はてな側の問題じゃなかった!アドセンス【サーバーの過負荷】【ホストエラー】を修正

f:id:kataseumi:20190325185114j:plain

 

こんにちは、かたせうみです。

記事数が増えた頃、グーグルアドセンスから「サーバーの過負荷」というエラーメッセージが頻繁にくるようになりました。

 

 

広告クローラのエラーが生じており、収益の損失が発生する可能性があります。

 

 

という、内容。

詳しくみてみると、「サーバーの過負荷」「ページが見つからない」と書いてある。

結構他のブログでも頻発しているらしい。

 

サーバーの過負荷という事で、もう絶対はてな側の問題だと思っていましたが、結局自分の方に問題がありました。

今回は、アドセンスのエラーを修正し、自動広告の配信が復活するまでの記録です。

 

ホストエラーについての説明は、もう既にいくつものブログで書かれていますので、省略します。

ざっくりいうと、処理に時間がかかりすぎて、クローラーがサイトを確認する事ができないよ。

だから、自動広告を配信する事ができません。

みたいな、アドセンスのエラーの事です。

 

心当たりもあるけれど、一度ちゃんと診てもらう事にしました

 

ページが見つからないについては、心当たりもありました。

 

少しでもページ速度を上げるため、個人的な判断で、アクセスの多いいくつかの記事のURLを、重い日本語から、軽いアルファベットへ変更し、リダイレクトのコードをheadに入れてたのです。

 

古い記事から検索で来ると、3秒くらいは転送に時間がかかってました。

 

サーバーの過負荷

については、サーバーを持っている「はてな」側の問題だと思ってました。

それで、はてなにも問い合わせましたが、問題はないと回答がきていました。

 

おかしいよ!

それに、収益の損失なんて困る・・。

 

他のブログでも、サーバーの過負荷は「はてな」の問題だしどうしようもないって書いてある事が多い。

事実、たまにアラートは消えることもあるし、たまには自動広告も配信されてる時もある。

 

でも、そんなにはてなでサーバーの過負荷が頻発してたら、何かあるはず。

 

どうにも気持ち悪いし納得しないので、今後の事も考えて、一度ちゃんと見てもらう事にしました。

(有料)

 

エラーといっても原因は様々なので、この記事がすべて正しいわけでは無いけれど、

 以下の事柄に心当たりがある方は読み進めて下さい。

 

注意!

 

 デザインにグーグルアドセンスの自動挿入コードを入れている。

 

 カスタマイズの為のコピペコードを複数入れている。

 

 数カ所にアドセンスが配置されるように、コードを複数入れている。

 

 ダブルレクタングル(横並びの広告)を配置している。

 

 URLを変えた記事の、リダイレクトコードをheadに入れている。

 

 

今回、サーバーの過負荷の原因となったもの、それは、コピペCSS 

 

ブログを確認してもらって出た答え。

 

ホストエラーの一番の原因は、アドセンス自動挿入のコードだという事でした。 

慣れたころの、無理なカスタマイズが原因とは・・・。

 

 
 

え、なにこれ・・、すごい数のエラーが出てるよ!(# ゚Д゚)何やったの?

何入れたの! 

 

 

 

 な・・、何もしてないよぅ・・。

ちゃんとブログは表示されてるじゃん~。

 

 

 

表示されてても、バックグラウンドでエラーが出てんの!

あんたこれで、もしもブログの引っ越しとか、えらいことだよ(怒)

 

 

 

(´・ω・`)ショボーン・・。お引越しはしないけどさ・・。

 

 

 

一見、何の問題もなさそうに表示されているこのページに、実は数えきれないほどのエラーが出ていました。

その中には、ページがあるにもかかわらず、ページが見つからない(ページの処理が終わらない)エラーも。

 

ページ速度を確認する、なんかよくわからない、映画『マトリックス』に出てきそうなものを見せてもらいましたが、なるほど、ページは表示されているのに何かが処理中で、何かがずっとカウントされている。

 

色々調べてもらって解析してもらった所、どうやら、アドセンスを自動挿入するためのコピペがエラーを誘発しているとの事。

 

当時貼っていたアドセンスを自動挿入させるためのコピペは4つ

 

当時貼っていたコードは、4種類でした。

 

 

1、 一番始めの大見出しの手前にリンクユニット×1

 

2、 2番目の大見出しの前にダブルレクタングル×1

 

3、 最後の小見出しの前にインフィード広告

 

4、 記事下にダブルレクタングル×1

 

  ※ それぞれ、該当の見出しがない場合、挿入場所を再計算する。 

 

 

