映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』感想。滑り込みで観てきました!

こんにちは、かたせうみです。

ここ数日で、北海道は急に寒くなりました。

いよいよ冬タイヤの出番??

長い冬に突入してしまいました、がくっ。

 

公開3週目過ぎましたが、今日は『マイティ・ソー バトルロイヤル』を観てきたので、レビューします。

マーベル観るの、ひさしぶり~。


「マイティ・ソー バトルロイヤル」日本版本予告

 

『マイティ・ソー』感想とあらすじ

 

感想は、あとにも書きますが、気持ちを表すとこんな感じです。

 

「面白かった―!!最近観た映画ではダントツか?」

 

「アクションも良かったし、雰囲気やセリフも良かった。」

 

「無理やり感も少なかった。」

 

「ケイト・ブランシェットかっこ良かった~。」

 

「ドクター・ストレンジみたいに気持ち悪いCGじゃなくてよかった(『ドクター・ストレンジ』を見た時、私は二日酔いで吐きそうになった)このCGを見よー!って感じでも無くてよかったわ。」

 

あとは

 

「『ソー』の・・『ソー』の髪の毛か~え~し~て~!!」

「『ソー』のマントが・・・、かっこいいマントがぁー!」

他、多数ですが、こんなところでしょうか。

 

『マイティ・ソー』は、北欧神話をベースにした、アメリカのマーベル・コミックのヒーローシリーズです。

個人的には、マーベルシリーズの中では一番のいい男だと思っています。

 

マーベルはほとんど見ないので、話が繋がらなかったり、相関関係も怪しい事が多いのですが、今回は前作を知らなくてもかなり楽しめました。

 

息子がマーベルファンなので、実はDVDは結構借りてます。

でも、DVDを見る時間には、私はだいたい既に酔っぱらっているので寝てたりして、途中途中が抜けてたりするんですよね・・・・・。

 

話は、前作でのソーの行き先から始まってるみたいなんですが、分からなくても大丈夫。

あらすじも、アップした予告通りで難しくありません。

本当、素直に面白い映画でした。

映画『ドクター・ストレンジ』の最後にマイティ・ソーが出てきますが、この映画でちゃんと回収されています。

 

でも私、何度見ても、ドクター・ストレンジがミスター・サ●ンに見えるんですよね~~・・。

 

あらすじ簡単に

 

ソーは、「アズガルド」という神々の国の王子。

父親の名前はオーディン。

今回は、父オーディンの黒歴史と、邪神である姉の存在が発覚。

遠い昔、オーディンの娘、邪神「ヘラ」は、父の片腕として処刑と侵略、破壊を続けていた。

しかし、ほぼ全てを手中に納めたオーディンは、「善き神」へと変貌。

危険すぎる「ヘラ」は、父オーディンにより封印された。

その後ソーが生まれるが、オーディンの死によってヘラの封印は解かれ、邪神が復活してしまうといったお話です。

 

登場人物

 

f:id:kataseumi:20171123191137j:plain

クリス・ヘムズワース演じる主人公『ソー』

マーベルきってのいい男。

今回は、早々とお姉さんにボコボコにされ、賞金稼ぎに首輪をつけられて売られたり、闘技場で戦わされたり、髪の毛切られたりと散々です。

 

お姉さんにボコボコにやられたので、必死の形相で逃げますが、追いつかれ、惑星「サカール」に飛ばされますが・・・・。

 

2016年に公開された『ゴーストバスターズ』では、頭の弱いイケメンアシスタント役で出ていました。

 

感想で、髪の毛・髪の毛と書きましたが、絶対ロン毛の方がいいのに・・・。

f:id:kataseumi:20171123221106p:plain
f:id:kataseumi:20171123191136j:plain
年齢もあるけど、ロン毛の方がこんなにかっこいいのに・・・

 

f:id:kataseumi:20171123191141j:plain

ソーの弟『ロキ』。

演じているのは、トム・ヒドルストン

実の弟ではなく、オーディンに引き取られた養子で義理の弟。

魔法使い。

戦士風写真ですが、こんな感じの人ではありません。

いつも裏切ってる、口が達者な詐欺師だけど、憎めない。

 

