーンの写真

セフィロスと戦う前のシーン。プレイするまで20年忘れてた。

※ 『ファイナルファンタジー7』/スクェア・エニックスより
 

『FFⅦ』は、もう、20年も前の作品です。

私も若かった・・・。

 

今回のリメイクでは、美麗なグラフィックとなり、生きているかのような映像になっていますが、20年前はこんな感じです。

 

所々美麗なムービーが入っているけど、始終こんな画像でプレイしてましたが、頭の中では見事に変換されて、『セフィロスカッコいい~!!』とか思ってました。

 

20年後にプレイしてみたらかなりビックリですが、オタクにはオタクの脳というものがあるんです。

エアリスも随分綺麗になっていたけど、あのシナを作るようなかわい子ぶったアクションて、どうなっているんだろうね??

 

このポリゴンキャラたちも、美麗でない所がかえって感情移入しやすいので 、昔のFFを知らない人は、中古屋さんとかで探してプレイしてみて下さいね。

 

個人的にFFは、Ⅹ-2のあの明るい世界観が好きだったんですが、評価低いですよね、納得いかないわ。

 

それではまた。