胆のう摘出腹腔鏡手術。費用と、保険金。術後の生活等①

こんにちは、かたせうみです。

『カニの胆石日記』番外編。

入院治療の気になるところ、本日は、『費用と術後の生活①』です。

胆石日記は、今回含めてあと2回。

これが本当の最後となります、続けて読んでくださった方、ありがとうございます。

 

①はこちら

www.kataseumi.com

手術編①はこちら

www.kataseumi.com

 

 

胆のう摘出手術、かかった費用

 

ではまず第一回目はお金の話です。

この度の、黄疸~胆のう摘出までに掛かった、気になる費用からご説明します。

 

記事後半には、医療保険から出たお金も公開しますよ!

 

それでは、入院費からです。

 

① 黄疸を発症して緊急入院した1回目(ほぼ絶食の為、食事はほとんどなし)。

 

② 大腸内視鏡検査でのポリープ切除

 

③ 胆のう摘出手術のための入院、手術

 

全て合わせて、延べ12日・・・・。

請求額は・・・・チーン。

 

729、970円です

 

がちょーん。

 

ですが、健康保険が適用となるので、実際はこちらの金額の3割負担となります。

 

なので、自己負担はおよそ 218、991円です。

細かいことは、忘れました。

 

この先もまだあります、しっかりチェックしてくださいね。

 

※ この数字は、カニさんから請求書を見せてもらった、かたせうみのメモによります。

(当初保険記事としてネタにしようとしていた。)

 

但し、カニさんは、健康保険組合から「高額医療限度額証明」を先に貰って出していたので、実際に負担した金額は84、730円となりました。 

 

f:id:kataseumi:20180731222253j:plain

 

ここで説明しよう!

 

高額医療限度額証明とは

 

「高額医療限度額証明」とは、 簡単に言うと、国民皆保険制度により、国民は、国保なり、組合なりの健康保険に強制加入となっています。(と仮定します。入ってないというか、払ってない人もいる。説明は割愛)

 

保険適用の医療費については、個人負担のひと月限度額が決まっています。

 

限度額は、所得や年齢により段階的に分かれますが、高所得者でなければ、大体8万プラスαとなり、限度額を超えた場合、申請すれば、超えた分の医療費が払い戻されます。

 

高額療養費制度を利用される皆さまへ |厚生労働省

 

でも、あとから戻るといっても、10万オーバーの高額な医療費、そんなにサクサク払えませんよね。

 

なので、ある程度の医療費が見込まれる入院や通院の場合、事前に健康保険組合に「高額医療限度額証明」を発行してもらいます。

 

これを病院に提出しておけば、会計は多くても限度額のみとなります。

なので、カニは20万オーバーの医療費が、8万何某で済んでいるわけです。

 

医療費の限度額は、その月ごととなり、単月に8万円以上の支払いがなければ、払い戻しや適用はありません。

 

もし、前月に7万程度支払っていたとしても、翌月分との合算はしてもらえません。

ですからカニさんは、何が何でも同じ月に入院・手術を済ませたかったのです。

 

 

詳細はこちら

www.kataseumi.com


胆のう摘出手術入院・手術費支出の簡単な内訳

 

それでは、入院・手術費用の簡単な内訳を説明します。

 

① 胃腸科診察    

  3800円(初めて訪れたちょっとヤブ医者だったところ。)

 

② 救急診察

  4000円(黄疸が出て、救急センターへ駆け込んだ分)

 

③ 最初の入院

  (約)40、000円

 

④ 2回目入院

  (約)150、000円

 

⑤  外来診療(2回分)

   5000円

 

⑥ TVカード諸々

   9,000円

 

⑦ 診断書

   10、800円 

 

⑥⑦と、月をまたいだ外来診療以外は、高額医療限度額証明の利用で、負担は84、730円となります。

・・・、健康保険様様ですね。

 

f:id:kataseumi:20180731222321j:plain

 

というわけで、保険適用なら、高額な治療費でも上限までの支払いでストップです。

 

テレビの医療保険CMは、間違いじゃないけど、出していない情報がある!

 

よく、保険のTVCMでは、「医療費にこれだけかかります。」という、脅しのような文句がありますが、実際はこの様になっています。

 

働けない分の給与は、健康保険組合から『傷病手当』として、一部補填もされます。

なので、実際にCMにある様な高価な医療保険が、生活費を削ってでも必要かというと 、そこは見直した方がいいかもしれませんね。

 

が!

 

やっぱり、働けなくなった分、生活費は目減りするわけで・・・。

うーん、生活費が目減りするのは痛いですね・・。

 

実は、カニさんはしっかり生命保険の医療特約もつけていました。

これも公開します。

 

おそるべし金額!!

 

生命保険からおりた保険料の内訳を公開  

 

さて、それでは、今回の入院によってカニさんの懐にいくら入ったでしょうか??

 

① 入院給付金

 120,000円(1日10,000円×12日分)

 

② 入院一時金

 50,000円

 

③ 手術一時金(大腸ポリープ分)

 100,000円

 

④ 手術一時金(胆のう切除分)

 150,000円

 

以上、医療特約から出た金額

 

420,000円!!

 

さらに、健康保険組合より

 

傷病一時金

 

150,000円 

 

 

 合計  570、000円ですと。

(他に、25、000円ほど、職場の保険から貰ったらしい。)

 

カニさん、大幅プラスじゃ~ん!!

最初の大腸ポリープ切除なんて、内視鏡検査のついでに、訳も分からないまま「プチン」と切られただけですよ?!

 

(【ノンフィクション】カニの胆石日記⑦ 大腸内視鏡検査 - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ を参照してください。

 

そう、当時保険太りしたカニさんは、このお金で奥さんと旅行に行き、部署の同僚にはリッチなお土産を買ってきてくれました。

 

そして、もう全部使ったそうです。
(パチスロか?!)

 

この金額を見ると、やはり、いざというときの保険は頼りになりそうです。

ただ、カニさんもずっと、病気ひとつせず払い続けていたわけで、保険料の総額は、今回支払われた金額より、かなり払っていると思われます。

 

入院1日10000円は、割とスタンダードな補償です。

でも、「職場の隣人」として、面白おかしく書いていますが、カニさんは結構キャリアのある人なので、保険料も、そこそこのものに入っていると思うんですよね~、そこまで聞いていないけど。

 

 

と、いうわけで、今回は、入院すればかかってくる、気になる費用をまとめてみました。

不安で一杯の方の、少しでも参考になればと思います。

 

f:id:kataseumi:20180731222354j:plain

 

医療保険には、3代疾病や成人病特約、差額ベッド費用の補填、障害認定や悪性新生物、はては抗がん剤費用保障、先進医療保障・・・。

諸々あります。

 

経済に余裕があるなら、良い保険に入っておけば安心ですが、その分払いはきつくなります。

 

いざというときに、最低限の保証を残して、

今貯金するのか、苦しくても、未来の自分や家族のために払い続けるのか、意見は分かれると思います。

 

この先の事なんて、神のみぞ知るですからね。

 

ただ、保険の証券はこまめにチェックして、自分で読めて、試算できるくらいは勉強した方がよさそうです。

 

カニさんは大きくプラスになりましたけどね。

 

ご存知の方は多いかもしれませんが、アメリカには一部を除き公的保険はありません。

全部個人契約の自己責任です。

(ERとか見るとわかる。←古い)

怖いね。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

次回は、カニさん執筆、術後の生活です。

 

 

スポンサーリンク