映画館のススメ! 映画館でもう一度あれを見たい ②

こんにちは、かたせうみです。

前回は、『映画館で映画をみるといいよ』という記事を書き、今回は②です。

映画館のススメ! 映画館でもう一度あれを見たい ① - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

今回は、知り合いの「山田山雄」さんと、一人映画部・・、といっても、ご結婚されてから、めでたくカップル映画部に昇格しているらしい「嘉仁(カニ・仮名)」さんと共にお送りしたいと思います。

 

映画館でもう一度見たいあの映画

 

「こんにちは~、お二人には『今だから映画館で観たい映画』のアドバイスいただきたくてお願いしに来ました~!!宜しく。」

 

山雄

「え~、何?また訳のわからない事を・・・・??何なの一体・・。」

(嘉仁さんと山田さんは、ネタにされている事を全く知らない。)

 

「嘉仁さんは『一人映画部』じゃないですか、*1私は空白の10年とかありますし。」

「あ、山田さん、『スターウォーズ』と『インディ・ジョーンズ』は無しで!」

 

山雄

「えっ!何さそれ!!俺がスターウォーズ好きなのを知っての狼藉か!」

「そんなの、私のベスト3だからに決まってるじゃないですか!それ以外の意見を聞きたいんですよ。」

嘉仁

「僕は、リアルスターウォーズの世代から少し外れてんだよね~。」

山雄

(大して齢違わない癖に・・・・・!)

f:id:kataseumi:20171111202447j:plain

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

 

私的順位2位 スターウォーズ3位 インディ・ジョーンズ

 

 映画の画像持ってくるのって、苦労するんですよね・・・。

『 スターウォーズ』といえば、エピソードⅠから現在もエピソード進行中ですが、私達世代ではスターウォーズといえばⅣ・Ⅴ・Ⅵの事を指します(ほんとか?)。

 

まずこの作品から書かないと、他の記事は書けません。

初めてあの音楽を聞いた時『世の中にこんな音楽があるのか!』と超衝撃を受けました。

CGも無い時代にあれだけの映像。

ダース・ベイダーという、際物中の際物、ライトセイバー、マスターヨーダ。

宇宙人達のキャラクターセンス。

C-3POのしゃべり。

それにハン・ソロ・・かっこよすぎる♡

 

ちょっとした笑いも多く、ずっと画面を見ていないと、この面白さは味わえない。

テレビで何回も放映しているし、DVDもあるけれど、やっぱり映画館で見たい作品です。

 

次は『インディ・ジョーンズ』シリーズ、これこそ、しょっちゅうTVで放映されてますが・・・。

もう何十回も見ました、映画館にも何回も通いました。

面白くて、痛快で、こんなにわくわくする映画、他にないでしょ。

ハリソンフォードのファンだからという事は置いといてぇ~、やっぱり、飛行機からゴムボートで脱出する所とか、カーチェイスとか、砂漠とか遺跡とかアクションとか大画面で観たい!

DVDでも面白いけど、ちょっとした伏線とか笑いポイントを見逃しちゃったりするので、やっぱりまた映画館でじっくり観たいなぁ。

①で書きましたが、「他の人も笑うから、倍面白い」って、この映画の事とかです。

 

他には??

 

「という事で、他の映画の紹介お願いしますよ。」

嘉仁

「俺は『レインマン』かな』

「即答ですか。」

嘉仁

「あの映画が好きなんだよね。」

「私も好きです!いい映画ですよね。」

山雄

「えっ、あの映画だったらDVDで充分じゃん!」

「またそんな事を!!」

嘉仁

「じゃあ~、『バックドラフト』」

山雄

「ああ~~~(納得)!」

「そういう山田さんこそ他ないんですか?!」

山雄

「『パシフィックリム』!話はくだらないけど、迫力あっていいよぉ!その筋の人には人気だよぉ!!」

「その筋って、どの筋ですか!?しかも、それ最近の映画ですよね!!(怒)」

山雄

「え~、じゃー『ロード・オブ・ザリング』」

「私も好きですけど、それってそんなに前でしたっけ??」

山雄

*2もう20年位は前じゃないの?」

「採用!」

嘉仁

「俺、実は見た事ないんだよね。」

山雄

「はぁ??!」

嘉仁

「長いんだもん・・・。」

 

 

『レインマン』、私も好きです、いい映画ですよね。 トムクルーズがラスベガスで資金を調達する時、自分の時計を売るんですが、その時の時計を外すシーンが好き。

 

 