という内容のものです。 

 

他に、関連広告が記事下にすぐに来るようにしたコードも入れてました。

 

コード自体に間違いはないようでしたが、組み方によっては2重3重に重複した動きをしたり、お互いのコードが干渉しあってりして、広告は表示されているものの、バックグラウンドでは延々通信が続いているという状態が続き、処理が終わらないうえ、本来はページがあるのに、要求はタイムアウト。

そのせいで、ページが見つからないというエラーまで誘発してしまっていました。

 

本来なら、一つのコードで流れるように指示を出す所を、一つの指示に一つのコードを使っていたため、下の図のような事が起こっていたのだと、説明されました。

 

  

  f:id:kataseumi:20190325185113j:plain

 

  

  f:id:kataseumi:20190325185112j:plain

 

その他にも、私の知識が足りないため、1記事に1つしか使えないIDを、2回使っているエラーも出ていると言われました・・(´・ω・`)ショボーン。

 

同じコピペを2回使ったからね・・・。

 

ダブルレクタングルに注意 

 

特に、ダブルレクタングルの設置についてはこうも言われました。

 

 

広告を二つ並べているやつね。

モバイル表示の場合、一つだけ表示されるように書いてあるけど、実際にはモバイル画面で見えないようにしているだけで、消えているわけじゃないよ。

表示はされている事になってる。

配置自体には問題ないけど、同じような場所を別の言い方で位置指定してるもんだから、内部で同じ場所に何度も広告を出そうとしているよ。

これも誤作動の原因だよ。

 

 

 

 そんなぁ・・。

文系なので、詳細な事は分りませんが、雰囲気は伝わってくる・・。

しかし、説明されていることの半分くらいしか理解できない文系の悲しさ・・。

 

せめて、英語くらいは頑張って勉強しておくべきだった・・。

 

と、まぁ、この様なエラーに次ぐエラーで、アドセンスのクローラーが本来の動きができなくて、サーバーの過負荷という扱いになっていたようです。

 

URLを変更した404エラーについて 

 

サーバーの過負荷と共に、ず~っと出ていた「ページが見つからない」エラーですが、これも、きれいに直りました。 

 

もともと、URLを変えてしまった記事は、正しい記事に転送されるよう、headにリダイレクトのコードを入れてたんですが、転送までに3秒ほどかかる上、サーバーの過負荷と相まって処理が遅くなり、いつまでたってもエラーがおさまりませんでした。

 

(リダイレクト自体はされる)

 

これに関しては、友人がプログラムを直接いじって直したそうなので私はよく分かりません。

 

「アフィリエイトが先に動くようになってたから、リダイレクトが一番先に動くようにした。」

 

と言ってました。

現在は、古い記事から検索で来ても、ページ切り替えの文字すら表示される前に転送されてます。

 

本当は、リダイレクトのコードは入れない方がいいそうです、負荷がかかるから。

一時アクセスが落ちるかもしれないけど、元記事がインデックスから消えるまで我慢しろって言われた。

けど・・・むり。

 

だって、うちの花形記事だったんだもん。 

 

因みに、URLを変えた新記事の方も、グーグルにインデックスされてはいました。

 

そして、アクセスが少ない記事に関しては、元記事は既に検索から消えて無くなっていて、URLを変えた正規の記事が表示されるようになっていました。

 

だから我慢すれば、アクセスが多い方の記事も、元記事は検索から消え、正規の記事だけが検索画面に表示されていたかもしれません。

でも、怖すぎたので、やってません。

 

写真の圧縮もした

 

エラーがなくなるまで、結構地味な作業もしました。

 

ページ処理の負担となっている、サイズの大きな写真を圧縮しました。

この作業が地味で辛かった・・・。

 

今後は、面倒でもちゃんと画像を圧縮してからブログにあげよう・・。

 

その後 

 

その後ですが、本当にすっきりエラーは出なくなりました。

 robots.txt のエラーまで出なくなりました。

 

ずっとはてなのせいにしてたけど。

 

結局、忙しい友人の仕事の合間を縫って、途切れ途切れで確認してもらったので、このエラーが修正されるまで数か月かかりました。

 

この記事を読んで、心当たりがある方は、一度広告の自働挿入のコードを外してみる事をおススメします。

 

その他にも、もしかしたら無理に処理させているコードがあったり、スペルミス等のコードがあるかもしれません。

 

現在、記事下の広告のバランスが悪くなっていますが、調整中です。

友人が忙しくなっちゃったから。

そのうちきれいになると思うので、見苦しい点ご容赦ください。

 

それでは、今日も読んでいただきありがとうございました。