仁木サクランボ狩り~京極名水ゲットだぜ③

こんにちは、我が家では相変わらずクワガタがアイドルとなっています。

毎朝交される、「おはよう」くらい、「動いてる?」「生きてる。」みたいな会話が数多く交されております。

さて、前回、夫が朝ドラについて語り始めた所で終わりましたが、続きです。

ニッカウィスキー終盤~名水を汲んで、温泉入って帰ります。

①②はこちら

www.kataseumi.com

www.kataseumi.com

クワガタの話はこちらです。

www.kataseumi.com

ニッカウィスキー終盤

 

ニッカの工場は、入口から想像するよりずっと広いです。

緑も多く、気持ちの良い空間。

少し北大に似ているかな?歩いていると、思わず中島みゆきの『麦の唄』を口ずさんでしまいます。

 

工場見学の後半は資料館となっていて、かなり見応えあります。

昔のポスターも展示されていたりして、懐かしくもあり不思議な気持ち。

 

ん・・?昭和~平成のCMが流れているモニターがあり、娘がじぃ~っと見入っています。

 

うわ~、懐かしい!

あったわ、このコマーシャル・・・・と見入ってしまいますが、上映時間78分・・・。

こんなの全部見れないよ~!!と泣く泣く移動。

f:id:kataseumi:20170723212242j:plain

資料館の途中に素敵なバー。ここは有料の試飲コーナーです。

f:id:kataseumi:20170723212244j:plain

ここだけちょっと、素敵過ぎる異空間。

f:id:kataseumi:20170723212243j:plain

この建物を出ると、レストラン、お土産コーナー、お楽しみの試飲コーナーにつながります。

レストラン、今回行かなかったんですが(娘がうどんが食べたいと譲らなかった)非常に評判がいいようです。

f:id:kataseumi:20170723212246j:plain

試飲コーナーですよ

 

試飲出来るものは、アルコールが3種類

(「竹鶴ピュアモルト」「スーパーニッカ」「アップルワイン」)事前に試飲カードに記載します。

飲めない方は、アサヒのウーロン茶と、りんごジュースが無料で飲めます。

f:id:kataseumi:20170723212248j:plain

私はウィスキーが苦手なのと、夫が運転しているので、今日はソフトドリンクにしました。

 

大好きなシードルだったら飲んでたな~。

しかし、シードルは弘前工場でしか作っていない様。

 

ここ余市もリンゴは有名だけど、さすがの青森には負けたか。

 

 

飲めばいいじゃない。

 

 

今日は我慢する(途中で何かあって、夫が運転できなくなったら帰れないでしょうが!)

 

 

でも後悔、やっぱり頂いておくべきでした。

f:id:kataseumi:20170723212247j:plain

試飲コーナーは広く、皆さん楽しんでいらっしゃる。

ちょっとおしゃれな内装も素敵です。

お水や炭酸、氷はセルフサービスです。

        f:id:kataseumi:20170723212249j:plain

ソフトドリンクは、紙コップで、サーバーからのセルフサービス。

ジュース美味しい。

でも、ここでお酒にしなかったの大後悔・・!画的に、様にならないんですよ、嘆かわしい。

 

ここはやっぱりグラスで供されるウィスキーにするべきでした(涙)

せめてグラスの写真だけでも・・・・、とカウンターへ行き聞いてみます。

 

 

グラスの写真だけ撮ってもいいですか?

 

 

いいよ~、私、マッさんじゃなくておじさんだけどいいかい?

 

 

??????へ?

