花をもらって嬉しくない人はいない・・・・・か?

こんにちは、かたせうみです。

 

今日はちょっと「もやっと」したお話です。

 

あなたはどうですか??

 

それは、親しい知り合いのお宅へ招かれた時だった。

 

それはある日、友人というか、親しくしている知り合いのお宅に数人が招かれた時のお話です。

 

夕方からのおよばれだったので、夕食は軽く準備してくれるとの事。

となると、各々差し入れやお土産を持っていきますよね。

 

で、ケーキや生もの等、被らないように、呼ばれた側で差し入れ相談が始まります。

 

差し入れが決まったならば、訪問先とも被らないように、訪問するお宅に事前にお知らせします。

 

基本的に持っていくものは

 

1、当日みんなで食べられるもの。

 

2、当日中に食べられなかった場合、訪問先のお宅で食べられるように日持ちするもの。

(果物とか、焼き菓子とか、加工品とか)

 

3、または、余ったら、ラップ等に包んで、みんなに配れるもの。

 

という事を念頭に置いたチョイスが相場かなと思います。

 

その時も、誰かが言い出したわけではないけれど、訪問先でみんなが食べられて、かつ日持ちして、余ったら配れるようなものを選ぶ流れで、話が進んでいました。

(と、私は思っている。因みに、みんな車なので、お酒は無し。)

 

以下、回想シーン・・・

 

f:id:kataseumi:20180718234103p:plain

f:id:kataseumi:20180722005012p:plain

 

 

 

・・・、いいんです。

 

・・・、サラダあたりかなと思った私が思い込んでいたんです。

 

この話を読んで、????と思った人、あなたはとても優しくて、心の広い人です。

 

呼んでくれたお宅へ持っていくお土産なので、お花は素敵なチョイスです。

 

この話の流れで、お花を持っていく鈴木さんに「もやっ」とした私は、狭量なのかもしれないし、意地悪なのかもしれませんね。

そして、お持たせの品物も、特段『食べ物にしよう』との、意思統一を確認していたわけではなく、たまたまみんな食べ物にしただけだったと、私が勘違いしただけなのかもしれません。

 

当日、呼んでくれたSさん宅には、素敵なアレンジメントが飾られました。

 

ま、私も、発表会でお花貰ったらすごく嬉しいけどさ。

 

余談ですが、この事について、後日誰かが語ったことは一度もありません。

大人だね。

 

読んでくださった方々に、もやっとボールを投げて、今日はおしまい。

 

読んでいただき、ありがとうございました。