息子曰く、「前はもっと悪かった」らしい。

 

でも、某社が傘下に納めてしまったので、今後、ロキはこのまま「いつも裏切ってるけど、なんか憎めないやつ」でいくんでしょう。

本場アメリカのマーベルファンの悪役ランキングでは、圧倒的な人気を誇っているらしいです。

前半、NYに降り立つ時の黒スーツ姿は、なかなかイカしてます。

 細身でスタイルがいいんですよね。

 

f:id:kataseumi:20171123191139j:plain

 テッサ・トンプソン

 飲んだくれの賞金稼ぎ。

ソーに制御装置をつけて売っ払っちゃうのはこの人です。

とある過去がありますが、それは本編で。

身軽さを活かしたアクションでかっこいい!の一言。

劇中の「酒はやめない。」というセリフに、激しく同意した。

 

f:id:kataseumi:20171123191138j:plain

マーク・ラファロ演じる『ハルク』

圧倒的な強さとパワーを誇りますが、怒り昂ると制御不能。

前作アベンジャーズのラスト、一人旅立った(死んだという事ではありません。)ハルクでしたが・・・・。

 

ハルクは、実は天才物理学者ロバート・ブルース・バナーが、ショックを受けると変身しちゃう姿。

色々あって、今は地球にいないんですが、ソーが飛ばされた「サカール」では、超有名なスーパーヒーローになってました。

ソーとハルクの掛け合い、面白かった・・。

でも、あれって掛け合いというのか??

 

f:id:kataseumi:20171123191140j:plain

『ヘラ』役のケイト・ブランシェット

今回の映画は、「この人が主役」と皆が思っているに違いない。

今や、押しも押されもせぬハリウッドの大スター。

この人の存在感といったらありません。

この人の周りだけ、世界が違う。

一挙手一投足が、別次元。

登場してすぐに、両手に剣を持って歩いてくるシーンがあるんですが、その姿にはかっこよすぎて惚れぼれします。

普段は黒髪のダウンスタイルですが、戦闘モードの時には髪の毛がつのつのになります。

f:id:kataseumi:20171123191143j:plain

魅惑の黒髪

 そして、このコスチュームは、後ろ姿にこそ、その真価を発揮します。

 

f:id:kataseumi:20171123191142j:plain

ラスト、『グランド・マスター』ジェフ・ゴールドブラム

『ジュラシック・パーク』や『インディペンデンス・デイ』で主役をしていたとの事ですが、色もの過ぎて全然分からなかった。

この人は・・・・・、ウケるよ?

 

以上、『マイティ・ソーバトルロイヤル』の説明ですが

 

以上、簡単に感想とあらすじ書きました。

『マイティ・ソー』は、北欧神話がベースなだけあって、「アズガルド」のシーンはファンタジー色が濃く、住人の姿かたち、コスチュームなどがとても美しいです。

天馬に乗ったヴァルキリーも回想シーンで出てきますが、それはもう美しいです。

 

セリフ回しも憎いので、興味がある方は是非観に行ってみて下さい。

デートにも最適!!

 

と思ったけど、カップルはあまりいなかったなぁ・・・。

ソーは、次回作『インフィニティ・ウォー』に出るみたいなんですが、武器は何で戦うのかな~??

やっぱり、「バリバリ」なのか?

それよりも、私が気になるのは、今後ヘラが出るのか出ないのかですよ!

 

おまけ

 

 

や~、ケイト・ブランシェット、かっこよかったねー!!

 

 

うん。

 

 

 

あの人金髪だけど、黒髪いいよね。

 

 

え、あの人金髪なの?!

 

 

 

・・・『ロード・オブ・ザ・リング』で、エルフの「森の奥方」やってた人だよ・・。『ホビット』も見たよね(怒)

 

 

あ~、あの人かぁ!

 

 

 

所でさ、ソーのお父さん、『アンソニーホプキンス』だったんだねぇ。

 

 

おれ、俳優とかあんまり覚えてないんだよね・・・。

 

 

 

・・・・『レクター・ハンニバル』(←羊たちの沈黙)だよ・・・。

 

 

えっ????まじ??

 

 

自称映画ファンの息子、明日はどっちだ。

 

読んでいただき、有難うございました。