いまさらですが、登場人物の紹介です。

こんにちは、かたせうみです。

最近やっと、ブログに吹き出しを設置する事に成功しました。

 

せっかくなので、今日はブログに出てくる人物の紹介などをしたいと思います。

 

このブログの登場人物紹介

 

それでは、登場人物紹介です。

かたせ うみ

f:id:kataseumi:20171126025806j:plain

私です。

年齢不詳・・・、ブログタイトルから察して下さい。

アイコンは自主制作。

ぐうたらするのが好きですが、最近はぐうたらしていても若い頃の10倍の速さで時間が過ぎていく。

この事については、是非アインシュタインに定義して頂きたかった。

私の知能では理解できませんけどねー!

お酒が好き。

スロットも好きだったけど、最近は行っていない。

料理記事もアップするが、正直家政婦のミタ(古い)さんが作ってくれたらな~と思っている。

ミタゾノでもいい(これまた古い)。

「女性が輝く社会」というのを見る度に

もう輝かなくていいから、仕事しなくてもいい社会にして欲しい。

と周りに文句を言っている。

 

f:id:kataseumi:20171126193649j:plain

 夫。

老けて見えるが、私より少し年下。

歴史が好きだけど、卒業は政治経済学部。

週末の夕方は、録画と合わせた大河ドラマの2本立て後、「陸王」が始まるため、家族を恐怖へ陥れる。

その上、朝ドラが好きなので、夫がテレビのスイッチを入れるとエンドレスの拷問となる。

 本棚には、横山光輝の歴史漫画があふれており、妻は『捨ててくれ』と思っているが我慢している。

この度のアイコンは、子供達が描いてくれなかったので、夫が大好きな人をアイコンにしてあげた。

妻は何て優しいのだ。

しかし、今後の会話形式のブログに、このアイコンが登場するかは定かではない。

 

息子

f:id:kataseumi:20171125155938p:plain

 息子、高校3年生。

アイコンは息子自身が制作。

 

当初、息子のアイコンは面倒なので、以下の写真になる予定だった。

f:id:kataseumi:20171126225002j:plain

でもこれ、似てるんだよね・・・・・。

 

しかし息子に「ブログとして手を抜いている!!努力とオリジナリティーが足りない!」と叱責されたので、本人に描かせる事にしました。

 

が、こんなのを描いてきた。

f:id:kataseumi:20171126223526j:plain

なんじゃこりゃ!!!!

クワガタだって・・・・・。

勿論不採用なので、上記のアイコンとなりました。

 

 オタクなので、部屋は「艦これ」のヲ級や島風、他、杏子や杏のフィギュア等であふれている。

「コミケに行くのに困らない」という理由で、東京方面の大学を希望しているが、先週も勉強せずに映画に行ったばっかり。

(コミケは過去2回家族で行きました。)

母がたまに使用しているペンタブは、息子の物。

 

f:id:kataseumi:20171126150130j:plain

娘、中学3年生。

兄に倣って、順調にオタクの道へ進んでいる。

しかし、BLや王子様系ではなく、「おそ松さん」とか「ノラガミ」とか「まどマギ」等が好き。

社会の暗記はできない癖に、声優の名前や漫画のキャラクターは一発で覚える。

いっそ歴女にでもなってくれたら、日本史は安泰だったのに・・・。

 

「アイコンを描きたい。」というので任せたら、こんなのを描いてきた(下)ので却下した。

f:id:kataseumi:20171126224715j:plain

某アニメのキャラクターのようです。

ちゃんと描くと、まぁまぁ上手な子なんですが、ネット公開がこんな絵でいいのかなぁ・・・。

女の子なのにオシャレ度が低いのは、やはり2次元だからだろうと、母は思っている。

 

山田山雄

f:id:kataseumi:20171126193244p:plain

山田山雄(さん)。

たまに登場する、私の職場の上司。

山をこよなく愛していて、山岳ガイドの資格も持っている。

スターウォーズが好きで、職場のメモ帳にもC-3POが載っている。

 

加仁さん

f:id:kataseumi:20171126195733p:plain

加仁さん。

「さん」までがキャラクター名。

極まれに登場するレアキャラ。

洋画、邦画、アニメ問わず映画を見ている為、映画情報は、週明けこの方から得ている。

 

以上です

 

以上、登場人物の紹介でした。

職場の人は、詳しく書くとよろしくないので、さらっと紹介させて頂きました。

 

読んでいただいて、有難うございました。

少しでも親近感が湧いてくれましたら、嬉しい限りです。