おとも deマイルで、大阪・京都④ 伏見稲荷到着

おはようございます、かたせうみです。

大阪・京都の旅、本日は早朝から京都へ移動です。

 

昨日道頓堀で歩きすぎて、起床と共に体中がこわばっております。

更に、夕食の時間が遅かったプラス、ホテルに戻って一杯飲んだため、胃もたれを抱えながらの二日目です。

 

 

本日起床6時半・・・、て普通か。

 

今日の予定は伏見稲荷で参拝後、清水寺へ移動。

その後時間があったら銀閣寺を見て、祇園でゴールの予定です。

朝食付きの宿泊でしたので、さっさと起きて、優雅に朝食をいただきましょう。

出発は9時過ぎ?

本当は、9時に現地に着きたかったんですが、朝食会場でゆったりし過ぎ、1時間押しでホテル出発!

 

伏見稲荷行き方

 

伏見稲荷へは、JR大阪駅で東海道山陽本線へ乗り、京都駅で乗り換えます。

京都駅からJR奈良線へ乗り換え、二駅目「稲荷」で下車すればすぐです。

京都まですぐって、凄く新鮮ですね~・・。

しかし、何故かどのナビを見ても、JR奈良線へ乗り換え後、「東福寺」で更に京阪線へ乗り換えるよう指示してきます。

・・・、おかしいなぁ~・・・。

 

f:id:kataseumi:20180430193955j:plain

JR大阪駅。

観光客でいっぱい!お休みっていいよね~。

f:id:kataseumi:20180430193954j:plain

9時30分。ああ、やっぱりもう少し早く出るべきだった。

 

京都から奈良線へ乗り換えた瞬間、めっちゃ電車が混む。

 

さて、大阪駅からゆったり座り、景色も満喫、仮眠もとったくらいにして京都へ到着。

京都駅の散策もしたいけど我慢します。

で、奈良線へ乗り換え、と。

 

f:id:kataseumi:20180513015252j:plain

奈良線へ乗り換え。案内もあるからすいすいですが、この「稲荷」って、絶対伏見稲荷の事だと思うんだけどな・・。

奈良線のホームに来ましたが・・・。

 

え、何ですか??!!

電車、めちゃくちゃ混んでいます、ラッシュですか!?

 

みんな、伏見稲荷へ行くんだろうか??

そうだよね??

駅員さんも、「お稲荷さんへは、8番9番ホームです。」ってアナウンスしていたし・・。

びびっている娘を引っ張り、昔取った杵柄で、満員電車に乗り込みます。

大丈夫、乗れるって!

 

電車に乗ると、路線図があります。

どう見ても、東福寺の次が稲荷で、絶対伏見稲荷の事なんだと思うんだけど、ナビがかたくなに東福寺で乗り換えを促してくる。

 

このナビ、御茶ノ水でもやってくれたんだよなぁ・・・・。

でも、旅先で稲荷違いだったら目も当てられない・・・。

 

ここは、疑問を感じつつ、確実なナビに従うことにします。

 

 結局、東福寺で京阪線へ乗り換え、伏見稲荷へ

 

結局、電車が激混みだったこともあり、東福寺で京阪線へ乗り換え。

数人しか降りません・・・、やっぱり、JRの稲荷って、伏見稲荷の事でしょう!!

 

しかし、京阪に乗り換えたため、満員電車の苦痛から逃れることが出来ました。

しかも、なんだか旅気分をくすぐる佇まい。

 

f:id:kataseumi:20180430193957j:plain
f:id:kataseumi:20180430193958j:plain
味わいのある線路にホーム。

f:id:kataseumi:20180430193959j:plain

鎌倉に似ているけど、歴史が違うから、鎌倉が京都に倣っているのかな?

伏見稲荷到着!

f:id:kataseumi:20180430194001j:plain

 

伏見稲荷に到着しました!

駅の雰囲気は、もうそこから稲荷神社。

f:id:kataseumi:20180430194002j:plain
f:id:kataseumi:20180430194000j:plain
ホームの柱も赤いし、お狐様もお迎えしてくれます。

JRの稲荷は、やっぱり伏見稲荷の事でした。

だって、JRの駅があったもん。

でもま、いいか・・。京阪線は何だか好きです。

 

参道には、お土産屋や屋台が沢山

 

駅を出れば神社まですぐなんですが、屋台やお店で大変な賑わい!

 

f:id:kataseumi:20180513021930j:plain

交通量も多い。

路も狭いし、運転者も歩行者も結構怖い思いをする。

向こうに見える踏切は、JRです(#^ω^)

f:id:kataseumi:20180513021940j:plain
f:id:kataseumi:20180513022014j:plain
大変な賑わいです。でなくて人ごみです。

f:id:kataseumi:20180513022023j:plain

f:id:kataseumi:20180430194010j:plain

 

伏見稲荷です!!ついた!

