リベンジ! 2色のスイートポテト~今回はミニ焼きイモ風にしてみました~

こんにちは、かたせうみです。

ちょっと前に2色のスイートポテトのブログを書きました。

その時ちょっと失敗したので、今日は量に注意して再度、2色のスイートポテトに挑戦します。

今回は型に入れずに作ります。

これはこれで、味は良かった。

www.kataseumi.com

 

ママ、また作るの??お菓子作るなら、分量は絶対なんだよ!!知ってる?!

 

 

うるさい!ふくらむ要素やパリパリサクサク要素がなきゃ、好みでいいんだよっ!!

 

 

・・・・・・・・はぁ~・・・・。

 

 

 

今回は使用したのは、「パープルスイート」と「紅はるか」

 

前回は、高級芋の「安納いも」を使用しました。

甘くておいしいお芋ですが、水分が多くねっとりしているので、成型するのに非常に苦労した挙げ句ちょっと失敗してしまいました。

とにかく柔らかい。

 

今回は「紅はるか」を使います。

固い品種を選んだのではなく、これが家にあったから。

 

紅はるか

「紅はるか」は、2010年に品種登録された比較的新しい品種のお芋です。

色は白味が強く、火を通すと、ねっとりとした食感で、非常に甘いらしい。

 

今自宅にあるのは、「安納いも」「パープルスイート」「紅はるか」の3品種。

 紅はるかの味は期待できるとして、『ねっとり』という表現から、肉質はやわらかそうです。

やわらかいのか・・・大丈夫かなぁ~~~~?

 

さぁ、まずは、「紅はるか」を蒸してからつぶしていきます。

買ったばかりのブレンダ―であっという間に滑らかな状態になりました~。

本当に、このブレンダ―は買ってよかった!!

f:id:kataseumi:20171030234415j:plain

【検証】ブラウンマルチクイックハンドブレンダーはオススメ! - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

f:id:kataseumi:20171114194330j:plain

やっぱり、ねっとりとやわらかいです。

今回は芋1本半使用。

ここに卵黄等を混ぜていきます。

卵黄は1/2個、生クリームは10CC位、バター10グラム位と砂糖大さじ2使用。

 

成型できるような固さではないです、やっぱり。

何とか頑張ります。

 

安納いもと比べると、黄色みがかなりちがいますね。

f:id:kataseumi:20171108181822j:plain
f:id:kataseumi:20171114194330j:plain
左、安納いも。右、紅はるか

 

紅はるかの成型

 

今回は、せっかく紫と黄色のお芋があるので、何とか成型して「ミニサツマイモ」風に細工したスイートポテトを作ってみたい。

 

そんなわけで、これは完成したらスイートポテトの中身となるわけです。

この上に、パープルスイートで作った皮の部分で巻いていく予定。

 

う~ん・・ベタベタと手にくっつく~・・・!!

お芋が冷えてから、打粉をふりまくって何とかこんな風に。

f:id:kataseumi:20171114191104j:plain

大丈夫、大丈夫、これは中身だから。

 

パープルスイートを蒸す。

 

前回作った時の写真の使いまわしでスミマセン。

f:id:kataseumi:20171104182913j:plain

このお芋、正式名は「パープルスイートロード」というらしい。

紫芋の中では、群を抜いて甘く、アントシアニンが豊富。

紫芋、食べないから分からないや。

でも前回作った時は、確かに甘かった。

そして、いい感じに固かったと思う。

f:id:kataseumi:20171114191105j:plain

おっと!!ちょうどいい固さ。

ブレンダ―で、皮ごとつぶしていきました。

安納いもや、紅はるかとは全く違う固さです。

品種で、かなり色々と違いがあります。

安納いもとかは、タルトに絞り出すタイプのスイートポテトに合っていると思う。

 

一方パープルスイートロード、手にくっついてもきません、簡単に成型できそうです。

・・・・・よかった~~。

ここに、卵黄1個・キルシュワッサー小さじ1・生クリーム15CC位・バター10グラム強投入。

 

皮の部分で包むよ。

 

とりあえず、手に油を塗ってから、黄色の部分を包む作業に入ります。

パープルスイートロードは、小麦粉の生地みたいに扱いやすい。

すごく成型しやすいから、中のお芋はわざわざ形作らなくても、やわらかいままスプーンで落としてもいいかもしれない。

f:id:kataseumi:20171114191106j:plain

f:id:kataseumi:20171114191107j:plain

 一応、焼きイモ風に形作ってみました。

これに、残りの卵黄に、余った生クリーム少々を混ぜたものを上に塗ります。

塗らなくても美味しいですが、この形にして美味しそうに仕上げるには必須の作業です。

f:id:kataseumi:20171114191108j:plain

見た目は凄く悪いけど、焼くと変わりますから!!!!

 

180度のオーブンで30分位焼きます。

 

180度に温めておいたオーブンで焼きま~す。

オーブンからは、甘い匂いがしてきます、ふふふふふ。

 

焼き上がりを見てみましょう。

f:id:kataseumi:20171114191109j:plain

焼きイモっぽくなっています。

もし、黒ゴマがあれば、焼く前に少しかけると一層美味しそうに見えますよ。

うちには白ゴマしかなかった・・・。

白ゴマでもかけておけばよかったと思う・・・今。

 

スイートポテト、出来上がりはこうなります。 

 

f:id:kataseumi:20171114191111j:plain

 

卵黄を塗った部分がこげて、いい感じに皮の要素を醸し出しています(*^_^*)

お芋が美味しいから、勿論味もグッドです。

 

砂糖は入れなくても美味しいと思いますが、もっと「スイーツ感」を出したいなら、もう少しお砂糖やはちみつを足しても良かったかもしれない。

甘くすると、より「お店の味」に近くなります。

いい意味での既製感とでもいうのでしょうか?

甘さ控えめは「ホームメイド感」が出ます。

 

どちらも美味しいですが、洋酒を入れるのと入れないのとでは味が全く変わります

 

緑茶も良いですが、ミルクティーにとても良く合うお菓子です。

ミルクティーって、大好きだけどちょっとくどいから、合わせるお菓子に迷うのです。

でも、スイートポテトはベストマッチ!!

 

卵白が余っているので、次回は「メレンゲ」を作りたいと思います。

  

読んでいただいて、有難うございました。