時差式信号で怖い思いをしたことある人、手を挙げて!

この世の中には、『右折専用信号』という、焦る心にゆとりを持たる、素晴らしくわかりやすく便利なツールがあるのに、なぜ、わざわざ『時差式信号』というものがあるのだろうか??

 

f:id:kataseumi:20180124004615j:plain

こんにちは、かたせうみです。

今日は、免許を取得して20年以上、私がず~っと思っていた、『時差式信号』のありかたについて問いたいと思います。

 

時差式信号で怖い思いをしたことある人、手を挙げて

 

時差式信号って、怖くないですか??

信号機には一応「時差式」と表示があるけど、対面の信号がいつ黄色くなってるか解らないし、対向車線の車も、それっぽく減速してはいるけど、全部が全部減速してるようには見えなくて、『本当に止まるの??』って感じ。

 

しかも、初めて運転する道で時差式とか、時差式の表示に気づかず、スタートするタイミング逃して後ろからクラクションされたり。

 

時差式と知らず、青信号が短い方の車線から交差点でUターンしようとした車が、そのまま赤信号になっちゃって、でもまだ対向車線は青だから立往生とか。

 

右折のタイミングでドキドキしてても、右折専用信号があれば『右折信号あるから大丈夫か。』と余裕だけど、時差式信号は気持ちが削られて緊張するんですよ。

 

大体、時間短いし。

 

誰よ、こんなもの考えたの!

皆さん、そうは思いませんか??

焦りませんか??

怖くありませんか??

私はいつも、怖いです!!

 

ネットで見ても、「事故が絶えない」って書いてある!!

 

ほら~!!

 

でも、きっと何かが起きなければ変わっていかないんですよ。

例えば、私の実家で起きたこんな話を致しましょう。

 

魔の交差点

 

私の実家近くには、むかしむかし「魔の交差点」と言われていた場所がありました。

事故が多い交差点のことを、こう呼びます。

昔は結構ありましたよね。

見通しもよくて、一車線の普通の道なのに、何故か事故が多発しているところ。

 

小さい頃は、あまりの事故の多さに、本気で『何かがいるのでは??』と思ってました。

・・・・いたのかもしれないですけどね。

 

実際はこのような、免許取ったら分かる、いかにも事故の多い構造となっていました。信号がなく、同レベルの大きさの優先同士の道がぶつかるところです。

 

ずっと優先で走ってきたので、勢い余って「止まれ」の表示に気づかず交差点に進入してしまうのです。

 

なまじ交通量が多くないのが、更に災いしていたと思います。

f:id:kataseumi:20180125000411j:plain

 

あまりの事故の多さに、交差点の真ん中に、こんなのがつきました。

 

f:id:kataseumi:20180125001007j:plain

こんなもので事故の数が減るわけないでしょう。

 

次は、大きな「とまれ」の看板と共に交差点が明るく照らし出されました。

でも、誰もが『何で信号にしないんだろう』と思っていたと思います。

それくらい、事故が多かったのです。

交差点自体は大きくなかったので、これで事故が少なくなると行政が踏んだのか・・?

 

そんなある日、予想された出来事が起きました。

 

そんなある日の夜中、またしても事故は起こりました。

間違いなく何かが起きたと思わせる、轟音。

町内に響き渡る、今まで聞いたこともない音です。

これまでの事故とは全く違う「死人が出た音」がしました。

 

車は両方ともかなりのスピードで衝突。

搭乗者は二台あわせて5~6人くらい。

 

ほどなくして、数台のパトカーと救急車が到着し、救出活動を始めました。

 

車は角に建っていた家のブロック塀も突き破り民家に激突。

タンカは民家の奥からも何かを救出していました。

f:id:kataseumi:20180125000411j:plain

衝突した瞬間に、シートベルトをしていなかった搭乗者達は、衝撃でフロントグラスを突き破り、数人は民家の庭に放り出されました。

もしかしたら、人間が家の中に飛び込んできたのかもしれません。

本当にひどい事故でした。

 

突っ込まれた家は引っ越しました。

自分の庭に死体が転がったんだから、当然ですよね。

 

そして、やっと信号がつきました。

 

以来、私が実家を離れるまでの10年間、ピタッと事故は止み、そこは『魔の交差点』ではなくなりました。

3人の命という、大きすぎる犠牲により、交差点の魔は鎮められたのです。

 

いいえ、始めから『魔の交差点』ではなく、『信号がなかっただけ』。

 

この様に、何かないと、状況は変わらないのです。

 

時差式信号でこんな事故は起きないと思いますが、ググってみれば危ないことばかり。

事故で人は死ぬのはまっぴらです。

何かがないと見直されないのか??

いやいや、何かがあれとは思いません。

 

とりあえず、誰かが声をあげないと始まらないので、ブログ書いてみました。

日本人はちゃんと信号を守るんだから、時差式信号をなくして、さっさと右折信号にすればいいんですよ。

 

危険な場所には信号を!

時差式信号は右折専用信号へ!!

 

読んでいただき、ありがとうございました。