ちょっとお土産も見たりして、写真を撮りまくって午前11時ちょっと前です。

有名な千本鳥居へ

 

それでは、本殿へお参りした後、千本鳥居の写真撮らなきゃね、と移動開始。

みんな同じところ行くから迷わないね。

f:id:kataseumi:20180430194014j:plain

お山めぐり図。この時はまだ登らない予定だった。
f:id:kataseumi:20180430194012j:plain
f:id:kataseumi:20180430194011j:plain
絵馬も鳥居型。とてもフォトジェニック。

千本鳥居の入り口到着!凄い人です。 

 

千本鳥居に着きました!

じゃ~ん!

ここが入り口です。

大迫力!!

基本的に一方通行です。

f:id:kataseumi:20180430194016j:plain

f:id:kataseumi:20180430194017j:plain
f:id:kataseumi:20180430194015j:plain
とにかく人が沢山いる。

 もう、とにかく人がすごい!

鳥居はこのまま頂上まで続くのですが、大きな鳥居が連なっているのはほぼ入り口のみ。

その後、鳥居はちょっとコンパクトになります。

皆立ち止まってシャッタータイム。

自分も含め、どうにかきれいな写真を撮ろうと必死ですが、あまりの人の多さに静謐な感じの写真を撮ることは不可能。

そして、のろのろと大渋滞の列は進みますが、この調子じゃ何時間かかるんだ!

 

f:id:kataseumi:20180430194025j:plain
f:id:kataseumi:20180430194021j:plain
ここ、よく見るところ。

この、鳥居が二つに分かれているところは有名ですね、人が沢山いるから雰囲気違うけど。

私も凄く見おぼえあります。

『龍が如く 見参』(ゲーム)で、何度も通いました、賭場に・・・。

 

とりあえず、一度広い所に出ました

 

f:id:kataseumi:20180430194026j:plain

 

奥社奉拝所です。

暑いし、疲れたので売店で「ひやしあめ」を買ってみた。

f:id:kataseumi:20180430194028j:plain
f:id:kataseumi:20180430194039j:plain
人波に流れて、更に進むかたせ一行。

ひやしあめは、砂糖水かと思いきや、ちょっと生姜の風味がある、甘くて懐かしいさっぱりした飲み物。

ガラスのコップで出てくるのも涼しげでいいですね。

 

さて、ここからどこまで続くのか分かりませんが、下山か進むか検討。

でも、ここまで来たからには頂上まで行ってみたい!

 

山が、わたしをよんでるぜぇ~!! 

 

伏見稲荷、ここからが本番です。 

 

伏見稲荷、お山めぐりはここからが本番です。

山を登らない人は、ここでいったん折り返すと思われます。

この辺りから景色が変わり、空気も澄んで本格的な登山活動が始まります。

ハイキングといった方がしっくりきますかね?

f:id:kataseumi:20180430194031j:plain
f:id:kataseumi:20180430194038j:plain
鳥居の切れ目には、こんな風景も。

 

f:id:kataseumi:20180430194043j:plain

f:id:kataseumi:20180430194042j:plain

 

この日の天気は大変良く、気温も28度と、道民には八月の陽気。

山は気持ちいいけど、くらくらする~・・・・!

湿気が少ないので、鳥居の陰に入ると涼しくて気持ちいいです。

この明暗のコントラストや、木洩れ日とか、とても素敵な雰囲気です。

 

でも・・・、疲れたよぉ~・・・・。

 

そして、またお社が

 

鳥居を抜けて坂道を上がってくと、また少しひらけた場所に出ます。

お店もあります。

ここは、どうやらろうそくを捧げるところみたいです。

写真を撮ろうとしたら、娘に

 

 

ダメッ!絶対ダメ!写真撮っちゃいけない気がする!カメラも向けないでぇ~!

 

 

 

と言われました。

お稲荷様を撮ろうとした時も同じことを・・・。

なんか、仕方ないから写真は撮らないことにします。

雰囲気あったのにな・・・・。

 

と、ここで心がぽっきり折れるこの看板。

 

f:id:kataseumi:20180430194044j:plain

 

ええっ!あと30分も歩くの⁈

あれだけ登ってきたのに~!!

数字の力は偉大です。

さすが、どの本を読んでも『プレゼンには具体的な数字を入れなさい。』と書かれているだけある・・・ひぃぃ~。

 

でも、ここまで来て帰れるか!!

「お帰りはこちら。」とも書いてないし・・・。

伏見稲荷は基本的に一方通行、これまで下山者にはほとんど会っていません。 

 

そして、初めてガクガクした膝を抱えた娘。 

(登山経験者のくせに)

 

 

ママっ!膝が・・、膝がぁ!(ガクガクブルブル)

 

 

娘、それを何て言うか知ってるか?

 

 

ええ?膝が・・笑うってやつ?

 

 

よくできました。⑤へ続く。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

京都・大阪シリーズ一覧

 

おとも deマイルで、大阪・京都① - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

おとも deマイルで、大阪・京都② - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

おとも deマイルで、大阪・京都③ ここが道頓堀ですか・・。 - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

スポンサーリンク