何もない春だから、何もない襟裳でウニを食べてきました①

こんにちは、かたせうみです。

GW最終日、ゆっくりしたい私と娘を尻目に、行きたがりのさびしんぼ(夫)が単身赴任から帰ってきたので、夫接待で襟裳岬に行ってきました。

 

襟裳岬といえば、森進一が『なにも~、ない、春です~♪』と歌ってた場所です。

ここです。

 

 

遠い!!

っていうか、マップに道ないじゃん!

(本当は、ちゃんと道はあります。)

 

とりあえず、行ってきま~す。

雨降ってますが~・・・・。

 

 

ウニの旬、積丹は夏、日高は春

 

ウニといえば積丹が有名ですが、日高にもウニはあります。

超有名な積丹のウニ漁は、毎年6月1日位から8月31日まで。

小樽や石狩なら、もう少し早く食べることが出来ます。

 

日高の場合、ウニの漁期は3月下旬から5月下旬。

春ウニといって、
今がちょうど旬なんです。

この時期は、日高、様似、浦河等で、毎週のようにウニ祭りが開催されます!

うひょ~!!

さすがにウニはお安くないけれど、大好物なので襟裳にウニを食べに行く事にします。

 

積丹ウニの過去記事はこちら

www.kataseumi.com

 

何もない道を超えて、はるかかなたの襟裳まで。

 

襟裳岬へは、大きく分けて、札幌方面から日高道へ入る道と、天馬街道を通って帯広方面から来る道と2種類あります。 

 

私たちは札幌方面から。

ほぼ一本道となります。

途中、桜で有名な静内や、名馬の産地や温泉も通りますが、全くもって何もありません。

 

この辺が、積丹に負けるところなんだよね~。 

 とりあえず、馬で有名な新冠の写真です。

 

f:id:kataseumi:20180506222500j:plain

 

f:id:kataseumi:20180506222459j:plain

何もない道。晴れていると、それなりに旅情がある。
f:id:kataseumi:20180506222458j:plain
f:id:kataseumi:20180506222503j:plain
日高に入ると、道沿いに普通にサラブレッドが草を食べている光景を見ることが出来ます。

 

静内あたりからウニののぼりが

 

静内あたりからウニののぼりを立てているお店が目立ち始めます。

とはいっても、お店の数自体が多くないので、多くの観光地の様にウニのお店が乱立していることはありません。

ちょっと地味目なんです。

お食事処のほかには、ホテルのレストランで提供されていることもあります。

とにかく、お店がまばらで、知らないと見つけられないんですよ。

興味のある方は、こちらのリンクが分かりやすいので、調べて行ってみて下さい。

 

満開の桜と楽しむ日高春うに満喫ドライブ - 【北海道じゃらん】

 

気絶級においしい!一足早く旬が来る北海道・日高で春ウニにノックアウト | icotto[イコット]

 

静内なら、回転ずしでも春ウニを食べられます。

 

www.choice-sushi.com

 

f:id:kataseumi:20180506222507j:plain
f:id:kataseumi:20180506222505j:plain
調べたり、気を付けていると、この様に見つけることが出来ます。

 

襟裳到着!漁港のあたりに3店舗ほど

 

襟裳に到着!遠かった・・・・。

 

襟裳岬に向かう道沿いに、3軒ほどウニののぼりを出しているお店があります。

時刻はちょうど12時前、今日は『銀寿司』にお邪魔してみよう。

ここです。

 

f:id:kataseumi:20180506222506j:plain

f:id:kataseumi:20180506222508j:plain
f:id:kataseumi:20180506222509j:plain
メニュー。不漁続きで高騰している・・・。

夫は「わがまま丼」私はブレずに「うに丼セット」娘はウニが嫌いなので「イクラ丼」です。

 

ウニ丼キター!

