娘の教育に悩んでます

こんにちは、かたせうみです。

現在、自宅でぼんやりしている娘の教育に悩んでおります。

娘といっても、もう高校1年生・・、そろそろ本気で将来の事など考えて頑張ってほしいものです。

 

とりあえず、本日はそんな娘に苦労しているお話を、息子と対比した漫画と共にご覧ください。

 

娘はマイペースで、独特の価値観が・・

 

我が家の子供は、現在2人。

上が大学1年生、下が高校1年生です。

教育の仕方は各ご家庭様々ですが、私は『勉強は必要』だと思っています。

だけど、2人の子供は、しなくていい苦労はなるべくしたくない、常にサボりたい人達。

 

全く、言われなくてもちゃんとやる子って、どうなっているんでしょうね??

遺伝子レベルで違うのか??

 

学んだ事ってちゃんと身につくし、知識があることで人生は面白く豊かになります。

ジョーク一つにしても、ベースになるものを知らなければ、意味が分からずまったく面白くないですよね。

 

そんなわけで、ガリ勉しなくてもいいけれど、やるときはやって欲しいと思っています。

息子はというと、理性では分かっているものの、行動が伴わない。

(まぁ、もう大学行っちゃったから親の出る幕ないんですけどね。)

 

娘はというと・・・、はぁ~・・・。

 

そんな二人の成績を上げようと、試みたバトル漫画をご覧ください。

 

モノで釣る作戦【息子編】

 

子供は、色々と欲しいものがあったり、お願い事が多いですよね。

昔ながらのこの作戦、娘と息子で、効果が全く違います。

たとえば、息子がお願いをして来た時は、こうすれば事件解決。

 

f:id:kataseumi:20180618175635j:plain

 

息子は、過去これで様々なものを手に入れてきました。

PSP、ライブチケット、物販、親のスポンサー付きコミケご招待等。

単純なので、効果抜群。

 

言ってやるうちは、勉強するよう言えばいいんです。

 

物で釣らずに、勉強する意味を教えよ!

見返り作戦は何も生まない、見返りがない時は勉強しなくなるぞ。

 

とか聞こえてきそうですが、そんなの関係ありません!!

こういうの、よく教育書でみますけどね。

 

物で釣ろうが、結果が出ればそれは本人の努力の成果

成績が上がって嬉しくない人間はいません、しかもこれ、貴重な成功体験。

その時々で結果出してれば、勉強する事の必要性なんて、後で分かればいいんです。

そして、勉強してれば、遅かれ早かれ学ぶことの大事さがわかる時が必ずきます。

 

モノで釣る作戦【娘編】

 

娘も、ご多分に漏れず欲しいものはあるみたいなんですが、あまりおねだりとかしてきません。

おねだりするものといえば、お菓子やアイス・・・幼稚園児か!!

そんな娘とのバトルはこちら・・。

「〇〇のCD、もうすぐ発売なんだぁ~!買うんだぁ。」

と浮かれているところ。

(おねだりはしてこない)

 

f:id:kataseumi:20180618175632j:plain

 

もう理解不能!

そうまでして勉強したくないのか!!

ちょっと頑張ればいいだけでしょ!!

 

・・それとも本気で貢ぐことに快感を感じているのか・・・。

しかも、貢いでいる相手は生身の人間じゃあ、ありません。

 

「自分で貢いでるっていうのが大事なのよ~、応援してるっていうか…♡」

とぬかしてましたが・・。

 

因みに、祖父母からのお年玉やお誕生日のお小遣いはそのままあげてますが、娘も息子もお小遣いは多い方じゃないと思います。

 

成績が良くなかった時のお説教 

 

まず、この記事のベースとして、我が家は『子供には大学に行ってもらいたい。』と思っているという事を説明しておきます。

なぜ大学へ行かせたいかというと、私の大学時代が楽しかったからです。

 

学生の本分は勉強ですが、大学生という名のもとに、自由に使える時間が沢山あって、アルバイトや旅行をしたり、ボランティアに参加したり、資格取得に専念出来たり。

なんなら、1年休学して留学でもする?

