ほっこり、つくねのすき焼きなべ ~牛肉がないなら、鶏肉を食べればいいじゃない~

こんにちは、かたせうみです。

すっかり寒くなり、道路も凍っています・・・怖い・・。

ん~、あと3カ月の我慢だ!!

 

所で、我が家の娘はすき焼きが大好き。

しかし、我が家には現在食べざかりの息子×1に、もうそんなに食べなくてもいいのに大食いの夫×1がいるため、そうそうすき焼きなんてやってられません!

 

あっ、つくねって、甘辛ダレだよね!!

すき焼き風?!

鶏肉安いし。

 

牛肉買えなきゃ、鶏を食べればいいんじゃない??

 

と、いう事で今日は、鶏つくねを割り下で煮込んだ『鶏つくねのすき焼きなべ』です。

特に特別な事はありませんが、良かったら読んで下さいね。

 

f:id:kataseumi:20171205192307j:plain

 

鶏つくねを作る

 

まず、鶏のつくねを作ります。

でも、鶏肉は安いのに、鶏ひき肉って高いし、あまり売っていない・・・・・。

何でだろう???

 

・・・だったら、作ってみせようホトトギス。

フードプロセッサーを買ったばかりでやる気満々です。

f:id:kataseumi:20171205192253j:plain

 

今回用意したのは、鶏もも肉(2枚)と、ハツ。

ハツじゃなくてレバーでも良かった。

ハツよりも、多分少量のレバーの方が肉の味に深みが出ると思う

 

もも肉は、ムネ肉に変えても良いでしょう。

ダイエット中なら、ムネやささみがオススメです。

淡白と思われがちですが、チキンナゲットにはこの部分を使います。

安くて高タンパクで低カロリー、うまみ成分も豊富です。

 

フードプロセッサーにかける。

 

鶏挽肉が手ごろに手に入るなら、手間無くひき肉を使いましょう。

近所にはないので、かたまりからミンチにします。

 

だって、鶏肉100g 80円とか、ムネなら100g 55円とかなのに、鶏挽肉は100g170円位する!

どういう事ですか。

 

じゃあ、まず鶏肉をミンチにしましょう。

 これを使っています。

 

www.kataseumi.com

 

 

f:id:kataseumi:20171205192255j:plain

肉はミンチしやすいよう、ぶつ切りにします。

f:id:kataseumi:20171205192256j:plain

あっという間にミンチになった。

皮も入れましたが、ちゃんと切れてる。

 

つなぎをいれて肉の味付け

 

卵と長ネギのみじん切りを入れて、肉の味付けをします。

 

今日は食感が好きな、たけのこの水煮も加えてちょっと中華風。

シイタケとかキクラゲもいいです。

塩コショウに、ハチミツを大さじ1~2杯と、味噌を適量加えて練ります。

 

フードプロセッサーなら、ネギとか後から入れても大丈夫でしょ!?

と、大雑把な感じで作っています。

つなぎの卵も忘れずに。

f:id:kataseumi:20171205192258j:plain
f:id:kataseumi:20171205192257j:plain
試しに、このまま更にミンチしてみる。

ショウガが入っていますが、今回の鍋にはあまり合わなかったので、入れない事をオススメします。

 

フードプロセッサー注意点というか、大雑把過ぎて失敗した。

 

ここで注意点です。

フードプロセッサーはみじん切りが簡単にできますが、先に済ませておかないと、よろしくないです。

私の様に、『後から入れてもらっくらく♪』と思ってやっていると、失敗します。

 

なぜなら、この時点で中の肉に粘りが出ていて、チョッパーにはかなりの負荷がかかっています。

更に、肉が邪魔をして、ネギその他が上手くみじん切りされません。

 

『もう少し』と思ってやっていたら、モーター本体からヤバい臭いが・・・。

モーターが熱くなった時に出る臭いです。

 

さすがに不味いので、すぐにフードプロセッサーを止めました。

f:id:kataseumi:20171205195542j:plain

それでも、なかなかグッドなつくねになってます。

 

多分要らないと思うけど、保険で片栗粉を入れます。

 

この後、軽く焼いて煮込むので、鍋でバラバラにならないように片栗粉を混ぜ込みます。

肉の状態を見ても、粘り具合といい、片栗粉は混ぜなくても大丈夫そう。

でも、今日はブログ用に写真も撮っているので保険をかけます。

f:id:kataseumi:20171205195541j:plain

 

つくねを焼く

 

つくねを成型して、フライパンで先に軽く焼きます。

鶏団子の様に、鍋に直接落としていってもいいですが、焼き鶏のつくねが中に入っている感じにしたいので、今日は焼いてひと手間加えます。

 

鍋で煮込むので、表面が焼けたら終了でいいです。

 

f:id:kataseumi:20171205195543j:plain
f:id:kataseumi:20171205195540j:plain
まんまるにできなかったけど、いいや・・。

 

鍋で煮込む

 

通常、すき焼きは牛脂で肉とネギを焼き、割り下を入れていくんですが、これからつくねを煮込むので、土鍋に具と共に入れていきます。

 

つくねは、一度割り下で煮込んで、ひと冷まししてから、野菜や豆腐を入れて煮込むと、味がしみ込んで、卵にあった味付けになります。

 

割り下

 

割り下は、既製品のすき焼きのタレ利用。

既製品を使う場合は、ザラメを大さじ1強(4人前の場合)加えて、一度なべで煮溶かすと味にコクが出ます。

 

赤ワインがあれば、少し加えると美味しいです。

 

自宅で割り下を作る時は、「酒・醤油・みりん・ザラメ(または砂糖)」があれば、簡単に作れます。

味は好みですが、酒200cc・みりん200cc・醤油200cc・ざらめ60g(4人前)が黄金比率らしいです。

 

自宅で作ると、砂糖や醤油の量にびっくりですが、薄いとやっぱり美味しくありません。

 

さて、ではこれを煮込んでいきます。

f:id:kataseumi:20171205192303j:plain

 

出来上がり

 

卵をつけて、召し上がれ。

f:id:kataseumi:20171205192309j:plain

鍋を開けた瞬間、息子から

 

今日肉ないのーー(涙)?!!

 

 

と、苦情が来ましたが。

 

何言ってんのよ!!!ここにたくさんあるでしょうーがっ!

 

 

と一蹴しました。

 

でも、見た目よりボリュームがあるので、最後は「お腹一杯・・・。」と言ってましたよ。

 

大変美味しゅうございましたが、これは「すき焼き」なのか??

というと、やっぱりちょっと違いますね(^_^;)

すき焼きの代わりにはならないけれど、甘辛ダレでボリューミー。

すき焼きとは違うけど、安くておいしいから作ってみてね。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。