でっかい鮭が来たから、テリーヌを作ってみました。【鮭のテリーヌレシピ】

こんにちは、かたせうみです。

今日は、自宅で簡単に作れた「テリーヌ」のレシピです。

分量を全く計らず適当に作りましたが、上手くいったのでブログにします。

 

鮭が来たけど、平日の夜ですよ?

 

ある平日の夜、夫からメール。

「もうすぐ帰る。鮭あり。」

「?????酒の誤変換かな?お酒あるか聞いてるのかな?それともお酒貰ったから、おつまみ用意しとけって事かな?まぁいいや。」

 

本当に鮭を貰って帰ってきました。

f:id:kataseumi:20171022181112j:plain

わ~・・・、ありがたいやら、嬉しいやら、平日はやめなさいやら・・・。

 

夫は夜9時頃帰宅した為、今日捌くのはもう無理ですから!

仕方ないから、鮭には45リットルのポリ袋に入ったまま一晩過ごしてもらう事にしました。

 

『とりあえず、明日はムニエルにして、残りは塩鮭にして冷凍か。』

と考えていた所、我が家にミキサーがあった事を思い出す。

 

『そうだ!テリーヌを作ってみよう!!ビバ!ミキサー!!』

そうときまれば、テリーヌレシピの検索検索。

 

レシピは色々あれど、私が思い描いたものは、結構簡単にできそう♡

よし、明日はテリーヌを作ろう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

テリーヌレシピ

 

それでは、テリーヌの材料です。

一色では彩りがさみしいので、ホウレンソウとの2層構造で作ります。

初めて作るくせにチャレンジャーです。

初めて作るけど、多分大丈夫なんじゃないかな~??

と思います。

 

材料(今回作った量(215×87×60㎜パウンドケーキ型1個分))

それでは材料です。

  • 鮭       捌いて残った分。多分切り身で小4切れ程度
  • 生クリーム   200CC
  • ほうれん草   1/3束
  • 卵白      鮭×1個ほうれん草×1個で2個
  • コンソメ    1個を、鮭とほうれん草で半分づつにした
  • マヨネーズ   大さじ1.5位(鮭の方に使う)
  • 塩       少々

 

テリーヌ手順

 

テリーヌの手順は簡単。

  1. 鮭と卵白、生クリームにコンソメ、マヨネーズ、塩コショウと共に、ミキサーにかける。
  2. テリーヌ型(今回はパウンド型)に油を塗る。
  3.  1の生地を、パウンド型に流し込む。
  4. 同様にほうれん草の生地を作る。
  5. 鮭の生地の上に、ホウレンソウの生地を流し込む。
  6. オーブンで蒸し焼きにする。または蒸し器で蒸す。

 以上となります

 

では、作ってみます。

 

それでは、テリーヌ作りに取りかかります。

テリーヌ型なんて洒落たものはまだ持っていないので、パウンド型を使います。

f:id:kataseumi:20171022181115j:plain

パウンド型。家庭用の小さめの物です。
まずは、鮭をさばきます。

サケ~~~!オスらしいです。

既に内臓は取り除いてありました。

    f:id:kataseumi:20171022181111j:plain

これが一苦労。

実際の鮭は、すんごくヌメヌメしていて滑るのです。

刃渡りが長くて良い包丁が欲しい・・・・。

通常の出刃包丁で格闘する事数十分・・・・・・・

f:id:kataseumi:20171022193444j:plain

これは、まだ途中ですが、精魂尽き果てる前になんとか写真に納めました。

既にビールも飲んでます。

 

これって、『キッチンドランカー』ってやつですかね??

 

今回テリーヌに使うのは、マグロだったら『なか落ち』と呼ばれる、骨の周りの肉(スプーンとかナイフで削ぎ落とす)と、頭肉です。

捌くのが下手なので、たくさん取れました。

ひとまず、なか落ちは白ワインに漬けてます。

f:id:kataseumi:20171022181114j:plain

 

材料を入れ、ミキサーにかける

 

では、鮭テリーヌ部分の材料をミキサーにかけます。

f:id:kataseumi:20171022181123j:plain

わー、みるみるうちに、鮭がすり身状に!

