お墓と散骨とお葬式の意義と。①

こんにちは、かたせうみです。

今日は、2月ころから温めていた(?)お墓についての記事です。

昨日、デヴィ夫人がテレビで『模擬お葬式』というのをやっていて、私は『わ~!!やられた!あの記事死んだじゃん!!』

とガクッと来ましたが、やっぱり書くことにしました。

 

自分のお墓って・・・・・・。

考えたことありますか?

 

f:id:kataseumi:20180419230100j:plain

 

5年前、友人が亡くなりました。

 

5年前に、小学校時代からの親友を、突然心不全で亡くしまして。

 

この年なので、近しい人を亡くしたのは初めてじゃないんですが、小学校低学年からず~っと続いている友人は彼女だけでした。

世代世代に友人はいるけれど、もう、昔好きだったバンドの話や、お互いの彼氏の話、前置きや説明なしに、人生通して話せる子がいなくなっちゃったもんで、私の青春も荼毘に付されたわけです。

 

青春あばよと泣いたわけですよ。

 

で、今日は、そういうセンチメンタルな記事じゃなくって、お墓の話です。

 

スポンサーリンク

  

 

突然だったので、お墓をどうするか

 

5年前、患っていたわけでもない伴侶を突然なくし、ご主人は途方に暮れる。

何とか葬儀は出すわけですが、まさかそんなね、お墓なんて無いんですよ。

 

通常だったら婚家のお墓に入るんでしょうが、夫の実家は遠い。

友人と旦那さんは、首都圏の友人宅近所で暮らしていて、お互いの会社も東京。

 

20代で、仲が良かった自分の母親を亡くした友人は、きっとお母さんと眠りたいだろう・・・。

と、夫や友人は思うわけなんですが・・(お父上は、事情があって一緒に暮らしていない。)

でも、嫁いでいるため、そんな事できません。

それに妻も・・・、結婚してから10年未満だし、きっと婚家の墓には入りたくないんだろうなと。

 

心の整理もままならぬ旦那さんは葬儀の時、「妻の骨は、しばらくそのままにしておきます。」と言っていた。

あれから5年・・・・・。

 

で、友人のお墓が出来たので、行ってきましたよ!

 

かるぅ~く書いてますが、お墓を前にすると、泣けるもんですわ。

 

新しく買った墓地は、分譲されたばかり。

区画整理され、墓石が整然とならんでいる。

緑豊かで、芝は手入れされているし、とってもきれい。

4日前に見た谷中の古い霊園とは、雰囲気も規模も色々と大違い。

 

こんな記事もあります

【谷根千】谷中霊園~谷中銀座~根津神社へぬける① 徳川慶喜の墓と、谷中ビアホール - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

当日は天気も良く、のんびりと「久々の再会」ときたもんだ。

 

その墓地は、まだまだ拡大して分譲中。

という事で、事務所には墓石や素材のサンプルが飾られていました。

 

こ・・・これは!!

友人がブログ記事を導いてるに違いない!

 そう思った私は、おもむろにシャッターを切りました。

 

墓石のサンプル、見たことある??

 

f:id:kataseumi:20180219165510j:plain

 

事務所に並べられた墓石のサンプル・・・、たくさんあります。

みんな違うんですよ。

 

墓石のデザインも、縦長のようかん型から、主流はコンパクトな洋型墓石へ。

 

f:id:kataseumi:20180219165523j:plain

こんなのね。

 彫のサンプルもございます。

 

f:id:kataseumi:20180219165514j:plain

 

墓石あれこれ

 

そんな中、いくつかの墓石をご紹介したいと思います。

f:id:kataseumi:20180219165516j:plain

 

御影石、インド産。

昔からある代表的な墓石です。

隠語じゃないけど、「御影石」といったら、お墓のことです。

磨かれていて、映り込みがすごいです。

 

f:id:kataseumi:20180219165521j:plain

 

ほんのりと優しい色合い、岡山産万成石。

やわそうですが、極めて堅固だそうです。

 

f:id:kataseumi:20180219165518j:plain

 

味わいのある、明るめの紅雲、中国産。

中国産の野菜は信用できないけど、中国4000年はずしりと重い

きっとこの石は、春秋戦争も見ていたのだろう(??)

 

f:id:kataseumi:20180219165517j:plain

これも中国産。

ピンクで可愛いですね。

f:id:kataseumi:20180219165520j:plain

福島産、「吹雪」

墓石の大きさにしたら、引き立ちそうです。

沢山飾られてたけど、一番ぐっと来たのは、下のこれですね。

 

f:id:kataseumi:20180219165511j:plain

 

ノルウェー産「ブルーパール」。

黒い石の濃淡中に、所々みられるメタリックな青。

ロマンチックです。

綺麗・・・・。

宝石大好きなので、キラキラしたこの石はたまりません。

 

詳しい値段は、ぱっと見どこにも書いていない。

 

思わず、事務所で話を聞こうとしていた私を、一緒に来ていた妹が抑制。

 

 

ちょっと!!ここで聞いたら、2時間はかえれないよっ!!

 

 

う~ん、そうだね。

帰ってちょろっと調べたけれど、石の種類にもランクがあって、よくわかりませんでした。

「ご予算でお見積もりいたします。」

だって・・・・・。

ありがちですね。

 

それで、友人が亡くなってから、私はずっと考えていたというか、身近になったというか。

『お墓をどうするか』問題です。

②へ続く。

 

おまけ

 

最近は、本州でもあるのかわかりませんが、北海道では「屋内霊園」というのがあります。

昔ながらの野外霊園ももちろんあるんですが、テレビCMが入るのは最近ほとんどこのタイプ。

 

北海道には土地がたくさんあるのに、やっぱり広すぎる事とか、雪のこととかで、こういう事になるんでしょうか。

嫁に来たときはびっくりしました。

 

 

屋内納骨堂、調べたら結構本州にもあるみたいですね。

 

読んでいただき、有難うございました。

続いちゃうけど、次で終わりますから(;^_^A   

スポンサーリンク