 

学業優秀なら、学校がお金出してくれますから。

 

今の大学生は忙しいみたいですが、それでも社会人と比べれば、色々なことに挑戦できる最後のチャンスかもしれない、人生の夏休みです。

 

そして、4年くらい好き勝手すれば、さすがに『もう就職するべ。』となるんじゃないかなぁと・・。

正直、ちゃんと卒業してくれれば、大学へ行く目的なんてそれでいいと思っています。

勉強や資格等、中身の濃い学生時代を送ってくれれば、それはそれで嬉しいですけどね。

 

という事で、「コミケやイベントに行くのに困らないから、東京の大学に行きたい。」息子の場合は、この様なお説教というか、バトルとなります。

 

成績がいまいちだった場合の息子への説教

 

f:id:kataseumi:20180618175634j:plain

 

息子とのバトルは、体力を使います。

 

こちらもお金を出す身ですから、どこの大学でもいいわけじゃないんです。

でも、まだ働きたくない息子は目的がはっきりしていたので、直球勝負で通用しました。 

 

いつも成績が悪い娘は・・・ 

 

娘は、息子に比べて普段から成績が悪いんです・・。

そして、将来のこともあまり考えていない。

動物関連に進みたい気持ちはあるみたいなんですが、獣医を目指す気力もなし。

 

そして・・・。

 

f:id:kataseumi:20180618175633j:plain

 

養うとか貢ぐとか・・・、何者ですか!?

(その昔、『おそ松さん』の六つ子を養いたいとかいう漫画まで描いていた・・。)

 

なんか、やりたい事や、なりたいものになるための手段をよくわかっていない・・。 

娘とのバトルは、何もかもを消耗します・・・。

動物病院だって、高卒は取らない所も多いし、飼育員は公務員の場合もあるけど、最近は大卒じゃないと採らない所も多いよ!

 

獣医は険しい道だけど、頑張ってみればいいじゃない・・・(´;ω;`)

 

就職っていうけど、高卒の就職は、大卒のそれとは大違いなんですよ。

高校の就職は、生徒が好きな会社に応募できるわけじゃないんですよ。

 

おまけ。以下は、高校生の就職の仕方です。

 

高校生の就職は、大学生のそれと違うと書きましたが、高卒の就職の仕組みは、以下のようになっています。

 

1、まずは、会社が求人をハローワークの高卒窓口に出しに来ます。

求人は、一般公開として、各高校のシステムで見ることが出来るものの他、学校指定求人と言って、企業が学校を指定して出すものとあります。

 

2、大抵会社は学校を指定してくるので、指定されていない学校に通っている生徒は、応募すらできない。

というか、求人が出ているかどうかさえ分からない。

進学が多い学校の場合、この時点で見る事が出来る求人が少ない上、学校と企業のつながりも薄い為、ハンディを背負う。

 

3、 就職実績が少ない高校は、就職担当の教員がいない。だから、就職の仕方、させ方を誰も知らない。

 

4、東京の大企業なら、地元の高校に求人を出すこともあるが、その場合はその地域の高校に通っていないと応募できない。

よって、地方に住んでいる高校生は、ほとんど地元企業への就職となる。

 

5、大企業の全国求人もあるが、非常に狭き門。

 

6、 就職希望者が多く、就職担当がいる学校では、就職先は、教師が決める。(成績や活動実績順)

 

7、高卒の就職活動は、ある時期まで併願できない。

 

高卒求人は大手電力会社やメーカー、金融関連等、一流大学を出ていなければ就職できないような所もあるので、下手な大学行くより高卒で就職を決めた方が、いい会社に就職できる場合もあります。

でも、そんな大企業は、やっぱり成績が良くないと、先生が応募させてくれません。

 

そういう事で、簡単に就職って言っていますが、全然実態を分かっていない・・・。

 

そう・・、私は今、娘の教育に疲れています・・・。

 

本日、まとめどころかオチもなし・・・。

 

読んでいただき、有難うございました。 

H.I.S.