犬に追いかけられたはなし第二話

こんにちは、かたせうみです。

第一話に続き、「犬に追いかけられたはなし」の第二話です。

まさか、こんな生き恥晒す様な記事を書く事になろうとは・・・。

www.kataseumi.com

 

 

犬に追いかけられた第二回

 

その日、私はいつも通り人生に疲れていたので、一人で海を見に行く事にしました。

札幌の外れ、夏は(多分)賑わっている砂浜。

 

まだ時期が早かったので、砂浜にいるのは、私を含めた数人だけでした。

 

私は、砂浜に腰をおろし、人生について考えていました。

本当言うと、考えていません。

人生の不平や不満をぐちぐち考えていただけです。

『ぶざけんなよ!このやろー!!ばーかばーか!!』

f:id:kataseumi:20171129202614j:plain 

で、砂浜をざっと見渡すと、ず~っと向うの方で、犬を連れたおばさんが釣りをしている。

『釣れんのかな~、何釣っているんだろう??』

犬は、おばさんの横でいい子にしています。

白と黒のブチブチで大きな体、「ダルメシアン」でしょう。

f:id:kataseumi:20171025233917j:plain

ダルメシアン。これです。

ふとその時、何だか犬と目があった気がしました。

 

結構離れていたんですけどね。

f:id:kataseumi:20171025233918j:plain

 

まぁ・・・、第一話を読んでいただければ、いえ、読んでいただかなくても、大抵察しはつきますよね。

 

そうです、広大な砂浜、その犬は繋がれてなんかいなかったのです。

f:id:kataseumi:20171025233912j:plain

 

全速力で走ってくる犬、怖い!!!!

逃げようにも、砂浜に座りこんじゃっているし、腰が抜けて動けない!!

四つん這いでいざる私。

 

犬は、『遊んでよ!!』とばかりに飛びかかってきます。

「あそばねーよ!!」

だって知らない大型犬だもん!!

怖いんだよこっちは!!

 

声も出せずに固まっている私、でも、撫でる勇気もありません。

怖いんだもん。

 

『なんで・・・・、なんで傷心を癒やしに来ただけなのに・・・、なんで・・・、何で私が・・・・。』 

 

ほんの十数秒だと思いますが、永遠の時間と思われました。

飼い主・・・・何やってんだ・・!!怒!

f:id:kataseumi:20171129203206j:plain

数十秒後、犬は飼い主に呼ばれて速攻で帰って行きました。

 

謝罪????

そんなもの・・、ありませんでした。

 

その日はショック過ぎて、そのまま100キロ位一人でドライブしました。

・・・・・怖かった・・・・・。

f:id:kataseumi:20171129203936j:plain

 

以上犬に追いかけられた話です。

 

以上、生き恥をさらす、犬に追いかけられた話でした。

断っておきますが、私は犬が嫌いなわけではありません。

飼ってた事もありますし、和風総本家の「豆助」を見て癒されますし、「今日のわんこ」だって見ています。

 

でも、人生経験長いので、他人の犬は怖いのです。 

飼い主さんて、その辺の事忘れている人が多くないですか???

皆が自分の犬を「かわいい♡!!さわりた~い♡」と思ってると思っていないですか??

 

お互いの不慮の事故を避けるためにも、リードは忘れずに。

 

読んでいただき、ありがとうございました。