リバイバル映画、同時上映作品を勝手に企画 ①

こんにちは、かたせうみです。

最近、連続で映画関係の記事をアップし続けて、飽きられてんじゃないかと心配な私です。

今日は「リバイバル映画の同時上映を勝手に企画」する回です。

 

いや~、これは、考えているだけでも楽しかった。

仕事中もずっとこればっか考えていました。

読んだ方も、想像するだけで結構面白いと思いますので、やってみては?

 

それと、以下の記事は、私個人の趣味嗜好と独断と偏見でお送りいたしますので、コメントやオススメは喜んで受け付けます。

誹謗中傷も受け付けますが、程ほどでお願いしま~す。

f:id:kataseumi:20171112170427j:plain

 

同時上映の定番といえば

 

同時上映の定番といえば、シリーズもの一挙公開ですが、これだと面白くないので記事にはしない事にしました。

 

個人的にはシリーズ同時上映には凄く賛成です。

スターウォーズやインディージョーンズ、マトリックスとかダイハード、ミッションインポッシブル、007、ターミネーターなんかもいいですよね。

あ、あと、ロッキー忘れちゃだめか。

本当、ちょこちょこやってくれると良いのにな~・・・。

 

今1番観たい気持ちなのは、ターミネーターの1と2の同時上映です。

 

それでは、企画物いってみましょう。

 

あの頃君は若かった・・・1

 

あの頃君は若かったシリーズ。

今も昔も活躍している俳優さんは沢山いますが、ある程度集客が見込めてネームバリューもあって3本立て、といったら「レオナルド・ディカプリオ」「ブラッド・ピット」「ジョニー・デップ」の3人でしょうか。

 

f:id:kataseumi:20171112171426p:plain
f:id:kataseumi:20171112171541p:plain
f:id:kataseumi:20171112171450p:plain
写真はウィキペディアより。


この3人で「若かった」シリーズを組むなら、これですかね。

 

f:id:kataseumi:20171112185452p:plain
f:id:kataseumi:20171112185310p:plain
f:id:kataseumi:20171112185345p:plain
若かった3人

アマゾンDVDリンク

 

『ロミオとジュリエット』『ジョーブラックをよろしく』『妹の恋人』3本立て。

今や貫録のある俳優となったレオ・・・、どうしてこうなった・・・。

レオが出ている作品で有名なのが『タイタニック』ですが、ロミオとジュリエットの時の美しさには敵いません。

こんな綺麗な子がどうしてこうなった・・・・。

作品は好き嫌いが分かれる所ですが、この企画なら『ロミジュリ』1択です。

 

同様の理由として、ブラッドピットは、彼のプロモーションビデオみたいな『ジョー・ブラックを宜しく』にしました。

でも、この作品、アンソニーホプキンスが出ているんですよ。

一番の見所は、作品の冒頭で主人公が車にひかれる所ですかね、あれはすごいよ。

 

ジョニーデップは『シザーハンズ』とも迷ったんですが、この人、あんまり素顔で映画出てないですよね・・・・?

『妹の恋人』は、特殊なメイクなしです。

 

昼の時間帯のTVで、この作品を放映していました。

すぐ消すつもりでぼんやり見てたら、結構面白かった作品。

役どころとしては、やっぱり凄く変わった役なんですが、私全然気づかなかったんですよね。

『変わった役だけど、よくみると綺麗な顔立ちしている・・・。でも、な~んかどっかでみたなぁ・・。』

と思っていたら、最後にキャストでジョニーデップって出てきた。

という事でこの作品。

 

番外編

上でディカプリオの事を書きましたが、こうしてみると、トム・クルーズなんかは、ブレずに典型的なアメリカのハンサムボーイを貫いてますね。

という事で、若いトムと、美しいトムの2本立て。

『トップガン』と『インタビューウィズヴァンパイア』です。

『インタビューウィズヴァンパイア』には、若い頃のブラッドピットも出ていますが、トムと比べるとちょっと可哀想な感じになっています。

 

f:id:kataseumi:20171112185624p:plain
f:id:kataseumi:20171112185745p:plain
吸血鬼役のこの映画の為に、すごい減量したそうな。

アマゾンDVDリンク

シリーズ物は記事にしないと書きましたが、『ダイハード』3本立ての場合、ブルース・ウィリスの髪の毛の移り変わりが見られて、また違った面白さがあります。
Bruce Willisウィキペディアより

 

あの頃君は若かった・・・・2

 

俳優さん書くなら女優さんも・・、と思ったんですが。

女優さんて途中で消えちゃったり、ずっと綺麗にしてるからネタにできる程変わってない事が多くて難しいなぁ・・・。

で、ネームバリューもとなると・・・・。

強いてあげるなら「アンジェリーナ・ジョリー」「ジュリア・ロバーツ」「キャメロン・ディアス」に「アン・ハサウェイ」あたりでしょうか・・・・?

「ケイトブランシェット」は違う気するし(顔立ちがあんまり変わらない)

あ、「デミ・ムーア」とか・・・。

という事で、何とかひねり出した3本立て。

 

f:id:kataseumi:20171112184546p:plain
f:id:kataseumi:20171112184620p:plain
f:id:kataseumi:20171112184813p:plain
何とか出した3本立て
アマゾンDVDリンク

女優さんは変わらない・・って書いたけど、こうしてみると大分若いですね・・・。

『プリティ・ウーマン』、主人公の相手役はリチャード・ギアですが、もはやこの写真だと別人ですね。

なかなかいい年のとり方をしております。

キャメロンディアスは、『チャ―リーズエンジェル』もいいなと思いましたが、あれだけでシリーズになっちゃうし、やっぱり出世作の『メリーに首ったけ』で。

あまり面白くないけど、3本立てなら許せる範囲。

アンジェリーナ・ジョリーは、キャリアが無い頃金髪役とかで映画に出てたんですが、映画館で3本立て・・、となると、この作品が無難ですかね。

 

この3本立てだと、『プリティ・ウーマン』の一人勝か・・・・・。

 

番外編

 

番外編です、まずはラインナップをご覧ください。

f:id:kataseumi:20171112213620p:plain
f:id:kataseumi:20171112213711p:plain
若過ぎやろ!という声が聞こえてきそうですが
アマゾンDVDリンク

 

「マチルダー!」って、子供でしょ!!という声も聞こえてきそうな、今でも充分若くて綺麗なナタリー・ポートマンの『レオン』。

と、これまた若いメグ・ライアン。

『レオン』が重くハードボイルドなので、同時上映は『恋人たちの予感』で。

ジャン・レノも素敵ですが、ゲイリー・オールドマンがきれててまたいいです。

 

 お次は!と行きたい所ですが、多分すごく長い記事になっちゃうから②に続きます。

このシリーズ、多分次で終わるので。

 

読んで下さった方、有難うございます。