【谷根千】谷中霊園~谷中銀座~根津神社へぬける① 徳川慶喜の墓と、谷中ビアホール

こんにちは、かたせうみです。

息子の受験にくっついて東京方面の実家に来ております。

息子は勝手にやっているので、私は垂乳根の母と共に谷中銀座へ遊びにブログの取材へ行くことにしました~!

 

千本鳥居といえば、幽玄で美しい京都の伏見稲荷が有名ですが、東京にもあるんですよ!

ブログの終点は、千本鳥居のある「根津神社」です。

 

スポンサーリンク

 

 

本日の予定

 

本日の予定です。

  • 日暮里駅から谷中霊園へ(徳川慶喜のお墓を見学)
  • 谷中銀座を散策しつつ、食べ歩きを楽しむ
  • 夜店通りを通過して、根津神社へ お参りして帰宅

 

 となっております。

 こんな感じのルートですね。

 

スタートは、JR日暮里駅です

 

スタートは、JR日暮里駅。

f:id:kataseumi:20180215204609j:plain

谷中銀座方面は、西口を出ます。

f:id:kataseumi:20180215204611j:plain

f:id:kataseumi:20180215204612j:plain

この看板のところでマップが貰えます。

f:id:kataseumi:20180215204613j:plain

西口を出ると、のどかな道があります。

f:id:kataseumi:20180215204614j:plain

 

まっすぐ行けば谷中銀座ですが、先に霊園へ向かいます。

この出口を出てすぐ横に階段があるので昇りましょう。

 

谷中霊園へ

 

f:id:kataseumi:20180215204617j:plain

小高くなっているので、スカイツリーもナイスビューです。

f:id:kataseumi:20180215204616j:plain

晴れていれば最高だったのに・・・。

園内は広く、昔からあるであろうお墓も沢山あり、お墓参りの方や、法事の方々もいらっしゃいます。

とても広いので、情報なしに慶喜のお墓を探す事は困難です。

入り口で地図を確認しましょう。

 

この日は暖かく、静かで居心地の良い墓地には猫ちゃんも。

 

所々に登場している漫画は、『重版出来』の小熊ちゃん。

漫画の8巻で、一人暮らしをする場所を決める為、谷中を散策している場面です。

今回、ちょっと意識して回ってみました。

f:id:kataseumi:20180215204618j:plain

f:id:kataseumi:20180215204619j:plain
f:id:kataseumi:20180215204607j:plain

谷中には、猫が沢山いると聞いて楽しみにしていたんですが、当日は人出があった為か、猫に出会ったのは墓地だけでした。

墓地ではしばしば猫ちゃんに会います。

古くて、でも立派なお墓の多い、昔ながらの味のある墓地です。

 

それにしても広い・・・・・・。

疲れたところで、看板を発見!

f:id:kataseumi:20180215204620j:plain
f:id:kataseumi:20180215204623j:plain
やっと看板を発見。
f:id:kataseumi:20180215204622j:plain
f:id:kataseumi:20180215204621j:plain
おお!葵の御紋!!

凄く大きくて立派です・・。

門には鍵がかかっていて、中には入れず。

徳川家のお墓といえば、東京タワーにほど近い増上寺の霊廟が有名ですが、あそこは、何というか、なかなか雰囲気ありますよね。

我が家のお子達は近寄れなかった。

 

慶喜のお墓はとても立派ですが、開放的な感じがしますね。

この方は写真も残っていたりして、『本当に江戸ってあったんだなぁ』、と歴史を身近に感じることが出来ます。

f:id:kataseumi:20180215204625j:plain
f:id:kataseumi:20180215204624j:plain
日当たりもよく、梅の花も咲き始めている。

谷中霊園から谷中銀座へ

 

さて、谷中霊園を出ると方向が分からなくなっている・・・・。

なんとなく人々が進む方向へ一緒に進むと、日暮里駅に戻りました。

まっすぐ進むと、商店街の入り口付近に素敵なおせんべい屋さんが!!

f:id:kataseumi:20180215204633j:plain
f:id:kataseumi:20180215204634j:plain
ばら売りしている。このおせんべいを食べながら銀座へGO!

日暮里方面から谷中銀座へ入る前に階段を下ります。

「夕焼けだんだん」という、雑誌やテレビでも有名な階段です。 

f:id:kataseumi:20180215204638j:plain

f:id:kataseumi:20180215204653j:plain
f:id:kataseumi:20180215204603j:plain
空いていれば、猫が何匹も日向ぼっこしているらしいのに、今日はゼロ!

今日は凄い人出です。

もしかして、最近はいつもこうなの??

写真をご覧ください!

f:id:kataseumi:20180215204635j:plain

この人出は・・・なに~??

f:id:kataseumi:20180215204637j:plain

狭い商店街にひしめく人々・・・・・。

その一部として、私と垂乳根の母・・・・。

もしや、竹下通りより混んでいるのでは・・・・??

 

時刻はお昼ちょっと前。

「夕焼けだんだん」を降りてすぐに「谷中ビール」ののぼりが!!!

待たずに入れる!!

これは行かない手はないでしょう!!

f:id:kataseumi:20180215204641j:plain
f:id:kataseumi:20180215204642j:plain
谷中ビアホール夕焼けだんだん店さんです。

これからの a long way to go を考えて、ビールで休憩です。

f:id:kataseumi:20180215204643j:plain
f:id:kataseumi:20180215204644j:plain
母は谷中ドライ。私はテイスティングスタンダードセットで乾杯。

ここのビール、美味しかった。

正直、東京のクラフトビールなんて、水も悪いしと期待してなかったんですが、とても美味しかったです。

ドライはさっぱりとフルーティ。

苦みがずっしり来るタイプではないのも、お昼には最高です。

 

f:id:kataseumi:20180215204651j:plain

さすがにアウグスラガーともなると、個性が出ます。

f:id:kataseumi:20180215204649j:plain
f:id:kataseumi:20180215204650j:plain
おつまみも美味。箸置きにも猫ちゃんが💛

ここのビアホールは、昼は家族連れもいて、ほんわかしています。

 

しかし、カウンター奥にはこんなものも発見!!

f:id:kataseumi:20180215204648j:plain
f:id:kataseumi:20180215204652j:plain
亀の翁だ!!

ワインとビールのお店かと思いきや、新潟のお酒「亀の翁(かめのお)」が置いてある!

このお酒は、『夏子の酒』のモデルになっていて、入手が困難なんですよぉ!

マスター、新潟の方なのかしら・・・・??

 

ビールもゆっくり楽しみ、軽くおなかも満たされたので、これから谷中銀座へ出撃します!!

②へ続く。

読んでいただき、有難うございました。

 

f:id:kataseumi:20180215204645j:plain

谷中ビールで乾杯!!