【網走監獄は面白い!・前半】網走~尾岱沼北海シマエビの旅①

こんにちは、かたせうみです。

10月下旬から11月の上旬にかけて、尾岱沼、秋の北海シマエビ漁が解禁になります。

今回は、その北海シマエビ目掛け、1泊2日で敢行した弾丸旅行の記録です。

 

行程とルートは、以下のようになっております。

 

 

 1日目

 

☆彡  午前8時30分女満別空港着

 

☆彡  レンタカーで網走監獄へ

 

☆彡  知床から羅臼へ向かい、宿着

   (近くの漁港で北海シマエビを購入)

 

2日目

 

☆彡  野付半島トドワラ散策

 

☆彡  神の子池見学

 

☆彡  女満別空港より帰宅  

 

 

f:id:kataseumi:20181031234541j:plain

こうしてみると近いけど・・。

f:id:kataseumi:20181107001449j:plain

 

結構距離がありました。

 

総移動距離338キロ(新千歳ー女満別間は除く。)

それでは、網走監獄から行ってみましょう。

 

早朝便で新千歳空港から女満別へ! 

 

新千歳空港早朝発のJAL便で、一路女満別空港へ。 

 約50分程で到着です。

機体が揺れたので、リバースしました・・・。

もう、顔面蒼白・・・。

 

f:id:kataseumi:20181029013234j:plain
f:id:kataseumi:20181029013235j:plain

 

女満別空港です。

最近は、どこへ行っても萌えキャラがいますね・・・。

 

女満別空港は小さいので、到着口を出るとすぐに出口です。その出口付近に、レンタカーのカウンターがあります。

本日は、オリックスレンタカーを予約しております。

 

やっぱり、北海道を回るにはレンタカーが欠かせません。

 

f:id:kataseumi:20181029013236j:plain

 

空港から送迎に乗って2分位の所にある、レンタカーの事務所へ向かいます。

今回は「じゃらんネット」から予約しましたが、オリックスレンタカーはなかなか対応が良かったですよ。

 

オリックスレンタカーのお隣には、ニッポンレンタカーがあります。

じゃらんネットのレンタカー予約はこちら。

 

網走監獄到着! 

 

f:id:kataseumi:20181029013255j:plain

f:id:kataseumi:20181029013300j:plain

 

車に乗って30分、「網走監獄」に到着しました!

早速入り口で入場料を払います。

家族で行くと結構かかりますが、中身が濃いので満足できると思います。

 (2018年10月時点)

大人 1,080円
大学・高校生 750円
小中学生 540円
団体割引 20名様以上 2割引
福祉料金 540円
網走市民割引 2割引
インターネット割引券 10%OFF


事前にHPへアクセスすると、割引券が手に入りますよ。 

 

f:id:kataseumi:20181029013258j:plain

 

まずは、敷地真ん中の庁舎へ 

 

 

「網走監獄」は、一つの建物にすべてが収まっている博物館ではありません。

 

広い敷地の中に、移設された建物や再現された資料館が点在していて、春は桜、秋には紅葉、冬には雪景色を楽しみながら散策できるようになっています。

 

各施設を堪能するなら、じっくり2時間くらいは必要です。

(さっとまわるなら60分位)

 

 

庁舎の中は、喫茶室にお土産屋さんがあるほか、資料の展示等があります。

受刑者が拓いた横断道路の歴史や貴重な文献が展示されています。

 

当時北海道開拓を託された典獄(刑務所長)が、網走監獄が設置された意義を語っている映像は、ぜひ足を止めて見ていただきたい部分です。

 

f:id:kataseumi:20181029013306j:plain

 

ここで、ゴールデンカムイのキャラクターを貰う 

 

網走監獄は、漫画「ゴールデンカムイ」スタンプラリーのチェックポイントになっています。 

スタンプラリーに参加するには、まず「舞台めぐり」というアプリをダウンロードしなければなりません。

 

えええ、もう、紙にスタンプの時代じゃないんだね・・・。

 

f:id:kataseumi:20181029013302j:plain

網走監獄野田サトルのサイン
向かって右側は、由緒正しいスタンプです。

 

舞台めぐりのアプリとは??

 

アプリ「舞台めぐり」は、タイアップしたアニメや漫画の聖地巡礼用のアプリです。

 

QRコードからダウンロードしたキャラクターと、現地で写真を撮ったり、巡礼記を投稿したり、キャラクターが聖地近くのスポットを紹介してくれたりと、なかなか面白く評判もいいみたいです。

 

私もキャラクターが欲しいので、早速ダウンロード。

 

f:id:kataseumi:20181028210441j:plain
f:id:kataseumi:20181028210437j:plain
白石か~、良いんだけど別に

「聖地なう」を投稿したり、白石と監獄の写真も撮ってみたかったけど、ギガが勿体ないのでやめました。

Wi-Fiは、敷地の一部のみで利用できます。

最大15分の2回までって・・・・。

 

網走監獄の散策を開始

 

それでは、網走監獄をお散歩しながら紹介していきます。

順番は順不同です、忘れちゃったから。

 

f:id:kataseumi:20181029013315j:plain

 

「釧路地方裁判所網走支部法廷復元棟」

 

ここは、法廷を再現したホールや資料の展示があります。

展示ケースには、明治時代の法衣も・・・。

 

明治23年頃の法衣の
明治23年頃の法衣

 

現在の法衣が真っ黒なのに対して、ずいぶんと仕立てのいいというか、浪漫のあるデザインですね。

何故黒いのかというと、「何物にも染まらない」というような意味がある様ですよ。

 

法廷も再現されている

 

展示ケースや説明を読みながら進むと、法廷を復元したホールが2つほどあります。

入り口からは中が見えないので「ホールかな?」位にしか思いませんが、覗いてみてびっくりΣ(・ω・ノ)ノ!。

 

f:id:kataseumi:20181106205913j:plain

 

いきなり人形・・(;゚Д゚)!!!

 

人形があるだけで、すごい臨場感です。

他にも面談室の再現もあり、なかなか・・・なかなかです。

 

f:id:kataseumi:20181106205931j:plain

時代を感じさせますね~・・・。

検事との面談でしょうかね??

f:id:kataseumi:20181029013322j:plain

  

 

あ、あの人、どうしちゃったのぉ~!!?

 

 

めめ、面会じゃない?

 

 

外からのぞく形で見るので、人の人生を盗み見るような気持になり、何とも言えない感覚になります。

 

こちらは、明治時代の職員官舎です。 

 

f:id:kataseumi:20181029013311j:plain

 

こちらは、明治時代の職員官舎です。

1軒の広さは9坪。

当時はさぞかし寒かっただろうなと思いますが、北海道の地方では、まだ似たような住宅を見る事ができます。

 

f:id:kataseumi:20181029013312j:plain

網走官舎の説明写真



後半へ続く。

読んでいただき、ありがとうございました。