 

f:id:kataseumi:20180506222511j:plain
f:id:kataseumi:20180506222516j:plain
ウニ丼セット到着!



f:id:kataseumi:20180506222515j:plain
f:id:kataseumi:20180506222512j:plain
夫のわがまま丼と、娘のイクラ丼

ご飯は、甘め薄めの酢飯で、個人的にはちょうどよくウニに合う。

ウニはとろりと甘く、醤油もウニ用に味付けされている!!

 

ご飯がちょっと軟らかめだったけど、やっぱりウニは美味しいです!

勿論ミョウバンの味や苦みなんてありません。

 

個人的には、ご飯とウニの間にシソとか海苔が欲しかったな~。

 

イクラ丼は、昨年の不漁が響いてか、1000円値上がりしてました。

イクラもあんまり多くないね・・、これで3800円は高いなぁ。

 

襟裳のお店注意点

 

ウニ丼、とっても美味しかったんですが、土地柄とでもいうのでしょうか、このあたりのお店は多分、全部喫煙できます。

(静内あたりは栄えているから、禁煙かも)

以前行った違う店もそうだった。

 

他に地元のお客さんがいる場合の喫煙率は高めです。

 

全席禁煙に慣れているときついと思いますので、煙がダメな方は、確認が必要です。

あと、ちょっと活気に欠けます。

 

ここから車で十数分、襟裳岬に着きました 

 

ウニに満足したので、襟裳岬に行くことに。

襟裳岬では、運が良ければアザラシを見ることが出来るんですよ!

 

f:id:kataseumi:20180506222526j:plain

f:id:kataseumi:20180506222529j:plain

f:id:kataseumi:20180506222536j:plain
f:id:kataseumi:20180506222527j:plain
岬の先まで行けます。結構な道のりです。

f:id:kataseumi:20180506222523j:plain

ちょっと老朽化が進んでいる・・・。

 

雨は降っていないものの、あいにくの曇天。

暗い。

f:id:kataseumi:20180506222525j:plain
f:id:kataseumi:20180506222537j:plain
運が良ければアザラシを見ることが出来ます。今日はいなかった・・。

 

なにもない、はるです~。 

 

その昔、森進一が歌っていた『襟裳岬』。

お土産屋さんでもかかっています。思わず歌ってしまう今日の空。

本当に周囲は何もないんですが、何もないと思って行くと、意外に観光地なんですよ。

 

岬は、強風が吹き荒れることで有名ですが、その強風が体験できる『風の館』もあります。

大体いつも寒いので、風の館で暖まったり、展望台の望遠鏡でアザラシをさがしたりします。

ドライブインもあり、シーズンになると何台ものバスが止まります。

 

今日も、30人単位のツアーがいくつも入っていました。

 

f:id:kataseumi:20180506222518j:plain

 

ここにももちろんウニ丼が

 

ここのドライブインにも、うに丼や海鮮丼があります。

下の写真のあたり、更地になっていますが、大きなお土産物屋と、有名な『むてき食堂』『青春こんぶ神社』というものがあって、かなり観光地っぽくなっていました。

 

今日行ったら何もなくて唖然・・。

調べてみたら、2016年1月に火事で全焼してしまったようです。

現在はHPもリニューアルされて、復活へ期待されているようです。

 

f:id:kataseumi:20180506222519j:plain

スーパーうに丼はいいとして・・・ミステリーラーメンてなんだ??

 

この奥に『むてき食堂』があって、『ローカル路線バスの旅』で、蛭子さんや太川陽介も来ていたのに・・。

何だかさみしくなっちゃってる・・。

かなしい・・。

 

f:id:kataseumi:20180506222522j:plain

 

こちらはドライブイン。銀寿司より安い。

イクラ丼に至っては、さっきの店より1000円も安かった。

食べてないので何とも言えないけど、ここで食べても良かった・・・。

悔やまれます。

 

あと少しですが②へ続く。

 

読んでいただき、有難うございました。

 

こんな記事も書いています。

www.kataseumi.com