 

 

隣の女性も、エリーじゃなくておばさんだけどいいか~い?(北海道弁)

 

 

・・・・大爆笑!おじさん、素敵な接客ありがとうございました。(でもおじさんの写真はない。)

f:id:kataseumi:20170723212250j:plain

ニッカウヰスキー、色々あって私的には『ちょっと違う』アサヒの傘下になっちゃったけど、ニッカとして頑張ってほしい。

 

 さて、ここから京極町へ向かいます。

 

余市から京極へは大体一本道。

そろそろお腹も空いてきた・・・。

結構すぐの所に『きのこ王国』(北海道を席巻しているドライブイン)←言い過ぎ があるから、きのこうどんを食べよう!と娘。

        f:id:kataseumi:20170723212251j:plain

しかし、この日に限ってきのこ王国はお祭り中。

(・・・う~ん、やはりここでも生き急いでいるか)大層な人出で、メニューはお祭り限定メニューのみ。

きのこうどんは無し。

 

「え~、もうここで冷やし中華とか焼き鳥でいいじゃん!!」

 

娘「やだっ!」 

・・・・・も~、仕方ないな。

一応寄ってはみたけど、何も食べず、

 

このまま京極町へ・・・・・・。

なだらかな山道をおよそ1時間、名水公園はありました。

途中、倶知安町を通るので、ポリタンクが必要なら購入しておきましょう。

公園でも売っていますが、高いです。

f:id:kataseumi:20170723212252j:plain f:id:kataseumi:20170723212253j:plain

 ここは道の駅側の様子です。うどんあったよ!!名水うどんだって。

f:id:kataseumi:20170723212256j:plain f:id:kataseumi:20170723212310j:plain

 至って普通に美味しい名水うどんと、水出し名水コーヒー。

コーヒー分からないのでコメントなし。苦かった。

f:id:kataseumi:20170723212254j:plain

こんな階段が!!まさか水はあの上で汲むのか???

 

・・・そうではありませんでした。展望台みたいです。

3人とも精力使い果たして、誰も登ろうとはしませんでした。

あの上、一体何があるのだろう・・・・・・・・・・・・?

 

さぁ、水汲みだ!

 

 水が汲める場所は、下の方にあります。

公園から吊り橋で繋がっています。お~、スリル~♪

怖い人は、普通に坂道を降ります。

     f:id:kataseumi:20170723212258j:plain

つり橋を渡ると、目の前にはまさに名水が噴出している!

涼しげ~、すごく気持ちがいいです。

f:id:kataseumi:20170723212304j:plain

こんこんと湧くというより、じゃばじゃばと大胆に噴き出す名水。

f:id:kataseumi:20170723212306j:plain f:id:kataseumi:20170723212308j:plain

f:id:kataseumi:20170723212302j:plain

こちら側に駐車場有

 

実は、こちらの湧水側にも無料駐車場があります。

水を汲む場合は、こちらに停めないと遠いので気をつけて下さい。

 

ポリタンクを用意していなかった私達、20リットル1200円で購入。ちょっと痛い出費である。

 

貸し出し用台車があるので、沢山汲んでも大丈夫。(1台100円・モーター付き300円)こちら側にもお洒落なコーヒー屋さんがあります。

      f:id:kataseumi:20170723212301j:plain

 こんな所にローソンと日帰り温泉が!

f:id:kataseumi:20170723212312j:plain

何とこんな所に日帰り温泉が!

お風呂好きの我が家、車には常に温泉セットが積まれています。

これは行くしかないでしょう、時間もあります、早起きしてよかった。

 

向かいにはローソンがあるので、帰りの食料を補充するのもいいでしょう。

 

肝心のお風呂は、比較的最近できたのか、内装、浴場共に綺麗です。

露天風呂のお湯も綺麗で、目の前に羊蹄山を眺める事ができます。

 

ウォーターサーバーからは、羊蹄山の名水が無料で飲めます。

きっと向かいの公園から従業員が汲んでくるに違いありません。

 

さくらんぼ食べて、お水汲んで、お風呂に入って充実した休日。

あとは、ウニ丼の一つでも食べたかった。

 

本日の食事、サクランボ農園でのうめおにぎり、名水公園でのバター醤油うどん。以上。

f:id:kataseumi:20170723212314j:plain

羊蹄山を眺めながら帰ります。

読んでいただき、有難うございました。 

記事まとめ

仁木サクランボ狩り~京極名水ゲットだぜ① - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

仁木サクランボ狩り~京極名水ゲットだぜ② - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

仁木サクランボ狩り~京極名水ゲットだぜ③ - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

スポンサーリンク