素朴なアメリカの味 「コーンブレッド」レシピ

こんにちは、かたせうみです。

近所のカ○ディに買い物に行った時、「コーンミール」を見つけてふと思い立ち、朝食用に『コーンブレッド』を作る事にしました。

けっこう上手にできたので、紹介します(*^_^*)

f:id:kataseumi:20171210134256j:plain

これは、フリー画像からいただいた。

コーンブレッドは、トウモロコシの粉で作られた、ぼそっとした素朴なパンです。

ほんのり甘くて、焼いているときからトウモロコシのいい香りが漂います。

発酵いらずで簡単に作れますが、アメリカでは昔から愛されている日常的なパンでスーパーに行けば必ず売っています。

『トム・ソーヤの冒険』や映画『グリーン・マイル』にも出てきます。

 

コストコに行けば簡単に作れるミックスも売っていますよ。(自宅で作る物より甘い)

下はアマゾンで見つけた。

 

家庭的なパンなのでレシピも様々。

今日は、写真映えを狙ってほうれん草とか入れてみます。

 

コーンブレッド、用意するもの

 

それでは、材料です。

f:id:kataseumi:20171205192241j:plain

材料(22センチのパウンド型1個分)

  • 卵            2個
  • プレーンヨーグルト    1カップ
  • 砂糖           大さじ1
  • コーンミール       100g
  • 薄力粉          100g
  • 重曹           小さじ1
  • ベーキングパウダー    小さじ1
  • オリーブ油や溶かしバター 大さじ2
  • コーン缶詰        小1缶
  • ほうれん草        1/3束
  • パプリカ         角切り、少々

 

「コーンミール」は、トウモロコシの粉で目の細かいもの。

目の粗い「コーングリッツ」に変える事もできます。

また、ヨーグルトは牛乳でもいいでしょう。

お好みでどうぞ。

f:id:kataseumi:20171205192240j:plain

コーンミールを使うと、コーングリッツよりもキメが細かく焼き上がります。

 

コーンブレッドの作り方

 

下準備

  1. ほうれん草は塩ゆでし、冷水に取って色止めをしたら、水気を切って4つくらいに切っておきます。
  2. オーブンを温め始めます。ガスなら180度、電気なら200度位。
  3. コーンミール、ヨーグルト、薄力粉を計っておきます。薄力粉には、重曹とベーキングパウダーを合わせておきましょう。

f:id:kataseumi:20171205192242j:plain

 

作り方 

 

卵とヨーグルトを混ぜ合わせる

 

まず、卵を割りほぐし、ヨーグルトとよく混ぜ合わせ、砂糖を加えます。

f:id:kataseumi:20171205192243j:plain
f:id:kataseumi:20171205192244j:plain
ヨーグルトだから、プルンプルンする。焼くと酸っぱくなくなる。

卵をハンドミキサーで泡立てると、少し軽い仕上がりになる気がするけど、あまり変わらない。

 

コーンミールを混ぜる。

 

「コーンミール」を分量入れたら、さらに混ぜる。

f:id:kataseumi:20171205192246j:plain
f:id:kataseumi:20171205192247j:plain
小麦粉と違い、さらっとしているので、泡だて器でも大丈夫。
薄力粉をふるい入れる

 

泡だて器をヘラに持ち替え、ベーキングパウダーと重曹を混ぜておいた薄力粉をふるい入れ、さっくりと混ぜます。

      f:id:kataseumi:20171205192248j:plain

コーンやほうれん草の具に、軽く薄力粉をまぶした後、生地に加えて、更に混ぜます。

f:id:kataseumi:20171205192245j:plain
f:id:kataseumi:20171205192249j:plain
薄力粉は分量外です。

f:id:kataseumi:20171205192250j:plain

 

最後に、オリーブオイル等の油を加える。

 

f:id:kataseumi:20171205192251j:plain

 写真は溶かしバター。

美容に気を遣う方は、オリーブオイルで。(これも美味しい)

たまにはマヨネーズを加えて、濃い味の時もあります。

 

型に入れ、オーブンで焼く

 

オーブンで40分くらい焼きます。

f:id:kataseumi:20171205192252j:plain

真ん中にスジを入れると、真ん中が割れて焼きあがりが綺麗になります。

f:id:kataseumi:20171205192305j:plain

あら熱が取れたら型から外し、切り分けます。

出来上がり

f:id:kataseumi:20171205192306j:plain

 

コーンの香りやうまみ、甘味を楽しむには、やはり「焼きたて」が最高です。

なので、四角いバットやぐりとぐらみたいなフライパンで作って、焼き立てを切り分けるのがいいですね。

 

パウンド型でも、頑張れば熱いうちに出す事も可能です。

 

冷めても美味しいですが、甘味を感じ辛くなるので、軽く焼いたり、レンチンするのがおすすめです。

 

今回は、画像映えを狙って緑を入れてみましたが、コーンブレッドは本来「じみ~」な感じなんですよね。

映画『グリーンマイル』でも、四角く切ったコーンブレッドは、素朴な感じで紙ナプキンに包まれてました。

具は、あっても無くても美味しいです。

是非、作ってみて下さい。

 

コーングリッツやコーンミール、手に入りにくい方はこちら。

「コーンフラワー」は、トルティーヤ等に使い、コーンブレッドには使わないので注意。

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。