ミキサーすごい!

買ってよかった(*^_^*)・・・と思っていたのもつかの間。

量はそれほどではないと思うのですが、鮭がすり身になるにつれて生地が重くなり、ミキサーが止まる。

 

何度かリセットして再開するも、限界か・・・・。

う~ん、こうなるとやっぱりフードプロセッサーが欲しいな、でも置き場所に困るか~。

とりあえず、まあまあ出来たので、これで良しとしよう。

彩りに、冷蔵庫にあった、黄色と赤のパプリカも仕上げに混ぜてみる。

f:id:kataseumi:20171022181124j:plain

 

型に油を塗るらしい

 

ネットのレシピに書いてあったので、その通りにしてみる。

その後、鮭部分の生地を型に流し、ヘラで整えます。

f:id:kataseumi:20171022181120j:plain

 

ほうれん草のテリーヌを作る。

 

ほうれん草を茹でて、一束を3つくらいに切る。

その後、材料と共にミキサーにかける。

f:id:kataseumi:20171022181119j:plain
f:id:kataseumi:20171022181121j:plain
ほうれん草のテリーヌの作成

おっ、すごい、あっという間にペースト状になりました。

この緑、プリンの様に、テリーヌの上に持ってきたかったんですが、比重が違うので一回で作るには無理かなと思い、下の層(後から入れる)にしました。

 

ペーストにした後、『やっぱり・・。』という位重さが違う。

軽いほうれん草のペーストを先に入れると、後から入れる重い鮭の生地に負けて、混ざってしまう。

一回づつ蒸して、固くなったものの上から入れないと、きっと綺麗にできない。

一度に蒸しあげる作り方では、ほうれん草を先に入れて綺麗な2層にするのは難しいと思います。

 

型に流して、蒸しあげます

 

ちょっとほうれん草部分が少なかったか・・。

ま、これも一興ということで(^_^;)

f:id:kataseumi:20171022181127j:plain

 この後、水を張った天板に型をのせ、オーブンで焼くか、フライパンに水を張って型ごと蒸すか、蒸し器で蒸します。

 

今回は余熱もめんどいので、フライパンに水を張って、水が沸騰したら30分蒸す方法を試します。

 

出来上がり

 

f:id:kataseumi:20171022193439j:plain

あ、すごい、結構ごちそう!!

夫もびっくり。

ほうれん草の緑が彩りよく、あんな適当手順で作ったとは思えない仕上がり!!

 

これに、好みでレモン塩や、オーロラソース等をかけてもいいです。

 

感想なんですが、『あ、加工品の味がしない!!』

極上の味ではないのですが、美味しいです!!

よく、クリスマス時期にハムコーナーとかで売っているテリーヌの味とは全く違う!

 

欲を言えばの難点

 

テリーヌ部分がちょっと水っぽいかな・・??

多分、蒸したせいで、蓋についた水分が混ざったんだと思います。

あと、美味しいけれど、やっぱりミンチが足りなかったみたいで、舌触りは滑らかでなく、「荒挽き」風。

 

個人的には、もっとキメが細かくて滑らかなのを想像していた。

我が家のミキサーの限界か・・・・・・。

となると、やっぱりフードプロセッサー欲しいな・・・う~ん、ここまで来て、この仕上がりは惜しい気もする・・・・・・。

 

という事で、買ってきました

f:id:kataseumi:20171030234415j:plain

f:id:kataseumi:20171030234417j:plain

時系列的にはちょっと間があるんですが、悩んだ末、ブラウンのハンドブレンダ―、フードプロセッサー付購入に至る。

ビックカメラの家電コーナーで、あれやこれやと2時間悩んだ末購入!

次回、レビューします! 

いや、持ってるミキサーも良かったんですよ?

読んでいただき、有難うございました。