ブーム再来の熱海を散策。商店街~伊豆山神社~走り湯へ

こんにちは、かたせうみです。

 

昔昔はハネムーンのメッカ、昔は社員旅行のメッカ、ちょっと昔はさびれてた、そしてここ数年で盛り返した温泉地って、どこだ?

 

それは、熱海!

 

一時本当に寂れてしまって、ホテルの閉館が相次いでいましたが、ここ数年で、また熱海ブームが来ているという・・。

 

本当ですか?!

 

熱海にブームが再来した理由等は、各経済誌などで取り上げられているので割愛するとして、せっかく実家に帰省したから、熱海に行ってみることにしま~す!

熱海なんて、息子が2才くらいの時最後に来たっきり。

 

どれだけ人が戻っているのか、確認してみましょう!

 

因みに熱海とは、このへんです。

 

熱海の地図

 「いつもnavi」より引用

 

熱海は意外と東京から近いよ。

 

「熱海市」は、静岡県にあります。

静岡県て、山も海もあって、工場もあるし温泉もあって、気候も温暖で、広くて豊かな土地なんですよね~・・。

 

富士山がどこにあるのかは、喧嘩の種になるので書きませ~ん!

 

で、その広い静岡県にある伊豆半島の、関東よりの入り口付近に、熱海市があります。

鉄道や高速も通っており、東京方面や愛知方面からの利便性も高いので、星野リゾートが目をつけて再び人気が出たのもうなずけます。

 

新幹線も、「ひかり」の一部と、「こだま」が停車しますが、普通に東海道線を使っても、東京から1時間ちょっとで到着します。

(正しくは、品川から1時間30分程度。新幹線なら45分)

 

1時間ちょっとで利便性もいいのに、非日常の旅行気分を味わえる、とてもお得な観光地「熱海」。

夏には花火大会も開催され、人工だけどビーチもあるし、「近場で非日常」を味わえる、日帰りでもおススメのスポットなんですよ~!

 

熱海へ向けて出発 !今日は電車で行きます。

 

f:id:kataseumi:20190513001907j:plain

 

それでは、熱海へ向けて出発しま~す!

普通列車でも、1時間40分くらいで熱海に着いちゃいますよ。

藤沢からなら1時間です。

 

熱海は車を停める所に困るので、電車を使います。

電車だと、旅先でビールも飲めるし、眠くてもちゃんと目的地まで運んでもらえるからとってもいいね。

 

旅情あふれるBOX席を期待していたけれど、座席はロングシートでした、残念。

 

f:id:kataseumi:20190513001908j:plain

 

茅ケ崎駅では、サザンの曲がちょっとだけ聞ける

 

f:id:kataseumi:20190513001909j:plain

 

桑田佳祐の出身地「茅ヶ崎」駅です。

駅メロは、『希望の轍』!

さすが、「茅ヶ崎海水浴場」を「サザンビーチ茅ヶ崎」に改名してしまった茅ヶ崎市。

 

希望の轍が流れると気分が上向いてやる気が出ますね。

東海道線は、海岸線からちょっと奥に入るので、江ノ電みたいに「眼前に真っ青な海!」というわけにはいかないけれど、結構CMっぽい雰囲気を味わえます。

 

余談ですが、辻堂駅の駅メロは、『浜辺の歌』です。

この曲にするのに、署名をしたらしい・・・。

 

f:id:kataseumi:20190513001910j:plain

 

国府津~・・。

この辺を過ぎると、途端に夏休みっぽい風景に変わります。

 

f:id:kataseumi:20190513001912j:plain

 

海が見えます。

ちょっと曇ってますね・・。

茅ヶ崎は晴れてたんだけど・・。

 

f:id:kataseumi:20190513001911j:plain

 

小田原を過ぎま~す。

小田原駅の駅メロは『お猿のかごや』。

異常なローカル感が溢れます。

 

小田原駅には、小田急線も通っていますよ。

意外と栄えてるんだから・・。

暴走族もいっぱいいるけど・・。

 

f:id:kataseumi:20190513001913j:plain

 

熱海駅到着!

 

熱海に到着したら、晴れました!!

ほんの3日前は、嵐に襲われ大変な目に遭ったというのに・・・。

 ↓

www.kataseumi.com

  

 

f:id:kataseumi:20190513001916j:plain

 

熱海駅に到着しました!!

東海道線は、駅と駅の間隔が長いから、遠いというよりは、『思ったより早く着いたなぁ~』という感想を持つと思いますよ。

 

いやぁ~、旅ですね。

 

f:id:kataseumi:20190612232829j:plain

黒船号⁈

これは、帰りに撮った写真ですが、伊豆急のリゾート21「黒船電車」。

かっこいいですね、絶対通勤では使わない感じのデザインです。

あれに乗ると、下田まで行けるんですよ~・・。

 

f:id:kataseumi:20190513001917j:plain

 

なんか・・、凄い人が沢山いる・・。

本当に、再興した今一番熱い観光地なのだろうか・・・。

 

f:id:kataseumi:20190513001919j:plain

 

ちょ・・・、ナニコレ!

 

黒山の人だかり!

こんな熱海見たことないよ!

 

いくらGWだからってさ、皆さん、日帰りなの?

それとも宿泊??

 

駅ビルも「ラスカ」ができちゃって、とっても綺麗になっている・・。

「ラスカ」の写真はありませんが、ここにはカフェやお土産屋さん、レストランなどが多数ありますので、歩き疲れたり、お土産を買い忘れた時などにも便利です。

 

熱海周辺はものすごい混雑でしたが、皆さん熱海の町でお食事したいでしょうから、多分駅ビルはさほど混雑せずに、お食事やお茶ができると思いますよ。

 

熱海から先はエリア外!Suicaなどはご注意を!

 

       f:id:kataseumi:20190612174550j:plain

 

熱海駅は、JR東日本エリアの終点となります。

そこから先の静岡方面は、JR東海の管轄です。

沼津方面から熱海に入るときは、「エリア跨ぎ」となり、ICカードで入場をした場合、自動改札をそのまま出る事はできません。

ICカードは、原則として清算が必要になります。

 

東京-熱海間なら、同一の管轄内なので入場も改札もSuicaの利用ができますが、熱海から三島や沼津方面へ出るときは、Suicaでの入場はできても、Suicaでの出場はできません。

 

もしも三島方面から熱海駅へ入る場合は、最後に清算をするか、始めに目的地まで切符を買って入場するかのどちらかになります。

静岡方面から熱海へ向かう人は気を付けてね。

 

この日も自動改札でエラーが結構出ていて、人の流れが止まっていました。

突然エラーが出ると、びっくりするよね・・。

 

逆に、東京方面から熱海より先に向かう人も、ICカード利用の場合、エリア跨ぎでエラーが出ますので、注意が必要です。

 

なんか、不便ね・・。

 

熱海駅はこちらです。

 

熱海駅周辺の写真
熱海駅は人であふれていた。

 

活気がありますね。

疲れるけど、休日らしくて嫌いじゃない。

 

熱海駅前足湯の写真

足湯もある。

足湯もあります。

 

f:id:kataseumi:20190613001259j:plain

f:id:kataseumi:20190613001444j:plain

 

熱海駅前は、この様な感じになっております。

この後、商店街などを散策し、伊豆山神社から走り湯へ向かいます。

 

つづきはこちら。

www.kataseumi.com 

 

伊豆山神社の御朱印の記事はこちら。

www.kataseumi.com

 

熱海商店街にニューオープン!いちごボンボンベリーのレビューはこちらです。  

www.kataseumi.com

 

スポンサーリンク