NISA非課税期間終了後、どうする?ロールオーバーのご案内。

こんにちは、かたせうみです。

本日、自宅に証券会社から「ロールオーバーのお知らせ」なるものが届きました。

 

2014年に始めたNISAで買った商品が、5年経過するからです。

 

NISAを始めたときには、そんな事謳ってなくて、そのまま課税口座にスライドされると思ってたけど、もう一回NISAに入れることもできるみたいですね~。

今日は、その内容を記事にしました。

 

さ~て、どうしようかなっと。

 

NISAとは?

 

「NISA」とは、簡単に言うと、株や投資信託等の新規投資額が、年間120万円までなら 利益が非課税になるという、お得な専用口座の事です。

この制度は2014年から始まり、非課税期間は5年間です。

 

少額投資の為の非課税制度らしいですが、一般人からしたら、投資で120万はなかなか大金です。

しかも、利益が非課税になるという事は、もしも、120万で購入した株が、5年の間にテンバガー(投資したものが10倍になるという、投資家の夢)を達成したら、1200万ですから、利益は・・・、え~と、1080万円?

 

1080万円の売却益が非課税になるという事ですね、わぁ~お!

 

そんなうまい話はなかなかありませんが、私は実際に短期間で10倍になった株をいくつか知っています。

 

そして、これが課税口座なら、利益の20パーセントの税金が課せられてしまうんです。

 

と、いう所で、私も時流に乗って、2014年にもともと持ってた課税口座の他に、NISA口座を開設してチマチマ株を買ったりしてました。

 

その株等が、今年の12月末で5年を迎えることになったので、この度のご案内が来たんですね~。

NISA開始当初に口座を開設して投資を始めた人は、2018年の12月末が、満了日です。

  

f:id:kataseumi:20181003181806j:plain

 

「NISA」は、2023年までの措置ですが、延びる可能性も0ではありません。

 

NISAで5年過ぎたらどうするか

 

NISA投資後、5年経過時 に金融商品をどうするかというのは、人それぞれですが、大きく分けると以下のようなパターンになると思われます。

 

1、そのままNISAでロールオーバーする

 

持ってる商品の一部、または全てをもう一度NISAに入れるやり方。

 

NISAの非課税枠は年間120万円ですが、ロールオーバー時のみ、そのリミッターがなくなります。

移行できる資産に上限額はないので、資産の評価額が120万円を大幅に上回っていても移行が可能です。

 

前途有望な商品なら、これは結構おいしいですね。

 

やっぱり、何といっても非課税ですから、『とりあえずもうあと5年考えましょう。』という感じですか?

これからもっと値段が上がるかもしれないし、高くなったらその時売ればいいや♡

 

そうでなくとも、当面の売却予定がなければ、そのままNISAに入れておくのはひとつの手ですよね。

5年のうちに10倍になるかもしれないし、うひひ。

 

この場合、もう一度NISAに入れる旨を、証券会社に届けなければいけません。

 

ロールオーバーをするときの注意点

 

ロールオーバーする時は繰越のような感覚ですが、実際は翌年の非課税枠を使って、新規に投資する扱いになります。

 

ですから、ロールオーバーする金額によっては、翌年NISAで新たに投資が出来なくなる可能性もあります。

120万を超える資産を移行させた場合、非課税枠を使い切ってしまいますから、次年はNISAが使えません。

どうしても買いたい商品があるときは、NISA口座ではなく、課税口座を利用することになります。

 

f:id:kataseumi:20181003183739p:plain

NISAの概要 : 金融庁

 

 

f:id:kataseumi:20181003223323j:plain

 

他にも、損益通算が出来ないとかありますが、割愛します。

 

2、NISAから課税口座に移す。 

 

特に証券会社に連絡しなければ、5年経過した商品は勝手に課税口座に移行されます。

もしも来年、NISAで大化けしそうな株を買う予定なら、非課税枠は空けておかないといけませんから、そういう時はロールオーバーしないで、課税口座に移行させたほうがいい時もあります。

 

売却益が出れば税金がとられますが、投資上限がないのでいくらでも買い増しできるし、売買は自由自在。

利益と損失の 相殺も可能です。

 

投資家さんたちの記事や掲示板を見てると『NISAは投資できる額が少ないから儲からない』みたいな文章を見かけますが、すごいな~としか言えない・・♨

 

スポンサーリンク
為替
ビットコイン
課税口座に移すときの注意点

 

ここで、課税口座に移すときの注意点です。

 

上の説明で、「ロールオーバーする時は、NISA口座に新規投資する扱いになる。」と書きましたが、課税口座に移す時も同じです。

 

もしも、NISA口座で買った商品の評価額が下がっていたら、下がった評価額で新たに投資することになります。

そして、年月を経て価格が元に戻ったとしても・・・、それは利益とみなされます。

利益という事は、売却時には、税金がかかります。

 

・・・、なんか、納得いかない・・。

 

f:id:kataseumi:20181003231901j:plain

 

3、この際だから、売却しちゃってFXとかに投資! 

 

ロールオーバーも、口座の移行もしないで売っちゃう!!

 

手元に残ったお金で、旅行に行くとか、貯金するとか、子供の学費とか・・。

現金にした分で、新しい株や投資信託を買う?

それとも・・思い切って、これを元手にFXや仮想通貨に投資を始める??

 

運用成績が悪くない商品なら、貯金するよりは、NISAに置いておいた方がいい気はしますけどね・・。

じゃなければ売却して、もっと大きいリターンを狙うのもありですね。

 

それで、私はというと・・・?

 

それでですね、私はどうするかというと・・・・。

 

ロールオーバーですね、アナグマ戦法で。

 

と、いうのも、今我が家には新たな投資をする余裕がないので、来年のNISA枠を使う予定がないのです。

 

今回ロールオーバーするのは、「なとり」株と、某投資信託。

投資信託の方は、正直思ったほど好調でもないので、もうどうでもいいんですが、まぁ、運用成績が今はマイナスでないので、もう少しこのままでもいいかなと思っています。

 

「なとり」株は、全く売る気なし。

 

地味でぱっとしないけれど、優待はお酒のおつまみだし、配当は、預貯金するよりずっといい。

急成長のビジョンは見えませんが、最終的に売却する時に、取得金額より高くなっていればいいんです。

魚貝の高騰に負けず、頑張って頂戴。

 

それでは、読んでいただき有難うございました。