【中学受験面接】起死回生!漫画が面接を救った話。

集団面接での出来事友人の子の場合

 

f:id:kataseumi:20180916232954j:plain

 

f:id:kataseumi:20180916233011j:plain

 

おもむろに、イタリアのテーラーについて語りだす娘。データソースは??

 

f:id:kataseumi:20180916233032j:plain

 

こんにちは、かたせうみです。

 

中学受験では、面接がある学校とない学校がありますね。

面接がある場合、自己紹介程度のものから、基礎学力や応用力を求められるものまで、各学校で傾向があります。

 

上の話は友人のお子さんのお話ですが、集団面接の上プレゼン能力を求められる、ちょっと高度な面接ですね。

大人しくて、我先にといけない子ですが、引き出しからこの場にマッチした情報を取り出せたようです。

 

漫画でもなんでも、引き出しに入れられるものは、何でも入れておけというお話です。

 

因みに、データソースとなった作品は、こちらです。

 

実は、私は読んだ事ない漫画です。 

なので、書評はありません( ̄▽ ̄) 。

 

スーツの仕立てがテーマの専門漫画ですが、上質とは何か?や、素材やボタンの違い等々、知っていて損はない知識が身につくようですよ。

 

プチプラが流行していますが、高いものは何故いいのか位は、ある程度の年齢や地位になったら知っておきたいですね。

 

とりあえず、スーツには「ブリティッシュタイプ」・「イタリアンタイプ」・「アメリカンタイプ」とあるようですが、『王様の仕立て屋』は、イタリアのナポリが舞台です。

 

映画『キングスマン』では、肩がカチッとした、ブリティッシュタイプのスーツで、エレガントにアクションしていましたが、イタリアのスーツといえば『ゴッドファーザー』や『アンタッチャブル』を何となく思い出しますね。

 

残念ながら、知識の浅い私が上の漫画で記事を膨らませられるのは、これくらいです。

 

やはり、引き出しはたくさんあった方がいいですね。

 

今日の記事は、以上です。

 

読んでいただき、ありがとうございました。