『バックドラフト』、「料理の鉄人」で音楽が使われていました。

火事の様子が圧巻なので、確かに映画館向きかも・・。

関係ないけど作品の中にも映画館が出てきました。

アメリカへ卒業旅行へ行った時、ユニバーサルスタジオでバックドラフトのアトラクションを初めて見て、国力の違いを見せつけられた気がした。

90年代初頭のシカゴの街並みや、画面の質も、今見るとノスタルジック。

火が出るシーンは迫力だけど、ストーリー重視の映画です。

ラストはじーんときます。

 

 

『パシフィックリム』は、私良く知らないのですが、山田さんが推すので・・。

息子も好きらしい。

因みに、息子と山田さんのマーベルの好みが『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』という事で共通点あります。

 

映画の画像を持ってこられないので、広告ばかりでお見苦しい点ご容赦ください。

 

『ロードオブザリング』、公開されてからもうそんなに経ちますか・・。

これは確かに映画館で観たかったですね・・・。

私はDVDでしか見た事ないんです。

あの世界観は映画館で見たらすごいだろうな。

ちょっと怖いモンスターや亡霊。

ファンタジーだけど、全然子供むけじゃなくて、何もかもがリアル。

第一話で、バルログに追いかけられるシーンとかマジでリアルで怖かった。

それに、『エルフやドワーフをあんなにぴったりに映像にできるなんて・・・』、と、当時は感動したものです。

オーランド・ブルームやケイト・ブランシェット・・・・美しかった。

一番好きなシーンは、ガンダルフが「灰色のガンダルフ」を装って、洗脳された王の所(だったかな?)に侵入するんですが、実は「白のガンダルフ」に昇格(?)していて、ガウンを脱ぎ捨てて反撃する所。

 

『E・T』とか

 

他にも『E・T』で、自転車が飛ぶシーンとか、やっぱり感動するから映画館で観たいし、というか、映画館で子供に見せてあげたいと思う。

 

『ロッキー』観て、ロッキーが勝った所で客席から拍手とか。

(客席で拍手が起こった映画って、『ロッキー』以外見た事ない。)

この臨場感を味わいたいと思うし、子供達にも、映画館で見せてあげたいと思う。

 

嘉仁

「所で、かたせの№1は何なの?」

「えっ、私は『タイタニック』ですよ。」

嘉仁山雄

「ええええええ~。意外・・・っていうかベタ。」

嘉仁

「長いじゃん、あれ。確か、映画館で休憩あったよね。」

山雄

「ダサ。」

「何だと!?」

f:id:kataseumi:20171112020522j:plain

 

『タイタニック』、これも私は映画館で見た事ないんですよ。

だから№1にしました。

正直、船が沈み始めるまであまり面白くないと思っているんですが、船が沈み始めてからのスピード感と怒涛の展開。

家族で談笑しながら観ていても、全員を黙らせてしまう圧倒的臨場感。

ラスト近く、助けに来た船に向かってローズが「ComeBack・・ComeBack」と、始めは呟くように出していた声が大きくなると共に吹かれるホイッスルの場面。

「朝になって助けは来たけど、神の赦しはいくら待っても来なかった。」の語り。

映画館で観たかった・・・・。

多分、全然違うと思う。

 

「ジャック、私、飛んでるわ。」の有名なシーンはどうでもいい。

 

最後に

 

映画館といえば、今はほとんどが入替え制のシネコン。

席も確保できてるし、快適。

ですが、私が学生の時は入替制の映画館はほとんどなくて、面白かったらそのまま居座り、もう一回見る事が出来たんですよ。

だから、面白いなと思ったら私はいつも2回位みてました。

人気映画は早くに行かないと、並んだり立ち見だった事もありましたけどね。

 

あと、リバイバル映画館って言うのが結構あって、昔ヒットした映画とか、ちょっと遅れてきた映画を2本立てとか3本立てでやってました。

スターウォーズ3本立てとか、*3『レイダース』に『インディジョーンズ』プラス『ブレードランナー』の夢の様な3本立てとか『ある愛の詩』『死霊のはらわた』『フットルース』が同時上映というカオスの様なのもありました。

今でもリバイバル館て少し残っているのかな?

 

たまにイベント等の限定で、そういうのも見かけますが、どうなんだろう。

シネコンも、スクリーンが沢山あるんだから、1個くらいそういう企画に使ってもいいのにな~、と思う今日この頃です。

最近は、こんな便利なものもありますけどね。

 

宅配レンタルと動画配信ならツタヤ!30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

という事で、次はリバイバル映画3本立てを勝手に企画してみたいと思います。

読んでいただき、有難うございました。

 

*1:専業主婦時代の事

*2:第1作は、2001年公開でした

*3:『最後の聖戦』は、この頃まだ作られていない。