そのまま食べると美味しくない「コリンキー」をピクルスで。

こんにちは、かたせうみです。

コリンキーって知ってますか??

 

最近、野菜の直販所や、道の駅等で売っている、生で食べられるカボチャの事です。

黄色が鮮やかで、生でもOKで美味しいって道の駅の札には書いてあるけど、実際サラダにすると、くせはないけど味なんかしなくて、モサッとしていてまずい・・・。

 

ドレッシングとの絡みもよくないんですよね・・・。

 

でも、ピクルスにすると生まれ変わったように美味しくなるんです。

 

コリンキーの写真
コリンキー

コリンキーを漬けてみた。

 

実は昨日の記事で、彩りピクルスの話を書きました。

余ったパプリカは、ピクルスにするとお弁当の彩りが華やかに! - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

なので、作り方はリンクを参照してください、とても簡単です。

 

というわけで、またしても「カンタン酢」を利用して、楽に漬けてみようと思います。

 

f:id:kataseumi:20180901154035j:plain

 

コリンキーの素晴らしいのは、鮮やかな黄色。

そして、黄色の面積が大きい事。

紫のキャベツと合わせると、食卓が南フランスになります。

 

いつも通り、南フランスには行った事ありません。

 

f:id:kataseumi:20180901154024j:plain

これは、南フランスのイメージです。

 

深型のお皿を使っていますが、大きめの白いプレート等を使うと豪華で華やかな食卓になります。

 

コリンキーはくせがないので、ピクルスにするとコリコリシャキシャキの歯ごたえが楽しめて、そのまま食べても感じなかった甘味や旨味が出てきます。

 

不思議ですね~・・・・。

 

コリンキーは簡単にスライスできて、皮も使える。

 

普通のかぼちゃは、切るときにすごく苦労しますが、コリンキーは簡単に切る事ができます。

 

f:id:kataseumi:20180901154033j:plain

 

こんな感じで切ります。 

切り方は、何でもいいのよ・・。

 

いかにもフルーティで美味しそうなビジュアルですが・・・、このまま食べても私は美味しくない・・ていうか不味い。

 

前回使ったパプリカも一緒に漬けます、面倒くさいからね・・。

 

f:id:kataseumi:20180901154021j:plain

 

もちろんお弁当の彩りにも使えますので、コリンキーを見つけたら甘酢に漬けてみてね。

普通のお漬物でも美味しいみたいだけど、甘酢が好きなので、ピクルス推しで記事を書きました。

 

コリンキーの鮮やかな黄色は、βカロテン。

その他にも、ビタミンCにビタミンB1、ビタミンB2、カリウムやカルシウム等の栄養素がコリンキーには含まれるので、お酢の力と併せて、美容や健康にもいいことづくめ。

 

ピクルス液は自作の方が自信あるけど、カンタン酢でも美味しくできますよ。

カンタン酢のまわしものじゃないけど、最近はよく利用して楽してます。

 


しっかり漬かると、黄色味が強くなりしっとりとした艶が出て、一見果物の様になります。

 

ピクルスの詳細はこちらです。

www.kataseumi.com

読んでいただき、ありがとうございました。