人間の寿命が130歳になるって本当?

こんにちは、かたせうみです。

 

再生医療が進歩して、人間の寿命が130歳になるとか、テレビでやってたらしいですね・・・。

私は見てないのですが・・・・。

今日の話は、職場の昼休み、井戸端会議で話題になったお話です。

寿命と平均寿命では大きな違いがありますが、今回はお話なので、だいたい130歳まで生きるよと仮定してお話しします。

 

再生医療で人間の寿命が130歳になったら、60歳でも半分以下?

 

え~と、私現在『人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ』というのをやっていますが、自分が何歳くらいまで生きるか設定したうえで、そんな題名にしたんですよ。

寿命を何歳に設定しているかは、内緒ですが・・・、うふふ。

寿命60歳なら、まだ私は30歳ですねぇ♡

長沢まさみとか石原さとみと一緒です。

 

で?

寿命130歳という事は、60過ぎても

 

 

俺たちの戦いはまだまだこれからだ!!かたせうみの次回作にご期待ください!

 

 

 

的な感じですか???

今の私、 全然人生の半分過ぎてないじゃん!!

ていうか、まだまだひよっこ??

 

いや~、織田信長が聞いたらびっくりですわ。

 

年金とか、定年とかどうなるの?? 

 

寿命が130歳になったら、年金とか定年とかどうなるのよ!?

今は既に少子高齢化、年金だって支給開始が70歳になろうとしている・・・・。

 

とりあえず現在の法律では、『65歳定年』、もしくは定年が60歳だとしても、「継続雇用制度」や「再雇用」等を使って、従業員が望めば65歳までは雇用が継続できる仕組みを作っていないとその会社はアウトです。

その昔は、55歳定年なんて言うのもあったのに・・。

 

と、いうことは???

 

勿論定年は延びますよね・・・。

80歳定年とか??

殺す気か!!

 

いやいや、80歳だとまだ甘いか、130歳まで生きるなら、90歳定年とかになるわけ??

 

 

え~、じゃあ、年金はどうなるの( ゚Д゚)

 

 

 

定年90歳なら、年金は90歳からじゃな~い??100歳からなら、繰り下げ満額とか~。

 

 

 

お・・・、恐ろしすぎる・・。

 

全く夢のあるビジョンが浮かばないんですけど・・・。 

何が恐ろしいって、人生下りきってからが長いってところですよね。 

 

寿命が130歳という事は、『人間50年』とかで舞ってた頃の人から見れば、私達は不老不死?

八百比丘尼、エルフです。 

不老はちょっと言い過ぎか・・。

 

私が生きている間は、実現しないよとか、話が続かないから言わないでね(#^.^#)

 

ここで問題 です。

 

ここまで考えたら、衰えがいつから始まるのか、そこが問題です。

一般的に体力や気力のピークが25歳として、気力共に充実するのが30代。

そこから徐々に下っていくなら、どういう曲線を描くか?? 

 

現在はこんな感じ??

 

f:id:kataseumi:20180529193155j:plain

 画像はあくまでもイメージで、私のフリーハンド作成です。

数字の根拠は全くありませんが、でもま、こんな感じですよね。

そしてこれが、130歳まで生きるとなると・・・、こうか?

f:id:kataseumi:20180529194143j:plain

 

 

説明すると、成長のピークは変わらないと思われますので、30歳くらいまでは同じ曲線をたどり、30歳を過ぎて、80代までは衰えつつもほぼ平坦な曲線。

そしてその後、緩やかに衰える。

 

・・、ってならないと、おかしいですよね?

この先の時代は、自分の人生プランを変えていかなきゃ~・・。

 

って、友人に話したら

 

 

そんな都合のいい話なわけないでしょ!

 

 

 

と言われました(-_-)

いやいやいや、そ、そうじゃなきゃ嫌でしょ~!!

 

全くの素人考えですが、再生医療となると、内臓や骨が悪くなったときに、一部を再生するんですよね、自分の細胞から。

 

アスリートが半月板を損傷した!

とかじゃなければ、だいたい悪くなったときって、結構な年を取ってる事が予想されます。

 

その時、ある程度の年齢の自分の細胞から再生させるのか??

それとも、全く別の人間の細胞から再生されるのか???

 

仮に自分の細胞から再生されるのなら・・・。

 

若い細胞を保存しておけるのは、一部の金持ちだけだろうから、悪くなった時点で自分の細胞から再生?

そうなると、当然再生させる細胞も衰えてるはず??

ということは、若返りはなし?

 

えっ、じゃあ長寿の恩恵って何さ!!

 

長く生きるなら、私だって、まだまだ見たいものや見届けたいものが沢山あります。

でも、身体が動かなければ意味がないんですよ!

 

 

ところで話はかわりますが

 

ところで、長寿の可能性の話をしてますが、一方では、ある時期を境に、人間は早死にするようになるだろう。

という説があるのはご存知ですか?

 

食品添加物や環境汚染等のツケが来て、長くは生きられないだろうというのです。

 

この話も、私が高校生くらいの頃には、私が知っているくらいには広まってました。

 

個人的には、こちらの説の方が説得力がある様な気がします。

最近は早逝する芸能人も多いので・・。

 

環境や添加物、それ以外に教育改革など、こういうものは、かなり時間が経ってからでないと答え合わせが出来ません。

そして、答えが出たときには取り返しがつかなかったり。

答えが出たとしても、その世代でどうにか出来るほど、人間は長寿じゃないんですよね。

 

最後に

 

今日の記事は、医学的根拠もなければ、数字の裏付けもなし。

『かたせさんは、昼休みにこんな妄想話をしているんだな~。』位で読んでおいてください。

 

医学関係者の方や、読んでくださった方のご意見や誹謗中傷は甘んじて受けますが、ほどほどにしてね。

 

さて、長寿になって、どの段階から老いが緩やかになるかという問題ですが・・。

20代とか30代というおこがましい事は言いませんが、ぎりぎり40代手前位で止まってくれないかなぁ・・・。

そうしたら、勘弁してやる!(何を?)

 

読んでいただき、有難うございました。

次回から、またカニさんが帰ってきます。